« 2月22日 猫の日 | トップページ | 1,300年前に思いを寄せて 永納山古代山城 »

長いおつき合い “いい顔”で

100228fujinkeikan  長いおつき合いをする大切な運転免許証の写真は
      リラックスして ”
いい顔” でうつしましょう。

 こんな言葉が、大きな鏡と共に、写真撮影室の入り口に掲げられていました。

 今日、運転免許センターに運転免許の更新に行ってきました。5年ぶりの更新で、運転免許はICチップ入りに、また免許資格は「中型」との記載に変わりました。

 朝8時半からの受付に間に合うよう、8時20分頃に運転免許センターに着きましたが、もう駐車場は満車に近い状態でした。

 優良運転者講習が8時50分から始まりました。前回の更新時の講習は、最寄りの警察署に行き、階段脇のロビーでビデオを見て終わりだったと記憶していますが、今回は、プロジェクターを使い、最新の交通事故の状況や事故原因の説明が行われ、工夫されているなぁと感じました。

 シートベルトの着用率は、運転手:97%、助手席:91%、後部座席は一般道では33%、高速道路では63%の着用率だそうです。

 四輪の死亡事故のうち8割はシートベルト未着用で、そのうちの2/3は、シートベルトをしていれば、助かっていたと考えられる事故だったそうです。

 シートベルトをしていないような、交通事故に対する意識、安全運転への意識の違いが、事故率にも関係しているのかも知れません。

 また、四輪の死亡者数を、歩行者の死亡者数が追い越したのが最近の傾向だそうです。高齢者の増加が関係しているようで、道路の横断中の事故が多く、からの横断中の事故をとすると、からの横断中の事故はと多いそうです。

 ドライバーの注意が、左側に比べ右側への注意が少なかったり、夜間であれば、対向車のライトに幻惑してしまうことも関係しているのでしょう。

100228_f2706  さらには、飲酒運転についての判例の紹介がありました。飲酒運転の車に同乗し家まで送ってもらい、わかれたあとに起こした交通事故についての裁判です。

 その送ってもらった人に対して、5,300万円の損害賠償が請求されたというものです。十分に事故を予見できたのに、その防止の責任を果たしていないという判決です。

 今一度、自分の運転や歩き方、車との関係についてふり返ってみませんか

|

« 2月22日 猫の日 | トップページ | 1,300年前に思いを寄せて 永納山古代山城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/47695084

この記事へのトラックバック一覧です: 長いおつき合い “いい顔”で:

« 2月22日 猫の日 | トップページ | 1,300年前に思いを寄せて 永納山古代山城 »