« 1日早い入港 しんかい6500 | トップページ | 道路管理者に何が求められるか »

綺麗な海を守り 深海の謎を解く

Cimg0863  5月22日(土)に始まった「船の祭典2010」も、残すところあと1週間。

 今日は、世界一の潜水深度を誇る有人潜水調査船しんかい6500」とその支援母船よこすか」、また、国土交通省の海面清掃兼油回収船わしゅう」の一般公開がありました。

 「しんかい6500」の一般公開は10時からの予定でしたが、多くの見学者の方々が集まったためか、私が到着した9時40分頃にはもう、「しんかい6500」のまわりに見学者の姿を見ることが出来ます。

Fitcimg0934p  

 安全確保のため、船内の混雑度を見ながら乗船のタイミングを調整しています。ちょうど私の3人前で「ちょっと待ってください」と・・・。

Cimg0873  乗船すると、まずは5階のブリッジ、総合司令室、4階の会議室、3階の食堂、そしていよいよ「しんかい6500」の格納されている船尾方向へ。

 耐圧殻こそ覗くことは出来ませんが、船体の一部はカバーが外され、透明アクリル板越しに、内部の構造を見ることが出来ます。

Cimg0902  そばにいる操船要員の方? に、「これまでの大きなトラブルとかは?」と質問をすると。

 「ブラックアウト(電気系統のトラブル、ブレーカーが落ちるようなもの)がありました」と。

 1989年製と、もう20年も経っていることから、電気系統のハンダ付けの劣化が原因だったそうです。

 今は、全てのハンダ付け箇所をやりかえたそうですが、電気トラブルが生じると、自動的にバラスト(おもり)の固定装置が解除され、「しんかい6500」は自分の浮力により浮上してくるそうです。

 フェールセーフの設計ですね。

Cimg0907  電池を含めケーブルなど電気系統は全て、絶縁オイルの中にドブ漬けされ、海水の圧力とバランスしながら、絶縁が保持できるよう工夫されています。

 浮力体も特殊です。1平方センチメートル当たり680キロの圧力がかかることから、直径100ミクロンのガラスの粒(マイクロバルーン)を樹脂で固めた物が使われています。

 

Cimg1047  この一般公開に合わせて、13時30分から「e-とぴあ・かがわ」で、しんかい6500の初代パイロット長の田代省三さんによる「深海の不思議セミナー」が開かれました。

 深海の不思議な生き物の話、月なんかより海はわからないことだらけ、人工衛星から地上の様子は簡単に撮影できるけど、深海の撮影は容易には出来ない、生命誕生の源は海底からわき出る「熱水」かも知れないなど、あっという間の1時間でした。

Cimg1046  その後の質疑では、子どもから「しんかいの操縦は難しいですか?」といった質問や、大人から「無人の潜水調査船があるのに、有人潜水調査船で行く意味があるのか?」といった、事業仕分けのような質問などにも、田代さんはわかりやすく説明いただき、子ども達に深海の魅力を十二分に伝えていただきました。

 

Cimg0940  また、「よこすか」のすぐ隣では、国土交通省の「わしゅう」も一般公開されています。

 操舵室、油水回収器、ゴミ回収コンテナやグラブなど、間近に見ることが出来ました。

Cimg0958  「よこすか」も時折隣をフェリーが通過した時でしょうか、フワリと揺れることがありましたが、「わしゅう」では、船が小さい分、揺れも大きく感じられました。

 

 見学や説明に対応いただきました職員の皆さん、ありがとうございました。

 「よこすか」や「しんかい6500」「わしゅう」の様子をまとめてみました。
「100606_sinkai6500.pdf」をダウンロード (326KB)
「100606_wasyuu.pdf」をダウンロード (322KB)

 また、「深海の不思議セミナー」の様子はこちらです。
「100606_seminar.pdf」をダウンロード (794B)

 

追伸:多目的広場では、第4回 アルッテ芸術祭が行われていました。

Aru'teとは、香川県をもっと元気にしよう! をテーマに、フリーペーパーの発刊、イベントの開催など「I LOVE 香川!」の思いを反映したコミュニティを創出している有志の団体のことだそうです。

今年、第4回のテーマは「楽しさをバクハツさせよう」で、10000人香川県民歌大合唱!や、香川のゆるキャラ大行進!、ステージパフォーマンス(ダンス、演奏、ファッションショーなど)など、様々なイベントが行われていました。

Fitcimg1034

|

« 1日早い入港 しんかい6500 | トップページ | 道路管理者に何が求められるか »

勉強」カテゴリの記事

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48562819

この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗な海を守り 深海の謎を解く:

« 1日早い入港 しんかい6500 | トップページ | 道路管理者に何が求められるか »