« いくよ街道は 桜街道 | トップページ | 聖徳太子とヨーガ そして えひめ社会保険センター »

えっ へー そーなんだ!

090411_sounandacimg2152  今日読んだ本の中に、暗号技術に関する記述がありました。

 そこには、「世界最古の暗号方式は、古代ローマで使用されたシーザー暗号といわれる。ジュリアス・シーザーが考案したとされる換字式暗号方式です。これはアルファベットを何文字文かシフトするというもので、映画“2001年宇宙の旅”に出てくる宇宙船のコンピュータ、HAL(ハル)は、IBMを暗号化された(アルファベットを1文字ずらす)といわれています。」と書かれていました。

 「へー、そんなことがあったんだぁ」と気付くと、むかし観た映画も、もう一度楽しめたり、観たくなりますよね。

 そんなことから、HALについてインターネットで調べてみると、コンピュータ用語であるHALHardware Abstraction Layer)や、ゲームソフト開発会社の「HAL研究所」、からだに装着することによって身体機能を拡張したり増幅したりすることができる世界初のサイボーグ型ロボットのHAL(Hybrid Assistive Limb)や、ハワイアン航空の国際民間航空機関 ICAO航空会社コード”HAL”など、多くの用語が出てきました。

 でも、その多くが、コンピュータ的な物や会社に関係しているのは面白いですよね。

 で、映画のHALについては、Wikipediaに、

 HALはIBMを1文字ずつ前にずらして命名されたとする説が根強いが、監督のスタンリー・キューブリックや、共同脚本のアーサー・C・クラークはそれを否定している。小説『2010年宇宙の旅』では、チャンドラー博士自らIBM説を否定するくだりがある。しかし、アーサー・C・クラークは後年になってからIBM社がこの説を迷惑がっているどころか半ば自慢しているらしいと聞き及び、著書「3001年終局への旅」のあとがきで「今後はこの説の間違いを正す試みを放棄する」と述べている。
 小説では
Heuristically programmed ALgorithmic computer (発見的プログラミングをされたアルゴリズム的コンピュータ)の頭文字ということになっている。

との説明がありました。

 何が本当なのか分かりませんが、いろいろなことにこだわりを持つこと、それについて考えることって、何か楽しくなりませんか。

 まちなかで見かけるセブン・イレブンの看板が、「7」と「ELEVEn」となっていること、特に「ELEVEn」と、「n」だけ小文字なのに気がついていましたか?

 これは何故でしょう。興味がわいてきませんか。

 世の中のいろいろなことに興味を持って、楽しんでいきませんか。

 そこから、いろんな発見やアイディアが見つけられるのではないでしょうか・・・。

|

« いくよ街道は 桜街道 | トップページ | 聖徳太子とヨーガ そして えひめ社会保険センター »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/44646368

この記事へのトラックバック一覧です: えっ へー そーなんだ!:

« いくよ街道は 桜街道 | トップページ | 聖徳太子とヨーガ そして えひめ社会保険センター »