« アロハの音が 笑顔が サンポートを埋め尽くします | トップページ | いよいよ明日 開催! »

最低限のコンクリートさえない所が四国にはある

100213_8nojicimg8931 民主党の参院選マニフェストの原案が明かとなり、「コンクリートから人へ」の表現は削除されたそうです。

 「コンクリートから人へ」を削除したのは、原案作成時の議論の中で「公共工事は全て悪だと誤解される恐れがある」との意見が出されたことによるそうです。

 そういえば、今年の2月13日に高知で行われた四国4県知事による車座談義、「四国8の字・道中八策 四国8の字ネットワークでつながる命・産業・観光」での尾﨑高知県知事の言葉が思い出されます。

 「人の命を守る最低限のコンクリートさえない所があることを忘れてもらっては困る

 また、「一人当たりの水害の被害額全国一位、河川整備率全国最下位。こういう極端な片寄りはおかしいでしょ。鉄道路傍の整備率44位、道路の整備率全国最下位。遅れているところは、ますます遅れていればいいんだ。結果として命が助けられていない」とも。

 そんな地方の声、地方の現実が、東京に届いた一つの現れでしょうか・・・

 平成22年2月13日の車座談義の様子はコチラです。

|

« アロハの音が 笑顔が サンポートを埋め尽くします | トップページ | いよいよ明日 開催! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48441512

この記事へのトラックバック一覧です: 最低限のコンクリートさえない所が四国にはある:

« アロハの音が 笑顔が サンポートを埋め尽くします | トップページ | いよいよ明日 開催! »