« 地産地消の家づくり 間伐体験、木材市場見学 | トップページ | 東京駅で 十河信二のレリーフ 発見! »

盛り立てるのは あ・な・た です

Cimg4134  「みんなの笑顔が見たいから・・・  明日の西条を見たいから・・・」と、西条市合併5周年の今年、私たちの町、西条に暮らすみんながもっと一つになれるよう、もっと未来に羽ばたいていけるよう、西条の子供達や若者達が、自分の町を誇りに思い、もっと輝けるようにと、西条プロジェクト「ISHI-ZUCHI」がスタートしました。

 「西条はひとつ!」の合い言葉のもと、西条の曲を作り、みんなで踊る。

 老若男女を問わず、踊り、躍動し、融合し、「西条はひとつ」になっていく、そんなプロジェクトが始動しました。

Cimg4091 昨夜、平成21年7月25日(日)18:00から、西条市総合体育館で、西条プロジェクト「ISHI-ZUCHI」実行委員会の主催で、西条踊り「ISHI-ZUCHI」制作発表会が行われました。

 曲は、関西京都今村組今村先生の作曲、模範演技も今村組のみなさんです。

Cimg4103 制作発表会では、西条踊り「ISHI-ZUCHI」の模範演技だけではなく、今村組さんのミニLIVEなどが行われ、20時過ぎからは、3っつのグループに分かれて、踊りの指導を受けました。

 小さい子から白髪の高齢者(私か!?)まで、まさに老若男女、約1時間、踊りの修得に没頭しました。

Cimg4113 最後は3っつのグループごとに、順番に、練習の成果をみんなの前で披露です。

 3っつとも、それぞれに特長のある踊りです。

 まずは、激しい動きのラジオ体操のような私たちのグループの踊りから披露です。

Cimg4125  次は、躍動感のあるマスゲームのような踊りです。ちびっ子達の息のそろった踊りの中、大人の人達も楽しみ、飛びはね、躍動し、頑張っていました。

 最後は、妖艶な、表現力を求められる踊りです。落ち着いた動きゆえ、手や足や体の微妙な表現力が求められます。

Cimg4130 短い時間の中でも、見ず知らずの人達が多いなかでも、初めて見る踊りだけれども、初めて聴く曲だけども、「踊る」ということを通して、ここにいるみんなが、心も体も「ひとつ」になれたと感じた、ひとときだったのではないでしょうか。

 今村先生の最後の挨拶では、「どの曲も、踊りも、どんどん練習して踊ってください。町をひとつにするのに、町を盛り立てるのに使ってください。でも、この町を盛り立てるのは、みなさん方です」と。

 この踊りが、西条の人達を「ひとつ」にする大きな機動力に出来るか、大きな機動力にするかは私たちにかかっているのです・・・

|

« 地産地消の家づくり 間伐体験、木材市場見学 | トップページ | 東京駅で 十河信二のレリーフ 発見! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/45741780

この記事へのトラックバック一覧です: 盛り立てるのは あ・な・た です:

« 地産地消の家づくり 間伐体験、木材市場見学 | トップページ | 東京駅で 十河信二のレリーフ 発見! »