« 相手の立場に立って 一歩先を | トップページ | 人との出会い 人のつながり 本との出会い 本のつながり  »

思いばかりが 先走って

090616_roleplay  平成21年3月1日の「お金は汚いもの!? トレーディング・ゲームへの誤解」で紹介しましたトレーディング・ゲーム(以下TGと略します)のインストラクター養成講座の最終仕上げ、「ロールプレイ」が、平成21年6月16日(火)西条産業情報支援センターで19時からありました。

 この1学期にTGを実施する小学校も決まり、その実施へ向け、昨年度末の養成講座を受講した新米インストラクターが、実際の小学校での授業を見立てたロールプレイを行い、「ここが良かった」、「ここをこうすればさらに良くなる」といった助言を、参加した新米インストラクター同士で行うというものです。

 このロールプレイには、先輩インストラクターの方も参加してくれ、自分の体験談からの注意点、工夫している点など、実践に基づく貴重なアドバイスをいただきました。

 私自身、「TGは、本当にその内容が良く吟味されている」、「子供達に感じ取ってもらいたいこと、これからの生きざまに何らかの影響を与えたいという内容が、決められた時間の中にギッシリ盛り込まれている」と感じていたので、何をどこまで伝えようかと模索しながら、時間管理不十分な初めてのロールプレイでした。

 「クラスの雰囲気も千差万別、時間管理の中で、TGの目的とすることを子供達に伝えきるには、何か工夫がありますか?」と、先輩インストラクターの一人に質問しました。

 すると、「朝一番の学校での打合せ時に、クラスで大事にしていること、心がけていることをしっかりとヒアリングしなさい。その思いにつながるTGの要素を大事にし、それだけは子供達に伝えきること。一日の最後のまとめで、そのことをしっかりと振り返ること。そうすれば、担任教師によるクラス運営において、今回のTGで子供達が感じ取ったこと、気付いたことが、より具体的に活かされていくから。TGに仕掛けられている全てを伝えきることは難しいから」との助言をいただきました。

 また、「インストラクターとして子供達に話している内容は、そのまま、自分自身の生きざま、仕事観を再チェックする機会になる、自己鍛錬、自己実現のためになる」との話もいただきました。

 「有言実行」、自分の口から出たことには、責任を持たなければなりませんものね。

|

« 相手の立場に立って 一歩先を | トップページ | 人との出会い 人のつながり 本との出会い 本のつながり  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「トレーディングゲーム」西条市の地域講師をしている、きんときです。
「有言実行」まさしくそうなんですよぉー。
ゲームを通じて「起業家的人材教育」に携わるのですが、子どもたちに教えながら、自分が授業を受けてる感覚になるんです。
普段は病院で働いていて「病院の常識は、社会の非常識」なんて言われることの意味すらしっかり考えたことがなかったのですが。
この授業をしながら、世の中の仕組みや自己実現、他者の夢をかなえるサポート、日本文化、常識とは、自分や病院は地域・世の中でどういう存在で何を求められているのか、自分は地域・世の中のために何ができるのか、感謝・・・ たくさん考えるようになり、行動に移すようになりました。ほんの些細なことでも、行動に移すことの大事さも教えてもらいました。

・・・ということで?
「この授業の講師をするのはオイシイ!」と思うのです。

投稿: きんときむすめ | 2009年6月18日 (木) 04:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/45366588

この記事へのトラックバック一覧です: 思いばかりが 先走って:

« 相手の立場に立って 一歩先を | トップページ | 人との出会い 人のつながり 本との出会い 本のつながり  »