« 8月25日は「即席ラーメン記念日」 | トップページ | 今日は防災の日 »

多数派が「正常」で 少数派は「異常」?

090827_minoritycimg5016  平成21年8月27日(木)、西条市中央公民館で行われた「第4回 西条市人権・同和教育講座」に参加してきました。

 「性的少数者と人権 ~とりまく社会状況と困難~」と題した、世田谷区議会議員の上川あや さんによる講演です。

 みなさんは、「マイノリティ(Minority)」と聞くと何を思い出しますか?
 私は、トムクルーズ主演の映画「マイノリティ・リポート」を思い出しました。

 マイノリティとは「少数派」「少数者」ということですが、上川さんの話の中で、

   社会は多数派を「正常」、少数派を「異常」と決めつける

   社会は多数派を認め、少数派を閉め出す

との言葉が、とても心に響きました。

 少数者だというだけで「ヘンタイ」とのラベルを貼られる。そうされたくないために、自分の心を偽り、外観に合わせた振る舞いをするというウソをつき続けなければいけない生き方、それを強いる社会。自己肯定観を放棄しなければならない生き方と社会。

 上川さんの話の中では、

  本当の自分を知っている人がこの世の中に誰もいないという孤独感

  誰にも言えない秘密を持ってしまった、
  ウソをつき続けなければいけないという
罪悪感

と、ご自身のこれまでの生きざまを紹介いただきながら、いかに、互いを認め合う、互いの違いを認め合うことが大切か、「ふつう」ってなんだろう? 「常識」とはなんだろう? と考えさせられました。

 知らないままでは、相手を、違いを認められません。知ることから、正しく理解することから、自分に出来ることを行動に移すことから、明るく住みよい社会が実現出来るのではないでしょうか。

 講演の中では、「聴覚障害者には手話を」の非常識さ、視覚障害者のための点字ブロックの設置方法の間違いに気が付かない行政マンの話などもありました。

 みなさんの身の回りの常識、物づくりを疑ってみて下さい

 いろいろなところに「非常識な常識」や「落とし穴」がありはしませんか・・・

 講座の様子をまとめてみました。
「090827_minority.pdf」をダウンロード (197KB)

090826_minoritycimg5019m  次回の人権・同和教育講座は、

日時:平成21年9月17日(木)19:30~

場所:西条市中央公民館

講師:徳島県北島町立北島中学校 森口健司先生

演題:「ひとごと」から「わがこと」へ

です。

|

« 8月25日は「即席ラーメン記念日」 | トップページ | 今日は防災の日 »

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/46055215

この記事へのトラックバック一覧です: 多数派が「正常」で 少数派は「異常」?:

« 8月25日は「即席ラーメン記念日」 | トップページ | 今日は防災の日 »