« 梅雨と夏の境界線 | トップページ | 雷と梅雨明け »

サンポート高松 多目的広場の七変化

100716cimg1431  サンポート高松の多目的広場にが出現しました。

100716cimg1262  昼間、噴水が出ている様子や、そのまわりで子ども達が遊んでいる様子を見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 でも、その時の水がたまっている範囲は20m×16m程です。

 それが、夜になると、倍以上の50m×40m程度の大きな湖に広がるのです。

 それで、出来上がった湖に映った夜景が上のスナップです。

100716cimg0135  左のスナップは、同じ多目的広場でのサンサン祭りの様子ですが、写真中央の6×6のグレーチングが噴水装置で、そのまわりの白っぽい部分がいつも皆さんが見ている水のたまっている範囲です。

 それが、その白い部分の外側に少し灰色っぽい範囲がありますが、この範囲まで水がたまっているのが上のスナップの状況です。

 この時にも、小さな子どもが水と戯れていました。そばからお母さんの声が聞こえてきます。ずぶ濡れになった服をすべて着替えて帰れるように、着替えをしっかり持って来ているような会話でした。

 暑い中、子どもにせがまれ、着替えを用意して出ていらっしゃったのでしょう・・・。

 夏本番、涼しさを、水を求めて、子ども達のパワーはとどまることを知りません。

 
追伸:小さなものが「」で、大きなものが「」だそうですから、この大きさでは「湖」との表現は間違いでしょうが、みなさんの持っている「池」と「湖」のイメージってどうですか?

|

« 梅雨と夏の境界線 | トップページ | 雷と梅雨明け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/48896756

この記事へのトラックバック一覧です: サンポート高松 多目的広場の七変化:

« 梅雨と夏の境界線 | トップページ | 雷と梅雨明け »