« 将来が楽しみですね | トップページ | がんの予防は ほどほど、バランス、運動・・・ »

愛 LOVEの語源

090628_counselorcimg3326  今日は、「西条市カウンセラー養成講座 初級コース」の二日目でした。

 この講座は、カウンセリングの具体的な理論や技術を学ぶことを通して、人との接し方を理解し、自分の心を見つめなおし、豊かな人間関係のあり方について考え直す機会を提供し、良き理解者、支援者を育成し、心の通い合う温かい地域づくりを進めることを目的としています。

 平成14年、丹原町の取り組みとしてスタートしたものだそうです。毎年、人気の講座で定員オーバーのため、今年の参加者は抽選で選ばれた104名です。

 講師は、岐阜県から遠路来ていただいている、えなカウンセリングスクールの南修治先生と、高橋美智子先生です。

 南先生は、歌を歌うことで不登校の子供達などを元気づけることを始められましたが、精神論だけでは何も変わらないと、それから精神学の勉強をしたといった経緯があります。そのため、カウンセリングの専門性と、コンサートで歌で訴えるという面も持ち合わせた先生です。

 世の中にカウンセリングに関する書籍はたくさんありますが、この講座の凄いところは、受講生どおしでクライアントとカウンセラー役をつとめ、カウンセリングの実技にたくさん取り組むところです。

 講座の始まりでは、「クライアントに信頼されなければ相談してもらえない、話してもらえない、信頼される人間にならなければ、テクニックだけではカウンセリングは成り立たない。また、人生観や社会観、人間観、幸福感といったカウンセラーの人間力が問われます」と、自分自身を見つめなおし、自分づくりの大切さの話がありました。

 また、今日は、愛 LOVEの語源についての話がありました。

 isten   聴く(hear の聞くではない)
 ver look 全体を包み込むように見る、小さなことを大目に見る
 Voice    声をかける
 xcuse   うまくいかないことを許す、それを許す

 まさに、カウンセリングに求められていること、流れが言い表されている言葉が「LOVE」ですね。

 7月20日(海の日)には、南先生のコンサートが西条で開催されます。興味のある方は上のチラシをクリックしてください。

|

« 将来が楽しみですね | トップページ | がんの予防は ほどほど、バランス、運動・・・ »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/45485184

この記事へのトラックバック一覧です: 愛 LOVEの語源:

« 将来が楽しみですね | トップページ | がんの予防は ほどほど、バランス、運動・・・ »