« 道路管理者に何が求められるか | トップページ | 最近、感動したことはどんなことですか »

せとしるべが観ている景色って・・・

100612cimg1084  船の祭典2010も、明日6月13日(日)で終了となります。

 今日6月12日(土)は、「赤灯台」こと「高松港玉藻防波堤灯台」の一般公開です。

 高松港のシンボルであり、「せとしるべ」の愛称で親しまれている赤いガラスブロック造りの灯台です。

 午前10時から午後4時までの公開で、15分間隔で10人ずつ、限定240名限りの見学です。

 灯台内は狭く、一般の方が入ることを想定した作りでないことから、ヘルメットを着用し、垂直のハシゴを上がれるよう、スカートやハイヒールの方、小さい子どもは残念ですが灯台に上がれません。

 防波堤の付け根の部分の2万トンバースのエプロンにある海上保安庁の紹介コーナーのテントで入場整理券を配っていたのですが、せとしらべの一般公開を知らずに防波堤を散策されている方からの見学希望には、「申し訳ありませんが往復で1キロメートルかかりますが、海上保安庁のテントで整理券を受け取ってきてください」と・・・。

100612cimg1082  整理券が要ることは知っていたのですが、どのテントかわからず、2万トンバースの辺りをウロウロ。10時頃にテントに着き、10時45分からの整理券をいただき、5分前にはせとしらべの現地に集合とのこと。

 

100612cimg1063 今日の午後一版公開が予定されている大型練習巡視船みうら」の接岸作業を見学しながら時間調整です。

100612cimg1080  みうらの船尾には多くの実習生の方々の姿が見え、係船のためのロープのやり取り、確認の元気なかけ声が聞こえてきます。

 その声の中には、時折、女性実習生の方の声も聞こえてきました。

 みうらに面するエプロンでは、何か式典があるのでしょうか、多くの椅子やじゅうたんが敷かれ、段取りの確認が行われています。

100612fitcimg1070  

 おっと、そろそろせとしるべに向かわないと予定の時間に遅れてしまいます。

 

100612cimg1109  防波堤を歩いていると、「伴走者」のゼッケンを着けた方が握るリボンを頼りに、せとしるべまで走っていく人たちを多く見かけました。

 伴走の方は「何かやっていますねぇ。灯台の一般公開のようです」と、まわりの様子を説明されながら走っていきます。

 釣り人や散策をされる方々、さらには一般公開の見学者が待機している突堤先端付近では速度を落とされ、しばし、風や潮の香りを楽しまれているようでした。

100612cimg1111  さあ、ヘルメットをかぶって、いよいよ灯台に登ります。少し身体の大きめのご婦人の方が、「私がつっかえると迷惑をかけるので、私は最後からいきます」と・・・。

100612cimg1135  灯台の1階部分には、バッテリーとランプの制御装置(明を3秒、暗を3秒)が据え付けられています。

 垂直のハシゴを登っていきます。安全のため、4段に切り分けられたハシゴを、前の方が上がりきるのを確認しながら登っていきます。

100612cimg1116  最後の登り口は、肩幅もないような開口部で、身体をひねりながら登っていかないと、通れません。

 背中に背負ったリュックサックが引っかかりながらも何とか登りきり、赤いカバーのかかった電球の脇を通り、外に出ます。

 風の爽やかさと、目の前をフェリーが行き来する様子は、見学の順番を待った甲斐があります。赤い照明設備をバックに記念撮影をしたり、下で待っている家族に手を振る親子など、約10分間の見学を堪能します。

 高さ約13メートルの灯台からサンポートの方角を見ると、違った街に来ているような錯覚を感じるほどの光景が、私たちを出迎えてくれます。夜この景色を観ることが出来れば、また、違った感動を覚えることでしょうねぇ。その疑似体験が、「せとしるべ」のホームページで体験することが出来ます。

100612fitcimg1120  でも、この景色と、ホームページの景色はちょっと街と突堤の位置関係がずれているような・・・。

 

100612cimg1119 今日は、暗くならないと点灯しないランプを、見学中の昼間も点灯してくれています。

 「この程度の明るさでもいいのかなぁ」と心配になるほどの明るさですが、レンズを組み合わせ、遠くまで光が上下に広がることなく届くよう工夫されているそうです。

 ランプの付け根には自動電球交換装置が付いています。電球が切れると、予備の電球に自動的に交換されます。

 でも、自動電球交換装置が作動しても、管理室にアラームが鳴るとかいうことはないそうです。次の定期点検の際に、切れた電球を交換するそうです。

 

100612cimg1147  そんな見学を終え、2万トンバースに戻ると、瀬戸内海巡回診療船済生丸」の一般公開が始まっていました。

 ただ、今日は次の予定があり、もう帰らなければいけません。残念!!

 

 せとしるべの一般公開の様子などを画像でまとめてみました。
「100612_setosirabe.pdf」をダウンロード (977KB)
「100612_miura.pdf」をダウンロード (935KB)

|

« 道路管理者に何が求められるか | トップページ | 最近、感動したことはどんなことですか »

画像で綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48620073

この記事へのトラックバック一覧です: せとしるべが観ている景色って・・・:

« 道路管理者に何が求められるか | トップページ | 最近、感動したことはどんなことですか »