« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

人やまちの予防医療 カウンセリング

J0431111  今日から「カウンセラー養成講座中級コース」が始まりました。今日と明日、また2月20日(土)、21日(日)の4日間、西条市中央公民館で行われます。

 西条市が人権同和研修の一環として、人間の本質について理解し、家族、友人、地域、職場での人とのつながりを豊かにし、住み良いまちづくりにすることを目的に行っているものです。

 講師は、えなカウンセリングスクールの南修治先生と橋本先生です。

 初級コースでは、「カウンセリングについて学ぶ」「自分の心を知る」など、また、初級コースの修了生を対象とする今回の中級コースでは、「一人ひとりがいきいきと輝くための他人への支援」「具体的な事例を常に意識し、それにどう対処していくのか」について考え、「カウンセリングの応答の仕方(技法)」や改善に手間がかかる「ひきこもり」、件数が多い「不登校」について理解していきます。

    誉めて 認めて 受け止めて

    否定しないで 話きく

    あふれる笑顔で 抱きしめよう

 子育ての基本としてお話しいただいた一節です。

 でも、家族、地域、職場でも通用する基本ですよね。

 学校や医療現場の方、塾や介護、保育士の方、身内の方が悩みを持たれていたのをきっかけに勉強を始められた方、何かお手伝いが出来ればと勉強を始められた方など、いろいろな思い、現場の方が集まっています。

 受講生全てがプロのカウンセラーとなり、医者のように大病の治療が出来るものではないと思いますが、人との付き合い方や接し方、人への言葉かけで、家族や地域や職場の人達が大病になるのを防ぐことが出来る「予防医療」的な役割を担えるのではないでしょうか。

 人との接し方、人との関係性において、あなた自身が救われ、まわりの人をも救える、そんな効果がカウンセリングにはあると思います

100130cimg8676  このカウンセリング養成講座の受講生の有志でスタートした勉強会「GNKげんき元気」の会の新年会が、今夜、八勝亭でありました。講師の南先生や橋本先生、秋川暢宏さんも交え、ミニコンサートありの楽しいひとときでした。

 「GNKげんき元気」の会のホームページはこちらです。

 毎月2回ほど、総合福祉センターで夜19時30分から勉強会を行っています。興味のある方は、ホームページで開催日を確認し、ぜひ見学に来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登道商店街でお待ちしております

100129_nobori09  西条市のアーケード群である「西条うちぬきTロード」を歩いていて、こんな可愛いフィギュア? 達を見つけました。

 「西条うちぬきTロード」の最南端、T字の足の部分にあたる「登道商店街」です。

100129_nobori07  商店街らしい「招き猫」や、ホルスタインでしょうか白黒のブチの牛、タコの100129_nobori06親子や魚、コウモリかなぁ? それに恐竜など、様々な、また色とりどりなフィギュア達が私たちを迎えてくれます。

 

100129_nobori08  登道商店街は、シャッターが閉まっているお店が多い商店街ですが、クリスマスの頃になればイルミネーションの飾り付けに灯がともされ、春の頃には桜の飾り付けが行われます。

100129_nobori03  このようなフィギュアは、私、西条に来て3年目ですが、始めて気がつきました。

100129_nobori05 みなさんも、買い物に、ウォーキングのコースの一つとして、登道商店街を訪れてみませんか。

 

100129_nobori04 可愛いフィギュア達が、みなさんのおこしをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨユー よゆう? 余裕?

100126_cimg8656  今治城の見える焼鳥屋さんでの出来事です。

 店に到着し、入り口にある駐車場の案内看板。

 ヨユー

100126_cimg8655

 よゆう?

 余裕? これって、なんだろう。

 店の1階部分にある4台分の駐車場のほかに3台分あるので、「余裕」ってことかなぁ。

 うっ

 うー

 うん

 これ、数字の「3」「2」「1」だぁ。

 こんな落ちで始まった懇親会の場で、「1月18日に、西条市民が1名増えました」との話がありました。

 そんなことから、しばらくは子どもの名前のことで話が盛り上がりました。

 最近の子どもの名前を見ると、名字は読めても名前が読めない、漢字はわかる一般的な字なんだけれど、どう読むのかわからない名前が多いと痛感します。

 この子達が大人になり、名刺交換する時には、必ず名前の読み方を確認することが必須となるんだろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某タレントではないけれど あまーい!

100125_sicscimg8652  西条産業情報支援センターで、毎週月曜18時から行われている「うちぬきサロン」に参加してきました。

 この会は、農商工、官学民、経営者も従業員も、情報を受発信する場として、三々五々集まり、自由な出会いとやり取りが行われ、そこから何かに気付き、そこから何かが生まれて来る、そんなサロンです。

 今夜は、水素エネルギーを利用した省エネルギー型冷凍機を活用して栽培した「水素イチゴ」が振る舞われました。

100125_sicscimg8572  粒が大きく、しっかりとした実で、それでいて、とっても あまーい! イチゴです

 ケーキも用意され、とても美味しくいただきました。

 今月24日(日)に、ここSICSで行われました植物工場セミナーの話しも思い出しながら、これからの安全で安心、そして高品質、高付加価値の農作物に夢はつながっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経験と勘の農業から サイエンス農業へ!

100124_greencimg8546  平成22年1月24日(日)、西条市産業情報支援センターで行われました「植物工場セミナー ~植物工場の現状と将来展望~」に参加してきました。

100124_greencimg8547  千葉大学環境健康フィールド科学センター・次世代型植物生産研究部門 客員教授 池田英男先生による、「植物工場の夢と課題」と題した講演です。

 その講演の中では、

・水耕栽培は年間1,000~2,000万円の売り上げを出せる農業。
・植物工場とは、光、気温、湿度、CO2濃度までサイエンスで制御している「サイエンス農業」。
・光合成のためのCO2を多く吸収させるには、CO2濃度 + 風 + 湿度 の調整がポイント。
・日本のハウス栽培では温度しか見ていない。CO2の高濃度化もやっているが、湿度が低いため気孔が閉じ、吸収しなくなっている
・植物の成長には、境界層の存在が大きく影響する。それが、水耕栽培の成長が早い理由である。

など、実験データや実証実験のデータに基づいた説明をいただき、「日本の農業は経験と勘に頼った農業」「これでは技術は普及していかない」「データに基づいたサイエンス農業を!」と、熱いメッセージをいただきました。

 光合成のためのCO2を吸収するメカニズム、水耕栽培の成長が早い理由など、流体力学を学んだ自分としては、とても分かりやすく、工学と農学が連携することの必要性を強く感じました

 セミナーの様子をまとめました。
「100124_green.pdf」をダウンロード (141KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害に強くなる知恵と技

100123_bousaicimg8526  平成22年1月23日(土)、東京の日本赤十字看護大学 武蔵野キャンパスで、「地域防災セミナー 災害に強くなる知恵と技 ~もしもの時、あなたの家族と地域を守るため~」が開催されました。

 日本赤十字看護大学 看護実践・教育・研究フロンティアセンターと、地域防災活動ネットワーク(COSMOS)の主催による、今年で5年目になる取り組みだそうです。

 今年度も、昨年10月24日の第1回に始まり、今年の3月13日の第12回までのシリーズ企画です。詳細は、こちらです。

 1月23日は、午前は第7回として、室蘭工業大学 ひと文化系領域/環境科学防災研究センター 准教授の前田潤先生による、「ロールプレイ『災害と心のケア』 ~被災者に寄り添うためのコミュニケーションスキル~」です。

 午後は第8回として、NPO法人 東京いのちのポータルサイト副理事長 鍵屋一さんによる、「講演と演習『みんなで高める地域防災力』 ~大地震後に何が起こるか、どう解決するか、一緒に考えましょう~」が行われました。

 

100123_bousaicimg8527  前田さんのプログラムでは、講演ののち、半円状に椅子を並べ、参加者全員で「誕生日順」「血液型別」など、参加者同士で話し合わないと座る位置が定まらないような行動を通じ、アイスブレイクが行われました。

 十分参加者がうち解けたところで、参加者の希望に基づき、役決め、条件決めが行われ、ロールプレイングを行い、その際に「ありがたい処置」「ありがたくない処置」について、参加者全体で確認し合いました。

 模擬とはいえ、自分の行動や発言が、要支援者に対してどのような影響を与えているのか、要支援者がどのような反応をするのかを体験することが出来ました。

 

100123_bousaicimg8529  午後の鍵屋さんの講演では、阪神淡路大震災の際の、神戸市役所職員が撮影した実際の現地の映像や、ラジオのインタビューに答える、息子さんを救出出来ずに、迫ってきた火事により見殺しにするしかなかったお父さんの肉声なども紹介いただきながら、「災害エスノグラフィ」の手法を用い、ワークショップ形式で被災状況の共有と分析を行い、発表し合いました。

100123_bousaifitcimg8532  

 講演の中では、この阪神淡路大震災の時の神戸市役所の広報課長が、課の職員に対して、市役所に参集する際に、神戸市内の様子をビデオに撮ってくるように指示をされたそうです。

 またこの課長さんは、今は神戸市の保健福祉局長をされており、神戸市での新型インフルエンザの国内初の発症にも対応することとなったそうです。

 その発症の情報を受け取った時も、3本の色違いのネクタイを用意し、市役所に参集したそうです。

 それは、事態の状況に応じ、緊急な状態から、ひとまず安心といえる状態まで、その状況に則した色違いのネクタイで、記者会見に応じられるようにとの配慮だったそうです。

 有事の際の対応とは、日頃からの意識と準備、イメージトレーニングが大切です

 備えあれば憂いなし

 セミナーの様子をメモにまとめました。
「100123_bousai.pdf」をダウンロード (357KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うーん こんなところまで凝っている

100117massage  今日はマッサージをしてもらってきました。

 肩が凝っているのは自覚していましたが、首につながる頭の付け根や、肩につながる腕の付け根が凝っているのに気付かされました。

 というのは、高松の献血ルーム「オリーブ」のイベントとして、第1、第3土曜日は四国医療専門学校の方のボランティアによる「マッサージの日」だったのです。

 採血時間の長い成分献血の方を対象に、サービスいただいているそうで、専用の椅子(治療台?)に座って、しっかりとマッサージしてもらいました。

 また、第3日曜日は、香川県栄養士会の協力による「栄養相談の日」です。食べ物や健康相談など、お気軽に相談ください。

 平日の献血では、曜日や献血の種類(全血、成分献血、血小板献血)により、「くじ引きの日」「パンの日」、記念品として「お米」が選べたりと、平日の献血者の増加を図ろうとしています。

 最近は若者の献血者が少なくなっていて、高齢者の増加と相まって、血液不足になることが危惧されているそうです。

 献血ルームに来るぐらいの人は、献血への理解のある方々かも知れませんが、夫婦親子兄弟友達同士カップルの姿をよく見かけます。

 小さな子どもにアニメのDVDを見せながらお父さんが献血する姿や、友達同士で来たのだけれど、検査の結果献血できずに待合室で友達の採血の終了を雑誌や漫画を読みながら待っている姿など、献血時間をうまく楽しんで? いる姿をよく見かけます。

 献血が未体験の方、成分献血はまだといった方、献血ルームをのぞいてみてください。愛媛県では松山に大街道献血ルームがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命とは? 猟奇的な彼女 in NY

J0402542 猟奇的な彼女 in NY

 みなさんは、韓国映画の「猟奇的な彼女」を、もうご覧になられましたか。

 強引で「猟奇的」な彼女に振り回される男子学生の恋愛を描いた映画です。

 この映画のハリウッドによるリメイク板である「猟奇的な彼女 in NY」を見ました。

 その映画の中では、

すべては彼女の魅力の一部

運命は神の定め 彼を追うのは 人の手で運命を曲げるようなものよ

運命を曲げるのが、君の運命なのだ
運命の意味を教えてやる
運命とは 愛する人のもとへ かける橋だ
ハッピーエンドにする そういう知恵を持て

運命の意味かい?
僕に言えることは一つ 運命だけの力では 何も動かない
僕が あの店に行くことが 重要だったんだ
愛する人に 橋をかけることが

 どうですか

 さまざまな欠点に見えることも、その人の「魅力の一部」

 「運命」という言葉にだけ期待し、責任を負わせてはいけない。自分の行動が、自分が行動することが大切なんだ。

 そんなメッセージを感じませんか。

 これらの言葉を、誰が、どのような場面で語っているのかは、ぜひ、映画を見て確認してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなところにもイタチごっこが!?

100107_zyouhoucimg8392m  情報処理技術者試験合格証書が郵送されてきました。

 昨年に比べると、合格発表日が約1週間遅く、合格証書の(発送)到着は、2週間ほど遅くなっていました。

        平成20年    平成21年
試験日    :10月19日(日)  10月18日(日)
合格発表  :12月15日(月)  12月21日(月)
証書発送日:12月18日(金)?  1月 5日(火)
証書到着日:12月20日(土)   1月 7日(木)

 発送は、独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」が行っていますが、昨今の特殊法人などの見直しが、こんな試験事務にも影響していたりするのでしょうか・・・。

 それと、今さらながら気がついたことがあります。

 合格証書の紙の地に何か模様のようなものが描かれているのに気がつきました。上の写真は、合格証書をコピーしてみたものです。

 IPAのホームページで調べてみると、合格証書の偽造行為が判明したことから、隠し文字を埋め込み、原本を複写した際に「複写」という警告文字が現れるよう、偽造の防止策を施しているとのことでした。

 善良な人達のボランティア精神の上に成り立っているインターネットのシステムに、ウィルスなどの様々な悪意を持った情報が飛び交っているのと同様に、少数の悪意を持った人への対応で、様々な配慮が必要となっています。

 カラーコピー機の性能が良くなり、紙幣の偽造が容易に出来るようになったことで、コピー機で紙幣のコピーを出来なくする技術が必要とされるなど、いろいろな場面でイタチごっこが求められます。

 

 平成22年度春期試験の願書の受付が1月12日(火)から始まります。締め切りは、郵送の場合2月8日(月)、インターネット申し込みの場合2月17日(水)です。

 詳細は、こちらのIPAのホームページを参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本との出会い 読み聞かせの素晴らしい効果

100101_cimg8356  正月の新聞で、「読む」ことについて特集が組まれていました。

 また、昨年録り貯めていたテレビ番組日本テレビ系列の「所さんの目がテン!」、所ジョージさんが司会を務める、子ども向け? 科学番組でも、「読書」をテーマにした回がありました。

 乳幼児検診に来た赤ちゃんに絵本を贈り、本に親しむきっかけを作ってもらおうとする「ブックスタート」。この本を配布したグループと配布していないグループの追跡調査を行ったそうです。

 3歳時点での読み聞かせの様子を分析した結果、配布グループの子ども達は、「話の先を予想したり、訪ねる頻度が増え、本への感心や集中力が高まっていた」そうですし、小学校入学時の基礎学力テストでは、配布グループは国語だけでなく、学力全体が高かったそうです。

 「本に出会うことが集中力や知的好奇心を育てる。世界を広げ、親子や仲間とのきずなもつむいでくれる」と、東京大学教授の秋田喜代美さん(発達心理学)は分析しています。

 読み聞かせの主な効能には、

  ・親子のきずなを深める
  ・読解力がつく
  ・言葉が増える
  ・知識が増える
  ・集中力がつく
  ・文字を覚える
  ・想像力がつく
  ・親も育つ

等があると、新聞では整理されていました。

100101_cimg8330  TV番組の「所さんの目がテン!」では、子ども自身が絵本を読む場合と、子どもに本を読み聞かせた場合の、子ども達の内容の理解度を比較していました。読み聞かせの場合の方が、子ども達はその内容をより詳細に正しく認識していました。

 「読み聞かせ」が生み出す、本との出会い、親子のきずな、本が育てる学びの力などなど・・・。

 図書館に行って本を探してみませんか。また、図書館では読み聞かせの会も行われています。

ぴょんぴょんおはなし会(幼児から)毎月第2土曜日15:00~15:30
ぴよぴよおはなし会(0~3歳児対象)毎月第3水曜日①10:00~10:30 ②10:30~11:00

 また、ふれあいコーナーには大判の紙芝居もたくさん用意されています。ぜひ、親子で、のぞいてみてください。

 私は本屋で気になる本があると、すぐに買ってしまいます。次に来るまでに売り切れてしまうかも知れない、次には気付かずに見過ごしてしまうかも知れない、そう思うと、今日買っておこうと思うのです。が、家に帰ると、同じ本が本棚にあったりすることも。本を買う速さに、読む速さが追いついていなかったりするものですから・・・。

100101_cimg8352  初詣に行って来ました。不景気のせいか、お賽銭箱には小銭が目立ちました。

 図書館へ行けば、無料でさまざまな本と出会うことができます。街中には古本屋さんも数多くあり、新刊書も安く手に入れることが出来ます。

 今年は、「読書」を習慣のひとつに加えてみませんか

 写真は「栗林公園の門松」「高松市役所前のイルミネーション」「石清尾八幡宮の賽銭箱」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年 どんな年になるかな どんな年にするかな

100101_cimg8313  あけましておめでとうございます

 寅年、2010年のスタートです。

 元日の月食(AM3:52~AM4:54)をご覧になりましたか。今年は月食が3回も起こる月食の年です。

 さて、2010年について、少し調べてみました。

 正月の定番番組「新春かくし芸大会」(フジテレビ系列)が、47年の歴史に幕を引くそうです。私の実家の観音寺からは、フジテレビ系列の番組はなかなか映らず、24素子のUHFアンテナを2基接続し、さらにブースターで増幅して岡山の放送を見ていた頃が懐かしく思い出されます。

 2010年、今年は冬季オリンピック・バンクーバー大会が2月に行われます。また、寝不足の冬を過ごすことでしょう。

 また、そのまんま2010年がタイトルとなった映画、「2010年」。今から26年前の1984年製作のアメリカ映画です。木星にまで人間が行くことは実現していませんが、宇宙ステーションや複数の国が協働で様々な調査や研究を行うことなど、多くのことが映画さながらに実現しています。

 2010年問題 「これまで標準として利用されているいくつかの暗号アルゴリズムについては、2010年までにより安全性の高いものに移行する必要がある」と、米国のNIST(アメリカ国立標準技術研究所)が打ち出しています。これが「暗号アルゴリズムの2010年問題」です。コンピューターの高速化により、以前では解読が事実上不可能だったものが、現実的な時間の中で解読が可能となったことによる問題です。様々な機関が有している情報や、インターネットを行き交う情報が、解読されてしまう可能性が現実化しているのです。

 政権交代しての2年目。みなさんは、この2010年をどんな一年にしようと考えていますか。

100101_nenga2010  私は昨年も同じことを書きましたが、この一年も、いろいろなことに興味を持ち、様々な視点で見つめ、いろいろな立場から物事を考えたいと思います。
 今年もよろしくお願いいたします。

 最初の写真は、昨年12月16日のまごころ市で買い求めた虎の置物です。黄色、青色、赤色の3色は、幸せを呼び込む色だそうです。
 みなさまにとって、幸多い年になりますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »