« H20年春 春とくれば桜 | トップページ | H20.4.30 さまざまな面から道路を考える(4月30日の選択研修より) »

H20.4.19 東京農業大学 大澤学長の講演会

080419_tounou 4月19日の「東京農業大学 大澤学長講演会」に参加してきました。講演や質疑などの要旨をメモにまとめてみました。

 ①東京農大の紹介として、教育理念、さまざまな連携、ビジネスや商品モデルなど、取り組んでいる内容についての概要紹介。
 ②農薬、特に自然界由来、身近な植物の抽出物(殺虫や虫を近寄らせない植物の抽出物)を使っての農薬の話、そのような種の探索、維持について紹介。
 ③その後、熱心な質疑応答により、予定時間をオーバーする熱烈ぶりでした。

 出席された方の備忘メモ、出席できなかった方々の参考になれれば幸いです。

日時:平成20年4月19日(土)9:59~11:49
場所:ひうち会館 3階大研修室
講師:大澤貫寿 東京農業大学教授(学長)
演題:「植物中の有効成分の利用

「080419_tounou_memo.pdf」をダウンロード

|

« H20年春 春とくれば桜 | トップページ | H20.4.30 さまざまな面から道路を考える(4月30日の選択研修より) »

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/42652382

この記事へのトラックバック一覧です: H20.4.19 東京農業大学 大澤学長の講演会:

« H20年春 春とくれば桜 | トップページ | H20.4.30 さまざまな面から道路を考える(4月30日の選択研修より) »