« 五感、六感、いえいえ第七感に訴える それが「感性」 | トップページ | 地域の事業継続は、個人、家族、組織の事業継続から »

多くの方々に支えられての「梅まつり」

090215_umematsuricimg1221  平成21年2月15日(日)、市民の森で「梅まつり」が開催されました。

 坂を歩いての散策と、良い天気は、汗ばむほどで、紅、ピンク、白の梅を、多くの市民の方々が楽しんでおられました。

 市民の森の各所では、「抹茶と和菓子」の接待や、「しょうが湯」「つきたて餅」の配布に「短歌・川柳・俳句コーナー」、「写真展」など、様々な取り組みが、地元自治会の方々やボランティア、市のスタッフの方々の手により進められておりました。

 つきたて餅のコーナーでは300人を超える行列や、抹茶のコーナーでは行列が絶えることが無く、裏方のみなさんは休む間もありませんでした。

 本当にお疲れ様でした。ご苦労さまでした。

 今回、初めて考古歴史館や山頂の遺跡を訪れた方も多かったのではないでしょうか。この梅まつりが、市民の森へのリピートのきっかけとなれば、スタッフの苦労も報われることでしょう・・・。
「090215_umematsuri.pdf」をダウンロード (780KB)

|

« 五感、六感、いえいえ第七感に訴える それが「感性」 | トップページ | 地域の事業継続は、個人、家族、組織の事業継続から »

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/44071644

この記事へのトラックバック一覧です: 多くの方々に支えられての「梅まつり」:

« 五感、六感、いえいえ第七感に訴える それが「感性」 | トップページ | 地域の事業継続は、個人、家族、組織の事業継続から »