« たとえ暑くても やっぱり海には晴れが似合う | トップページ | 西条の美味しい情報発信拠点 スタート!! »

西条図書館 入館者10万人に

090721_tosyokan  6月1日にオープンした西条図書館の入館者数が、本日7月21日に10万人に達したそうです。

 オープン直後は、図書館利用カードの発行手続きや、図書を寄贈いただける方への対応など、てんてこ舞いの日々が続き、利用カードを発行した方々のデータ入力や図書の整理などさまざまな業務を行っていただいているせいか、閉館時間こそ22時ですが、図書館の照明が消えるのは曜日が変わろうとする頃になることがずっと続いていました。

 また、学習室の利用方法が1週間のうちに2度変更せざるを得ないような混乱もありましたが、原則休館日は月末の1日間の図書の整理日のみ、9時から22時までの開館と言うことで、朝は8時頃から図書館周りの清掃をしていただいていたり、開館の9時からすぐに使っていただけるよう、「学習室」の清掃や机のふき掃除を22時前ギリギリに行うなど、職員の方々のさまざまな努力を垣間見ることが出来ます。

 ただ、お褒めの言葉ばかりではなく、確かに使い始めると、建物や公園の作りにも、うまくいっている点、もっと工夫が必要な点など、見えてきますし、市民の方々から指摘もいただいています。

 直せるところは直しつつ、図書館での経験を次のまちづくり、物づくりに生かしていきたいものです・・・。

 西条図書館などの利用状況は、こちらのブログを参照下さい。

 ところで入館者数10万人とは、いかほどのものなのでしょうか。インターネットで少し調べてみました。

 都道府県立図書館のなかで、年間の入館者数、貸出冊数が、2005年から2008年まで3年連続全国1位だったのは、岡山県立図書館だそうです。

 岡山県立図書館の入館者数は104万人で、都道府県立図書館で唯一100万人を突破。2位の東京都立(分館2カ所含む)は96万人、3位の大阪府立(同1カ所含む)は93万人で、全国平均は43万人、個人貸出冊数は、岡山県立図書館が120万冊、2位の大阪府立は106万冊、3位の大分県立は106万冊、全国平均は40万冊だったとの報道がありました。

 西条図書館は約50日で10万人。「捕らぬ狸の皮算用」になるかもしれませんが、今までのペースを1年365日に引き延ばしてみますと、10万×365÷50=73万人

 まあ、これから夏休みに入り、子供や学生のみなさんの図書館の利用の仕方が変わってくるでしょうし、当然四季折々での利用のされ方にも変化があるでしょうから、どのように図書館が利用されていくのか楽しみなところです。

 図書館では、読み聞かせの会や、郷土の文化や歴史、自然に関する学習会など、さまざまな取り組みが予定されています。

 市民のみなさんといっしょに、図書館の使い方、活かし方について考え、工夫し、取り組んでいきたいですね・・・。

|

« たとえ暑くても やっぱり海には晴れが似合う | トップページ | 西条の美味しい情報発信拠点 スタート!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/45705637

この記事へのトラックバック一覧です: 西条図書館 入館者10万人に:

« たとえ暑くても やっぱり海には晴れが似合う | トップページ | 西条の美味しい情報発信拠点 スタート!! »