« リングとボールがとりもつ老若男女 | トップページ | 弱さの中に強さがないか それを見つけること »

熱き思いを持ち 女性チャレンジスクール

091119_charengicimg7366  平成21年11月19日(木)19時から、西条図書館の会議室に20名ほどの女性が集まりました。

 「女性チャレンジスクール」の初日です。

 今回で8回目となり、一昨年までは「女性起業家スクール」の名で開催され、多くの修了生と多くの起業家を生んでいるスクールです。

 持ち続けている自分の夢を実現するための行動のきっかけ、自分には何が向いているんだろう、自分には何が出来るんだろうといった、自分の発見や、「やってみよう、動いてみよう」という自分の意識の変化に気付き、その思いを形にしていく第一歩、そんな機会を提供しようとするスクールです。

 11月19日(木)から始まり、12月5日(土)までの全6回のスクールです。

 初回の今夜は、スクールの修了生で起業し女性経営者となられている方々を講師に、受講生を交えたパネルディスカッションと座談会が行われました。

 受講生から、参加の目的や動機についてもお話しいただき、「人と関わりを持つ仕事をしたい」「自分の趣味で作った作品を喜んでもらえることに快感を覚えた。この快感を毎日感じたくて・・・」「自分に何が出来るか、何が向いているか発見したい」「自分を輝かせたい」「もっと頑張りたく、刺激をもらいに・・・」など、突然まわされたマイクにも、しゃっきりと自己紹介いただけました。

 意識、意欲を持たれている方々の集まりに、今後の展開にワクワクさせていただきました。

 そんな自己紹介の中で、「市の広報で、渡邉さんの記事を見て、直感した」「女性起業家スクールの名前だったら、参加しなかったかもしれない」との言葉も・・・。

 スクールの名称ひとつにしても、電話問い合わせをしてみよう、参加申し込みをしてみよう、第一歩を踏み出して見ようと思う、最初の敷居になります。

 また、せっかくの入り口も、その入り口の存在に気付いてくれなければ、入るかどうかの検討すらしていただけません。 

 情報発信は、「受信」されてこそ「発信」です。

 上手く、必要とされている方のところに情報が届き、その第一歩につながったと感じさせる2時間でした。

 市の広報での、渡邉さんの記事はこちらです。

|

« リングとボールがとりもつ老若男女 | トップページ | 弱さの中に強さがないか それを見つけること »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/46808397

この記事へのトラックバック一覧です: 熱き思いを持ち 女性チャレンジスクール:

« リングとボールがとりもつ老若男女 | トップページ | 弱さの中に強さがないか それを見つけること »