« むれ源平 石あかりロード2009 | トップページ | 西条の現在と過去を見つめ »

人が人 情報が情報 本が本をつなぎ

 人が人、情報が情報、本が本をつないでくれます。

 今日もそんなことを再確認出来る一日でした。

○人との出会い、本との出会い

090924_matsumotocimg5421  このブログを見ていただいている方から、「この本を」と、頂いたのが左の本です。

  「書いてはならぬことを書きました・・・
     お読み終わりましたら御焼却くださいませ。」

と、本の帯にはショッキングな文字が並びます。

 「ジュンちゃんへ・・・ 戦争に行った兄さんより」、武田信行さん編集による本です。

 愛媛県西条市生まれ、少年航空兵の松本勝正さんが、父母や妹さん達へ書き送った70通の手紙をまとめた本です。

 小学校を卒業後、憧れの航空兵を志して予科練に入隊した昭和13年6月から、フィリピンで思いがけない戦死を遂げる昭和19年10月26日までの6年の間に、西条市の家族に送り続けた手紙です。

 父母を思い、妹を思い、また、心配をかけさせないようにとの思いが、その文面から伝わってきます。

 昭和13、14年、航空隊飛行予科練習部での手紙には、「私もボーナスを少し頂きました」「剣道の試合で優勝し『シャープ』を貰ひました」と、家族を喜ばせようとの思いがタップリです。

 昭和18年、「海戦に参加致し、不覚や敵弾を艦は受けて火だるまとなりたるに、幸いにして私は一室に逃げ・・・」と、一度ならず二度ならず三度・・・死から脱している、が、「私も戦闘機ですから間も無く征く様になると思ひます」と。

 この手紙には、「書いてはならぬ事を書きました。お読み終わりましたら御焼却下さいませ」との文字が。

 昭和19年、妹の女学校合格を喜びながらも、「結婚の休暇は頂けません。私自身、生還出来るかどうか分かりません。私の処へ来る人も相当決心を固めて貰わないと思ひます」と。この年の10月に帰らぬ人となります。

 

○人との出会い、情報との出会い

 また、このブログを見ていただいている方から、

 「栗城氏からもらっている感動を、生きる力を、自分以外の誰かにつなぎたいと思ったとき、○○さんにお伝えしたいと思い、メールさせていただく次第です。」

と、アドレスを教えていただきました。

栗城史多さんオフィシャルサイト http://kurikiyama.jp/

YAHOOでの公開(?)サイト http://kuriki.yahoo.co.jp/

 栗城史多(くりき のぶかず)さんという、身長162センチ、体重60キロ、嫌いなものが「トレーニングと寒いところ」という、27歳の登山家です。

 栗城さんのブログを見てみると、まさに、今、「エベレスト」8,848mに単独無酸素登山を実行中です。7,700mと8,000mのあたりを、体調の具合も見ながら頑張っている真っ最中です。

 エべレストへの単独無酸素登頂は、未だ日本人で成功した人はいないそうで、その冒険の模様を世界初のインターネット生中継を行う予定だそうです。ブログには、どうも中継についてはトラブル発生のようですが、最後まであきらめずトライするとのことです。

 栗城さんの使命は、「人に感動してもらう冒険を行い、一歩踏み出す勇気を与える」ことです。

 

 自分がいること、存在すること、それはどんな意味があるのでしょうか、どんな意味を生み出すのでしょうか。

|

« むれ源平 石あかりロード2009 | トップページ | 西条の現在と過去を見つめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はい、西条図書館には4冊、東予、小松、丹原図書館には各1冊蔵書があります。現在貸し出し中は西条図書館の1冊だけです。こんな事も、インターネットから調べられるし、予約も出来る。便利な時代になりました。図書館のホームページは下記へ。

http://lib.city.saijo.ehime.jp/index.html


「生命の輝き発見セミナー 生き方見本市」、そんな取り組みがあるんですねぇ。

 その限られた時間の中で 何を思い、何を成すのか。
 あなたの人生を輝かせる”人間力”に、きっと出会えるはずです。

11月22日、良い夫婦の日にさまざまな発見、感動のある7時間になりそうと、感じさせる見本市ですね。ホームページは下記です。 

http://www.sunmark.co.jp/seminar/mihonichi/index.html

投稿: ほっと・ひといき | 2009年9月29日 (火) 05:23

きんときむすめ、改め、きんときです。
(なるほど、ここでも、きんときを名乗ってた・・・)

栗城さんの今回のアタックは、登頂目前で断念せざるを得ないことになったようです。再びトレーニングして来春に再チャレンジとのこと。今回の登頂はかないませんでしたが、その登山の映像とともに
カトマンズからの祭りの生中継を10月2日20時~ 予定しているようです。また、11月22日に東京国際フォーラムにて開催される「生命の輝き発見セミナー 生き方見本市」で講演があります。きんときは聴講に出かけるつもりです。皆さんもいかがでしょう?

紹介くださった、松本勝正氏の著書、しっかり読んでみたい、と思いました。図書館にあるのかなぁ。明日探しにいこ。

投稿: きんとき | 2009年9月29日 (火) 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/46305725

この記事へのトラックバック一覧です: 人が人 情報が情報 本が本をつなぎ:

« むれ源平 石あかりロード2009 | トップページ | 西条の現在と過去を見つめ »