« ハードの備えと共に | トップページ | 高松港が変わります »

ぼく・わたしが主役

100419cimg9958  今日の帰り道、何気なく通った地下道で目に飛び込んでくる鮮やかなものがありました。

 子ども達の多色版画の作品です。

 自分たちが楽器の演奏や運動、遊んでいる様子でしょうか、生き生きと表現されています。

 黒一色の版画とは異なり、色鮮やかな作品が地下道の蛍光灯の照明とも相まって、鮮やかに私たちを出迎えてくれます。

100419cimg9955  機会がありましたら、栗林公園の正門前の地下道をのぞいてみてください。

 たくさんの子ども達の作品が、みなさまをお待ちしております。

|

« ハードの備えと共に | トップページ | 高松港が変わります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48134196

この記事へのトラックバック一覧です: ぼく・わたしが主役:

« ハードの備えと共に | トップページ | 高松港が変わります »