« 朝の空気の爽やかさと競争です | トップページ | 園内は まさに満開 »

悲観的に対処し、楽観的に受け止める

100409cimg9856  朝、栗林公園の入り口あたりでの光景です。

 4月6日から15日までの10日間、「春の全国交通安全運動」です。

 大勢の方々が「黄色信号止まれ」「スピード注意!」「守ろう交通ルール」など、様々なプラカードを持っての朝の挨拶です。

 香川県内の昨年の交通事故死亡者は70人で、人口10万人あたり6.98人。全国ワースト2位だそうです。

 誰も、交通事故を起こしたいと思って運転しているわけもなく、「○○しないだろう」ではなく、「○○するかも知れない」と、悲観的に考え、慎重に運転できるよう心がけたいものです。

 

 今日の午後、4月の人事異動後初めての「災害対策本部の立ち上げ訓練」を行いました。実際にやってみて、各自の役割、段取りを確認し、本番に備えます。

 平日の勤務時間内に大地震が発生したとの想定で、職員の参集面からは最も好条件での訓練でした。これが休日の深夜だったら、どう対応できただろう、そんなイメージトレーニングも必要です。

 ここでも、「物事を悲観的に考え、万全を尽くし」、その準備が無駄になれば、「無駄になって良かった」と、楽天的に捉えられることが大事です。

 備えあれば憂い無し。備え無ければ憂いあり です。

 

10040912380001  お昼の「歩こう会」で右のような光景に遭遇しました。

 独立行政法人航海訓練所の大型練習帆船「日本丸Ⅱ世」です。

 総トン数2,570トン、全長110.09m、最大搭乗人員190名の世界最大級の帆船です。4本マストには36枚の帆が張られ、メインマストの高さは43.5m(船楼甲板からの高さ)におよびます。

10040912390000  来る5月22日(土)から6月13日(日)まで開催される「船の祭典2010」では、この日本丸のセイドリル(展帆・畳帆作業)や一般公開も予定されています。

 また、「しんかい6500」の一般公開も予定されています。

 詳しくはこちらをご覧下さい。

|

« 朝の空気の爽やかさと競争です | トップページ | 園内は まさに満開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48052587

この記事へのトラックバック一覧です: 悲観的に対処し、楽観的に受け止める:

« 朝の空気の爽やかさと競争です | トップページ | 園内は まさに満開 »