« 入札契約の適正化 地域主権を目指して | トップページ | サンポート高松 多目的広場の七変化 »

梅雨と夏の境界線

100715cimg1420  朝、出勤時に、宿舎の非常階段のドアで見つけたです。

 小柄の蝉ですが、ここのところずっと続いている雨から、ここに避難してきたのでしょうか。

 もう来週から子ども達は夏休み。蝉の鳴く声が、早朝から響き渡るのももう間もなくです。

 

100715cimg1421  職場のある高松サンポートのシンボルタワーのスナップです。

 高さ151メートルのシンボルタワーの上部は、梅雨末期の霧の中にかすんでいます。

 朝8時過ぎだというのに、街灯がまだ灯り、薄暗い一日の始まりです。

 

100715cimg1425  こちらは、帰り道、中央通りにある地下通路での午後9時前のスナップです。

 大勢の子ども達が、マイケルジャクソンのスリラーの曲に合わせて、ダンスを練習しています。

 地下通路の壁面に設けてあるイルミネーション付のミラー状のモニュメントが、この空間をダンススタジオへと変身させています。

 発表会が近いのでしょうか?

 夏休みも、梅雨明けも、もう目の前です。

 皆さんは、どんな夏を迎えられますか、計画されていますか・・・

|

« 入札契約の適正化 地域主権を目指して | トップページ | サンポート高松 多目的広場の七変化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48887796

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨と夏の境界線:

« 入札契約の適正化 地域主権を目指して | トップページ | サンポート高松 多目的広場の七変化 »