« こんな時には 神経内科へ | トップページ | 夢がたくさん開きました »

家族会議のためにも資料を・・・

100903cimg2284  先週、9月3日(金)、多度津町の町民健康センターに出向き、防災ボランティア養成講習会の一環として「防災」について話をしてきました。

 防災ボランティア養成講習会の案内チラシには、「突然災害などにみまわれた際、自身や家族の命を守るため、その地域に住んでいる人々が様々な技術やネットワークを使い、被害を最小限に食い止めようとする活動が必要となってきます。町社教では、災害に対してのボランティア講習会を、下記の通り開催いたします。」との文字が・・・。

 3回の講習会で構成され、第1回は「AED講習会と非常食炊き出し体験」、第2回目が「防災学習」、第3回目が「香川県防災センター見学」となっています。

10090310340000  町民健康センターの多目的ホールには、幅広い年齢層の方々に集まっていただき、つたない私たちの1時間ほどの説明ののち、様々な意見や質問をいただきました。

 お住まいの地域の大雨の時の様子や水路掃除の不十分さ、下水道の話や地震の際の揺れの強さ、道路の異常を発見した際の対応など、予定時間を大幅にオーバーしてしまいました。

 その中で、こんなご意見をいただきました。

 「スライド(パワーポイント)を使いながらの説明でしたが、参考となる資料とかの配付はしてもらえないのか。今日聞いた話を、家族の者にしてやるのに、何か資料があると話をしやすい

 自分の説明の中で、「災害をイメージしてください」、「ぜひ、家族会議を開いてください」と言っておきながら、その家族会議に使える資料の準備や配布が出来ていなかったことを大いに反省しました。

 遅ればせながら、お話ししたポイントをレジュメにして、本日先方の事務局の方にメールしたしだいです。

 作成したレジュメは以下の通りです。
「100903_tadotsu.pdf」をダウンロード (128KB)

|

« こんな時には 神経内科へ | トップページ | 夢がたくさん開きました »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/49369604

この記事へのトラックバック一覧です: 家族会議のためにも資料を・・・:

« こんな時には 神経内科へ | トップページ | 夢がたくさん開きました »