« 開園55周年 玉藻公園 | トップページ | ここにもトミカの技術が光ります »

四国の祭り人のコラボです

100508cimg0465  今日5月8日(土)9日(日)は、サンポート高松の多目的広場で「四国の祭り2010」と、隣接するA1街区で「四国のB級グルメ屋台村」が開催されています。

 「四国の祭り」の初日は、高松市役所吹奏楽団によるオープニングに始まり、愛媛からは「西条だんじり」、徳島から「阿波踊り」、高知から「よさこい」が披露されます。

 

100508fitcimg0278  

100508cimg0271  私が会場に着いた15時30分頃のステージでは、「RNCラジオまつり」として、各番組のパーソナリティーによる「四国の祭り」会場からの生放送も行われました。

100508cimg0273  会場沖の瀬戸内海には、暖かい日差しと心地よい風を受けたヨットの進む姿を、数多く見ることが出来ました。

100508cimg0304  目を多目的広場に戻すと、「徳島文理大学連」の方々による阿波踊りが始まりました。

 今日は、大学のサークル仲間の中から2年生から4年生までの約50名の方々に来て頂き、踊りの披露です。

100508cimg0310  ひと踊りが終了したところで、2年生の連長へのインタビューです。

 サークルの団員は百名ほどおり、その8割方は女性だそうです。

 一連の踊りの披露が終わったあとは、会場の人たちと一緒に阿波踊りです。

100508cimg0321  「踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃ 損 損

 西条だんじりの舁き夫(かきふ)の人たちも一緒に、阿波踊りを楽しみました。

 

 

100508cimg0294  いよいよ「西条だんじり」のお披露目スタートです。

100508cimg0331  西条市から、6台の大型バスで舁き夫の人たちと、5台のだんじりも分解され、3台のトラックで会場入りしていました。

 まずは、「朝日町」のだんじりからスタートし、「錦町」「加美町」「えびす」「いのうえ」だんじりと、順に1台ずつ披露です。

 

100508cimg0340  「錦町」だんじりは、ステージまで上がってのかき上げで、途中ヒヤッとする瞬間もありましたが・・・。

 

100508cimg0350  「加美町」だんじりが、観客ぎりぎりの場所で、合同庁舎をバックにかき上げです。

 

 えびす青年団の法被を着ている後ろ姿。法被の下に見えている鮮やか青色の着物に見覚えがありませんか?

100508cimg0361  そうです、阿波踊りを披露してくれた徳島文理大学連の踊り子達です。

 だんじりを、一緒に楽しんで頂いていました。

 

100508cimg0367m  5台目となる「いのうえ」だんじりの紹介では、「だんじりをやりたくて、旦那さんが個人でだんじりを買った」と。

 また、奥さんへのインタビューでは、「最初は理解できなかった」との話も・・・。

100508cimg0372m  でも、奥さんの手のビデオカメラはシッカリとだんじりの姿を追い、また、だんじりを買った時に奥さんのお腹の中にいたお子さんは、すでに太鼓の練習を始めているとの紹介もありました。

 

100508cimg0392  最後は、5台のだんじり全てでかき比べです。

 観客とだんじりの披露をする場所を区切る、スタッフの方々が手にする寅ロープぎりぎりまで迫ってのだんじりのかき比べや、かき上げからの体制変化の際にだんじりの大きく傾く迫力は、圧巻です。

 

100508cimg0403  続いては、「ひとひら」の方々による「よさこい鳴子踊り」です。

 巫女さん達による鳴子踊りです。

 鳴子も一般の物より柄の長い物を使い、これまでの鳴子とは違った鳴子踊りを目指しているそうです。

100508cimg0418  男性の踊りが、格好良く決まっています。

 また、踊っている人たちの笑顔や表情の良さが、とても爽やかに、格好良く見えました。

 

100508cimg0423  ステージに再度「徳島文理大学連」の方々が現れ、阿波踊りの披露です。

 狭いステージの中で、最初は全員で、次は女形の方だけ、次は男方、最後はまた全員でと、狭いステージをうまく使いながら、迫力のある踊りを披露頂きました。

 

100508cimg0434 100508cimg0437  日も傾き、辺りが少し暗くなり始めた頃、エンディングは百個以上の提灯を灯しただんじりによるかき比べです。

 電球ではなく、ロウソクを灯した提灯は、だんじりの激しい動きのために瞬き、また、その瞬く提灯の灯りが風情を盛り上げます。

100508cimg0438 100508cimg0439  ここまで来ると、西条祭りの本番と同様、だんじりがどのような動きをするのか、いつになったら終わるのか、各だんじり、各舁き夫の気持ちが収まるのを待つしかありません。

100508cimg0440  予定の終了時間19時を10分ほど過ぎた頃、ようやく5台のだんじりは多目的広場を後にしました。

100508cimg0448  舁き夫の方々など、だんじりの組み立て、披露、片づけと、本当に有難うございました。

 

100508cimg0419  明日9日(日)は、オープニングには讃岐まんのう太鼓保存会の方々による「讃岐まんのう太鼓」の披露です。

 また、徳島からは娯茶平連新のんき連の方々による「阿波踊り」、高知からは上町よさこい鳴子連とらっく(社)高知県トラック協会の方々による「よさこい」、香川からは氷上神社重元石ケ坪大獅子保存会の方々による「三木町の大獅子」、香川からは馬木幟さし保存会の方々による「幟さし・ヤッシッシ」が披露される予定です。

 

 四国のB級グルメ屋台村で、「ホルモンうどん」や様々な味を楽しみながら、四国の祭りのコラボをお楽しみ下さい。

100508fitcimg0297  

|

« 開園55周年 玉藻公園 | トップページ | ここにもトミカの技術が光ります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48317234

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の祭り人のコラボです:

« 開園55周年 玉藻公園 | トップページ | ここにもトミカの技術が光ります »