« そのたびにドラマがあります 高松高専ロボット競技会 | トップページ | 瀬戸大橋も20歳 今後は? »

高校生の「熱き志」がファッションショーというかたちに

081112distancecimg9899  平成20年11月12日(水)、坂出市民ホールで開催されたあるイベントに参加してきました。

 坂出第一高等学校ファッションデザイン科の2年生と3年生の生徒の皆さんが、自分達で造った作品を、自分達が自らモデルとなり開催したファッションショーです。

 「花岡コレクション2008」のタイトルのもと、「Distance」をテーマに、21名の作品が約1時間にわたり展開されました。

 テーマとした「Distance」とは、道のり、隔たり、経過、期間、相違などの意味があるとの校長先生からの開催挨拶があり、自分達の思いやデザインの「相違」、企画からデザイン、裁縫して仕上げ、着用して披露するまでの「道のり経過期間」を十分にアピールしてくれるファッションショーの内容だったと感じました。

 さすがに、3年生のウォーキングの上手さやRunwayでの身のこなし、表情の余裕は、2年生ではまだまだマネの出来ないものだと感じさせました。

 社会に出た3年生がどのような商品を世に出してくれるのか、また、来年この2年生達がどのような作品を披露してくれるものかと、期待せずにはいられません。
「081112_Distance.pdf」をダウンロード

|

« そのたびにドラマがあります 高松高専ロボット競技会 | トップページ | 瀬戸大橋も20歳 今後は? »

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/43110699

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生の「熱き志」がファッションショーというかたちに:

« そのたびにドラマがあります 高松高専ロボット競技会 | トップページ | 瀬戸大橋も20歳 今後は? »