« 長い汽笛を一度だけ | トップページ | 職場によって 危機管理もさまざま »

何事にも ありがとう そんなことに気付いて

100601cimg0826  朝の通勤で、ふと紫陽花がきれいに咲いていることに気がつきました。

 今日から6月、梅雨入りも間もなくです。

 雨降りが紫陽花には似合うと思いませんか? でも、水不足にならない程度、程々の雨で降って欲しいなあとと、ついつい思ってしまいます。

 映画監督の大林監督が、対談の時に話してくれたことを思い出しました。

 「僕の映画には雨降りの場面が多いんです。他の監督は、日差しを気にし、晴れるまで撮影を待ったりするけれど、僕は違うんです。晴れの日も雨の日も、どっちも大切でしょう。晴ればかりでは水不足になっちゃうし、雨ばかりでも困っちゃう。だから、晴れれば晴れたように、雨が降れば雨が降るように、撮影をする。それが自然でしょう。あいにくの雨と言ったら雨がかわいそう

 人はついつい自分のこと、今のことだけを考えて、一喜一憂してしまいます

 雨が降るから水を得ることが出来、晴れが続くことで様々な植物が育ち、洪水だって山や川をリフレッシュする効果があったり、上手につきあっていく知恵や気持ちが大事です。

 

100601cimg0822  栗林公園正門前の地下通路で、「感謝の気持ちをこめて 花束プレゼント」の文字が目に飛び込んできました。

100601cimg0823  「母の日」「父の日」「地域の方へ感謝の日」を意識しての作品でしょうか。

 おうちの人、地域の方、まわりの方へ ありがとうの気持ちを花束にして

 栗林小学校2年生の子ども達の作品です。

100601cimg0824  どうですか? ひとりひとり、様々な花の表現があるものですね。お母さんの好きな花などをイメージして、一生懸命書いてくれたのでしょうね。

 殺風景な地下通路を、楽しく、華やかな通路にしてくれています。

 人は一人では生きていけません。いろんな人と関わりながら、いろんな人に助けられながら今があることを、自分があることを、こんなところからも、子ども達は感じ取り、わかっていってくれることでしょう。

|

« 長い汽笛を一度だけ | トップページ | 職場によって 危機管理もさまざま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48518370

この記事へのトラックバック一覧です: 何事にも ありがとう そんなことに気付いて:

« 長い汽笛を一度だけ | トップページ | 職場によって 危機管理もさまざま »