« 産業・文化・福祉・健康 さまざまなフェスティバルが・・・ | トップページ | ETC専用レーンのバーが開かない!? »

新型インフルエンザ!今から出来ることを始めませんか

090501_influenzacimg0836  強毒性の「鳥インフルエンザ」についてピリピリしていた今年の冬もすぎ、春の穏やかな気候にゴールデンウィークの計画を話し始めていたところ、「豚インフルエンザの発生」、「日本でも感染者か?」と、新型インフルエンザへの対策は現実味を帯びてきました。

 「鳥」であろうが「豚」であろうが、人間のだれも免疫を持っていないウィルスであることに違いはなく、その対応は、毒性の強弱の差はあるかもしれませんが、「備えあれば憂いなし」、「後悔先に立たず」です。

 新型インフルエンザのことや、自分で出来る予防法、行政マン、行政組織として何をしなければならないのかは、平成21年1月28日の時事通信社主催のパンデミック対策緊急セミナーに関する本ブログでも紹介してあります。今一度、内容を確認いただき、今日から出来ることが、きっとあるはずです。

 当該ブログは ↓ です。
http://hot-relief.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-57b7.html

 テレビなどでも、「手洗い、うがい、マスクの励行、発熱、感染の疑いがある場合にはすぐに病院に行くのではなく、発熱センターに電話を」と、慌てることなく、恐れず、正確な情報に基づいた行動をするよう促されています。

 学校で感染者が出た場合には、その県下全ての学校を休校にするよう文部科学省は要請しているそうです。感染しなくとも、さまざまなところに影響が出、役所でも職員の4割は出勤できなくなり、残りの6割の職員で業務を続けなければならないとのシミュレーションが東京都では出されています。

 そうなった時に、自分は、我が組織は、どんなことになるのか、何をしなければならないのか、今からイメージし、対応を考えておく必要がありますよね。

 失敗は許されません。同じ結果にしかならないかもしれませんが、「考え、準備をしての結果」と、「たぶん起こらないよとほおっておいての結果」は、決して同じとは言えないのではないでしょうか。

 役所が全て出来るわけではありませんし、自分のことは自分で守らねばなりません。
 しかし、独居のお年寄りなど、まわりの支援が必要な場面も当然あるでしょうし・・・。

 いろんな議論、準備をしておき、「結局は、何もなくて良かったね」となることを願わずにはいられません。

|

« 産業・文化・福祉・健康 さまざまなフェスティバルが・・・ | トップページ | ETC専用レーンのバーが開かない!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/44852527

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ!今から出来ることを始めませんか:

« 産業・文化・福祉・健康 さまざまなフェスティバルが・・・ | トップページ | ETC専用レーンのバーが開かない!? »