« 差別があって 誰が不幸になっているんか | トップページ | 男性は首を絞め 女性は逃げ込み »

まさに 子ども目線で

091213_cimg7682  高知に行く用があったので、せっかくの機会と、香見市のアンパンマンミュージアム日曜市に行って来ました。

 高知では日曜市や木曜市など、場所を変え、曜日を変え、色々な催しが行われているようです。

 朝市だと思いこんでいて、「あれっ、昼すぎなのにまだやってるの?」なんて勘違いをしていたり。

091213_cimg7686  ここ、香見市の平成日曜市では、野菜、魚、豆菓子、衣料品、たこ焼き、焼きそば、大判焼など、色々なものが並んでいました。

 中には、古着? や、中古のテレビやDVDプレーヤーなども並べられており、消防団の名前の入ったはっぴまで並べられていました。

 日曜市をあとにし、アンパンマンミュージアムに向かいます。

091213_cimg7687  「こんな山の中に?」と思うような道路をしばらく走ると、道の駅「見良府」の看板の先に、アンパンマンミュージアムの看板が目に入ります。

 駐車場には、岡山山口姫路など、県外ナンバーが目につきます。これも高速道路の1,000円効果のひとつでしょうか。

091213_cimg7697  ミュージアムのまわりには実物大? の巨大ロボット「ダダンダン」を始め、様々なキャラクターの像が並んでいます。

 年賀状用でしょうか、キャラクターといっしょに子どもの写真を撮る家族が多く見られました。

 なかなか、親の思ったようなポーズと表情を子どもはしてくれず、中には怒り出すお母さんやお父さんまで・・・。

 おぃおぃ、ちょっとぉー。せっかくアンパンマンミュージアムに来たのに、子どもがかわいそう。

091213_cimg7701  ミュージアムにはいると、エントランスの床には多くの窓が開けられています。

 しゃがみこんで、その窓をのぞみ込むと、アンパンマンのマントやアンパンマンのスナップショットなどを見ることが出来ます。

 子どもだからこそ、覗きたいし、のぞき込みやすいように作ってあります。

091213_cimg7708  館内は、色々なところに階段や出入り口が設けられており、まさに探検家気分で館内を楽しむことが出来ます。

 その出入り口にも、低めの位置に高さを変えた4つのスコープが設けられています。

 まさに、子ども目線です。

091213_cimg7711  階段には本棚椅子が設けられ、親子で絵本を読む光景を目にすることが出来ます。

 その階段の下の部分をつかって、彫り込むかたちでパソコンや本棚、引き出しが作り込まれています。

091213_cimg7713  これも、子どもが大好きな隠れ家的な気分を、楽しむことが出来ます。

091213_cimg7717  外に出れば、マンホールもアンパンマンです。

 

 

 子ども目線。

 誰に使ってもらう施設なのか。

 どんな使い方をしてもらいたい施設なのか。

 施設を作る側の理屈や都合ではなく、使っていただく方の思いや都合にあった物づくりに心がけたいですね

|

« 差別があって 誰が不幸になっているんか | トップページ | 男性は首を絞め 女性は逃げ込み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/47033877

この記事へのトラックバック一覧です: まさに 子ども目線で:

« 差別があって 誰が不幸になっているんか | トップページ | 男性は首を絞め 女性は逃げ込み »