« 自己ベストを目指し 子どもも大人も | トップページ | そのたびにドラマがあります 高松高専ロボット競技会 »

「差別につながるので身元調査は許さない!」の二つの解釈

081107_cimg9919  平成20年11月7日(金)、西条市総合福祉センターで19:30より開催された、「第6回西条市人権・同和教育リーダー養成講座」に参加してきました。

 この講座は、「住みよい、豊かな西条市に、皆さまの心豊かな暮らしに役立つよう、地域や職場のリーダーの養成」を目指したもので、6月18日から約半年にわたり開催されたものです。

 愛媛大学法文学部非常勤講師の秋本良次先生による「身元調査おことわり運動について」と題した講話と、受講者同士での意見交換を交え予定時間を超える熱烈ぶりで講座は進みました。

 そのなかで、「身元調査」はきれい事では済まない、簡単な問題では無いこと、また、「差別につながるので身元調査は許さない!」のスローガンのもと取り組まれてきている運動には、二つの解釈が整理、結論が出されないまま、フワフワとした状態で取り組まれていることの問題点を指摘いただきました。
 その二つの解釈とは、「差別につながるような調査は許されない。それ以外なら許される。」と、「身元調査自体が差別につながるので許されない。」との解釈です。

 「もし許容できる調査があるとすれば、それはどういく範囲なのかを明確にすることが、今強く求められている。」との言葉で締めくくられました。
「081107_mimoto.pdf」をダウンロード

|

« 自己ベストを目指し 子どもも大人も | トップページ | そのたびにドラマがあります 高松高専ロボット競技会 »

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/43110601

この記事へのトラックバック一覧です: 「差別につながるので身元調査は許さない!」の二つの解釈:

« 自己ベストを目指し 子どもも大人も | トップページ | そのたびにドラマがあります 高松高専ロボット競技会 »