« 長いおつき合い “いい顔”で | トップページ | 宇高航路存続!? »

1,300年前に思いを寄せて 永納山古代山城

100301einouzancimg9481  今日3月2日(火)から14日(日)まで、西条図書館のエントランスホールで、「永納山古代山城跡のパネル展」が行われています。

 これは、地元の有志を中心に組織された「永納山古代山城跡の会」の方々により、模型やパネルが展示されたものです。

100301einouzancimg9477  その中でも、目をひくものは様々な模型です。

 会場中央には、永納山全体の城跡の模型です。長さ2.5キロメートルにも及ぶ土塁の城壁でかこまれた山城です。また、城門水門の模型も、本物さながらに作られています。

100301einouzancimg9478  パネルに目を向けますと、「約1,300年前に作られ、外国からの攻撃から守るために作られた」との説明や、2.5キロメートルにも及ぶ長い城壁でかこまれていることの理由や、何がきっかけで発見されたのかなど、わかりやすく説明されています。

 これらの「なぜ?」については、西条図書館エントランスホールに来ていただき、答えを探してください

100301einouzancimg9480  山城の模型は、縮尺1/1,000で、会員有志の方々により約6ヶ月をかけて製作されたそうです。

 その精巧さについても、ぜひ確認に来てください。

|

« 長いおつき合い “いい顔”で | トップページ | 宇高航路存続!? »

勉強」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/47703091

この記事へのトラックバック一覧です: 1,300年前に思いを寄せて 永納山古代山城:

« 長いおつき合い “いい顔”で | トップページ | 宇高航路存続!? »