« 知りもしないで | トップページ | 入札契約の適正化 地域主権を目指して »

2017年12月 南海地震発生!?

100710cimg1377  今日、平成22年7月10日(土) 、高知県南国市十市まで出かけてきました。

 というのは、十市にある「高知県建設職業能力開発短期大学校」で行われる、「高知県地震防災研究会 2010年度 技術発表会」に参加するためです。

 

100710cimg1388  会場に早く着いたので、あたりを散策してみると、津波に対する備えを見つけることが出来ました。

 海岸に近いこの地で見つけた避難地案内板には津波のための避難所が書かれ、また、電信柱には、「予想津波高さ6m」の文字と共に地盤高さが表示されています。

100710cimg1395  きっと、防災訓練の中、生活の中で、地震や津波への備えは、大きなポイントとして捉えられているのでしょうね。

 

 さて、技術発表会の始まりです。

 プログラムとしては、

・開会挨拶 ・・ 高知県地震防災研究会 会長 吉川正昭
・南海トラフにおけるReal-time Seismology(海溝型巨大地震研究と防災対策の高度化を目指して) ・・ 海洋研究開発機構 金田義行(理学博士)
・地震予知その2(次の南海地震は予知できるか?) ・・ 中村和弘(技術士)
・高知0m地帯(下知・江の口地区)の津波避難は可能か? ・・ 岡田知己(技術士)
・大地震が近づいている?・・・最近発生した被害地震の紹介 ・・ 沖克也
・我が家は安全か? ・・ 吉川正昭(工学博士・技術士)
・閉会挨拶 ・・ 高知県地震防災研究会 事務局長 小川修
・時間予測モデルによる南海地震の発生時期予測 ・・ 山本たくみ

です。

○開会挨拶

100710cimg1405  高知県地震防災研究会の吉川会長からは、「一人の百人力より、百人の一人力の方が大事、協力が大事と考えている。南海地震に対してイメージトレーニングをし、最新の情報を知り、対策を」、そんな開会挨拶がありました。

 

○南海トラフにおけるReal-time Seismology

100710cimg1406  海洋研究開発機構 金田義行さんからは、次のような話を聞けました。

・過去2回の南海地震は、東南海地震が前兆として起きているのも事実。
・スロー地震群の発生場所、発生特性から南海地震などとの関係について調査、観測し、
地球シミュレータ(スーパーコンピュータ)を用いた計算により再現が可能。
・地震研究の成果は、地震防災に貢献出来なければ行けない。大阪市、名古屋市、
高知市に行政や地元を交えた研究会を設け検討中。
・地震・津波観測監視システム「
DONET」により、現象の解明。
・地震即時検知能力の向上により、5分~10分間の時間が稼げる → 避難が可能
・「
ちきゅう」により、外科的に地球の内部構造を探っている。

 

○地震予知その2(次の南海地震は予知できるか?)

 第一コンサルタンツの中村さんからは、「宏観異常現象」に基づく地震予知や、歴史的史実に基づく予測などのお話がありました。その中では、

・歴史史実からの予測では、次の南海地震は2018年。
・大気イオン濃度の変化を観測する装置が高知工科大学にも設置された。

そんな話もありました。

 

○我が家は安全か?

 会長の吉川さんからは、「地震被害には5つある」「地震工学は経験工学」といった話や、せっかくの地震大国日本の耐震技術が、長い地震の静穏期のため「安全神話」が起き、耐震よりコスト削減を選んでしまった日本人の歴史について話されました。

 

100710cimg1403  その他には、具体の調査フィールドに対して、津波からの避難に近隣の丈夫な高層ビルを使おうとした場合の可能性や課題についての検討報告、最近の環太平洋で発生した地震被害の状況報告などがありました。

 

100710cimg1404  南海地震がいつ起きるかの研究や議論はまだまだ続きます。

 様々な学説、提案がある中でも、みんなの共通認識は、「近々に南海地震が必ず起きる」ということではないでしょうか。

 何月何日何時何分に起きるとの予測は無理としても、起きそうな前兆や、起きてからの揺れや津波が到達するまでの時間をいかに被害軽減につなげられるか、事前の準備にかかっているということではないでしょうか。

 

 今日から、たった今から出来る事があります。

 身の回りの危険、地震時の行動、連絡手段などについて家族会議を開きませんか。

 技術発表会の様子をメモにまとめました。
「100710_zisin.pdf」をダウンロード (628KB)

|

« 知りもしないで | トップページ | 入札契約の適正化 地域主権を目指して »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48851996

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年12月 南海地震発生!?:

« 知りもしないで | トップページ | 入札契約の適正化 地域主権を目指して »