« 自分のことを置いとかないで | トップページ | まちなかの緑地と案内図にゲートサイン »

お金は汚いもの!? トレーディング・ゲームへの誤解

090301_tg_cimg1353 ○お金は汚いものでしょうか
 「お金は汚いもの、お金儲けの話はすべきではない」については、平成21年2月21日(土)開催の「生活設計・資産運用について考えるシンポジウム」の記事で紹介しました。

 お金の量が笑顔や幸せの量に比例しないし、お金やお金儲けが目的ではなく、自分の人生において何を実現したいのかの「人生設計」が大切で、この人生設計の実現のためにお金が必要となってくるし、最適なお金の運用の仕方も見極められる、といった内容です。

 皆さんは決して金の亡者じゃあないですよね。
 また、お金儲けのためだけに今の仕事をしているわけではないですよね。

 手っ取り早く効率的にお金を稼ぐのが目的なら、今の仕事より効率の良い仕事に転職したり、振り込め詐欺や架空請求など違法な手段に手を染める人が大量に発生してしまいますものね。

 じゃあ、なぜ今の仕事を選び、毎日その仕事をしているんでしょうか。

○仕事とは
 そんな仕事の意味や楽しさ、生きていく上で必要な力、自分の個性や性格、得意なこと、そんないろいろなことに気づくことが出来るのが「トレーディング・ゲーム」です。

 人に「教えられる」のではなく、ゲームを通じて自分で「気付く」ことが出来るのです。教えられただけでは「知識」にとどまりますが、自分で気付けば「知恵」となり、活用や応用が出来るものになります。

 トレーディング・ゲームのパッと見や聞きかじりの知識(←知恵ではありません)だけで、「子供達に金儲けのテクニックを教えている」「授業中にゲームをして遊んでいる」「金儲けで競争させている」などなど、十分にゲームの内容や目的を知らないまま、「お金は汚いもの、お金儲けの話はすべきではない」の呪縛のため、ゲームの真の目的を理解されない、理解しようとしないのは残念ですよね。

 こんなことを書く気になったのは、2月28日(土)、3月1日(日)で、「トレーディング・ゲーム」の体験と「トレーディング・ゲーム講師養成研修」を受講してきたからです。

 この研修は、「市民自らが、我が母校をはじめとする市内の小学校に出向き、自分の職業や人生観なども交えながら、トレーディング・ゲームを進めていこう」とするプログラムの一環で、この講師養成研修の他に、ゲームを進めていく上でのサポーターを養成するための養成研修もあるそうです。

 土曜の午後と日曜は「カウンセラー養成講座(中級)」の第3、4日目の受講の予定だったのですが、土曜日午前中のゲーム体験であまりに多くの発見、感動があったところに、「希望すれば午後からの講師の養成研修を受講できる」とのアナウンスがあったので、急遽予定を変更し参加してきました。

 研修の中では、このゲームを実施する講師も「カウンセラー」と同様、ゲームのテクニックやシナリオだけではダメで、講師が子供達に熱く何を伝えたいのか、子供達にどんなことを気づかせたいのか、子供達のどんな良い所を見いだしたいのか、といった講師の「熱いもの」「人間性」が大切だと感じさせられた研修でした。

 ゲームはあくまで「手段」であって、何を子供達に感じ取らせ、気付かせるか、それが、ファシリテータ役の講師の「人間性」や「熱意」にかかっているのです。

 その研修の合間合間で、これまでに研修講師自身が数百件行ってきた中からのエピソードは、子供達(田舎と都会)や大人(校長先生、商社マン、新人研修など)の違い、特長など、興味深い話ばかりでした。

 また土曜の夜は、夕食をかねた講師の方との懇親会に参加させてもらい、自分が何故この仕事を始めたのかの経緯や、自分の生い立ち、思いなど、熱く熱く語り合いました。世の中には、いろんな所に「熱い人」がいるものですね・・・。

 「百聞は一見に如かず」 いえいえ 「百聞は一験に如かず」です。

 あなたもトレーディング・ゲームを「体験」「体感」し、その意味するところを感じてみませんか、自分の子供達に体験させてやりたいとは思いませんか・・・。

補足:
 トレーディング・ゲームとは、小中学生や高校生、社会人研修なんかで使われる、楽しみながら自然な形で、経済や社会の仕組みを学べるゲームです。

 ゲームの中では、緻密に用意された道具とシナリオに基づき、あえて細かい説明をせず、子供達が「自主性」を持って動かないと何も始まらず、チーム中のメンバーや他のチームの子とのコミュニケーションをとる「関係性」、全体を俯瞰し自分の役割を見つける「社会性」、無いものからどうアイディアや戦略を生み出していくかの「創造性」について、ゲームを行うと自然に考えさせられる内容です。

 合わせて、ビジネスや社会の仕組みなどの理解とともに、自分の得意なことや性格についても、さまざまな幅広い「気づき」を生み出し、仕事や社会への興味や関心を自然と高め、自分自身が社会とつながっていることを理解するきっかけを与えてくれるゲームです。

 その詳細は、(株)ウィル・シードのHP、「学校教育」のコーナーをご覧下さい。

|

« 自分のことを置いとかないで | トップページ | まちなかの緑地と案内図にゲートサイン »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/44221694

この記事へのトラックバック一覧です: お金は汚いもの!? トレーディング・ゲームへの誤解:

« 自分のことを置いとかないで | トップページ | まちなかの緑地と案内図にゲートサイン »