« 第一木曜日です | トップページ | 1日早い入港 しんかい6500 »

危機管理は 連携 ネットワークが大事

 今日は、昨日から始まった「危機管理研修」の二日目です。

 7~8人の班に分かれての課題討議と全体発表でした。

 テーマは二つ。

○テーマ1 危機管理広報のあり方
・国民に対して行政が行う危機管理に関する広報のうち、国民がそれを真摯に受け止めて的確な行動をとるインセンティブとなるような津波(本年2月27日のような遠地地震津波に対して)に関する広報のあり方について提案して下さい。

○テーマ2 緊急輸送対策について
・東海・東南海・南海地震が発生した場合の緊急輸送の円滑な実施のために、関係機関が連携して事態に対処できるよう、事前に準備しておかなければならない事項について検討し提案して下さい。

 各班10分間の発表ののち10分間程度の質疑と意見交換。5班全ての発表と質疑が終わったところで全体討議です。

 全体討議では、最も住民の方に近いところで危機管理、防災対応をされている市の職員の方から、現状など、興味深い話をしていただきました。

 市や県、国、また国の中でもさまざまな機関の職員が集まっての研修。修了式での山本教授の挨拶は、「二日間の研修で出来たネットワークを活かして欲しい」の言葉でした。

 全体討議の様子をメモにまとめました。
「100603pm.pdf」をダウンロード (105KB)

|

« 第一木曜日です | トップページ | 1日早い入港 しんかい6500 »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48541575

この記事へのトラックバック一覧です: 危機管理は 連携 ネットワークが大事:

« 第一木曜日です | トップページ | 1日早い入港 しんかい6500 »