« 高松でも3℃の上昇 | トップページ | 開園55周年 玉藻公園 »

全体の3割 特別会計の7割以上

100504_h22_yosan  高松市の広報紙「たかまつ」を見ていると、平成22年度当初予算の記事が目にとまりました。

 その中で、「各会計別予算」という表が掲載されていました。

 そう言えば、西条市の議会に出ていた時に、国民健康保険事業に関して補正予算が議案として出されたことがありました。

 その際の答弁では、「2百数十万円の高額医療が3件あり、補正予算の計上が必要になった」というものでした。

 また、「インフルエンザの流行が一度あるだけで数千万円規模の補正予算が必要になる」という話も聞きました。

 

 ということで、医療関係の予算が市の全体予算に占める割合を整理してみました。

 一般会計と特別会計を加えた総額が、高松市の場合には 2,491億円ですが、そのうちの約31%764億円、特別会計に対する比率で言うと約72%が医療関係予算(国民健康保険事業 + 後期高齢者医療事業 + 介護保険事業)でした。

 同様のことを西条市の予算で整理してみると、総額 652億円のうちの約36%237億円、特別会計に対する比率で言うと約85%が医療関係予算でした。

 高松市の場合の764億円の医療費を高松市の人口でわると、一人あたり年間約18万円、月当たり1万5千円の医療費ということになります。

 医者要らず、薬要らずの健康な市民でいるということは、市の財政事情を大いに助けることが出来ると言えるのではないでしょうか。

 あなたの健康法は何ですか?

|

« 高松でも3℃の上昇 | トップページ | 開園55周年 玉藻公園 »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48270682

この記事へのトラックバック一覧です: 全体の3割 特別会計の7割以上:

« 高松でも3℃の上昇 | トップページ | 開園55周年 玉藻公園 »