« えっ へー そーなんだ! | トップページ | 晴れ晴れと 横浜の地で »

聖徳太子とヨーガ そして えひめ社会保険センター

090416_yogacimg2156  今日は、「ヨガ教室」の今年度前期の初日でした。

 初日ということで、”ヨーガ”のことについて少し紹介がありました。

 教則本には、「現在、元気いっぱいの人も、くれぐれも無理をなさらずに。ヨーガは瞑想自己観察と自己観想)なのですから・・・・・。」と、自分の体や心を再確認し、両者を一つにすること、と言ったところでしょうか。

 講師からは、「各人各人の体の具合に合わせ、決してポーズを造るために無理をするのではなく、”刺激”のあるところに意識を集中し、その”刺激”を楽しむ、そのことで自分の体の状態に気づくことが出来る。ポーズを真似ることに無理をする必要はなく、各人でやれるところ、”刺激”を楽しむことが出来ればいい・・・」、と。

 以前から興味があったヨーガですが、書物を見ながら、ポーズを真似ていただけのこれまでとは大きな違いがありました。

 各ポーズへの導入から完成までの流れや、意識をどこに集中するのか、また、90分間の講座の中で、いくつかのポーズをどのようにつないでいくかを良く考えていただいていて、堅く冷えた体が次第に順応していき、私などは途中でポーズをとりながら寝てしまいそうなほど、ここちよい時間でした。

 また、教則本には、「日本のヨーガの祖師と仰がれているのが、聖徳太子です。聖徳太子は法隆寺の夢殿でヨーガ(瞑想)をされていたのです。”夢殿”という名が、その裏付けです。夢殿=夢想の殿堂。夢想は瞑想の極致。瞑想、すなわちヨーガであるからです。」と。

 ヨーガの歴史の1ページには、そんな事もあったのですね。

 このヨガ教室は、総合福祉センターの和室に集まり行っており、今回の講座からの新メンバーは8名との紹介がありました。

 また、今年度からは、これまで講座を運営していた「えひめ社会保険センター」が、社会保険庁の解体に伴い、売却、解体されるとのアナウンスが以前にあったのですが、今日、「入札が不調に終わり、今年度前期の講座についても”えひめ社会保険センター”の体制で進める」との紹介がありました。

 私たちの身の回りも、内的、外的に体制が大きく変わる、大きく変えなければならない問題が山積しています。
 見切り発車とならないよう、検討、準備、フォローアップをしていかなければなりませんね・・・。

|

« えっ へー そーなんだ! | トップページ | 晴れ晴れと 横浜の地で »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/44695429

この記事へのトラックバック一覧です: 聖徳太子とヨーガ そして えひめ社会保険センター:

« えっ へー そーなんだ! | トップページ | 晴れ晴れと 横浜の地で »