« 転換期を迎えている地域・社会 | トップページ | 東京都パワー »

2グラムの積み重ね

100918cimg2364  今日と明日の2日間、この春から大学生となった娘のいる東京へ1泊2日の旅です。

 都心のアパート暮らしゆえ、ワンルームの限られたスペースの中で自炊で頑張ってくれています。

 なので、少しでも部屋を広く使えればと、TV、HDDレコーダー、コンポ、PS2、本やCDなどなどをスッキリ収納できるよう、この夏、多目的棚を製作しました。

 今回の旅行は、この多目的棚の再組み立てと部屋の模様替えの手伝いに、奥さんと二人で飛行機の旅です。

 飛行機に乗るのは5年ぶりでした。そこで気がついたことが、これです。

100918cimg2358  客室窓の日よけが全て閉まっていました。「夏の暑さよけかな」と思いながら、約1時間の飛行機の旅。

 羽田空港に到着し、客室乗務員の方からの搭乗の御礼のアナウンスの後、「空のエコ活動に取組中です。駐機中に日よけを閉めていただくことで、機内の温度上昇が抑えられ、空調により発生するCO2の発生量を減らせます。ご協力いただけるお客様は日よけを下ろしていただけますようお願いいたします」と。

 インターネットで調べてみると、JALでは2008年にエコ宣言を行い、様々な取組を実施中で、その中の一つに日よけを下ろすことがありました。2009年7月に試行しそのCO2の削減効果を確認できたことから、今年から本格実施を行っているところとのことでした。

100918cimg2361  そのような取組の中には、軽量化への取組として、客室乗務員の手荷物(化粧品の小分け、飲料水の現地調達などにより一人あたり2.5kgの削減を目標)や、機内食用のスプーンやホークの軽量化(1本あたり2gの軽量化)などもあります。

 この様な小さな工夫の積み重ねで、環境負荷を減らしてくれているんですね。

 JALの「空のエコ宣言」については、こちらを参照下さい。

|

« 転換期を迎えている地域・社会 | トップページ | 東京都パワー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/49502461

この記事へのトラックバック一覧です: 2グラムの積み重ね:

« 転換期を迎えている地域・社会 | トップページ | 東京都パワー »