« 自閉症 最大の治療薬は親 その親をどう指導するか | トップページ | 夜の祭典 あれこれ »

おやじ達の知恵、行動力を地域資源として

101219cimg3979  平成22年12月19日(日)、香川県立ミュージアム講堂で、さぬきおやじ連合と香川県教育委員会の主催で行われた「おやじサミット in かがわ」に参加してきました。

 おやじの会とは、「地域の子どもは、地域で育てる」を合い言葉に地域のお父さん方が子どもたちの活動支援や、地域活動している集まりです。現在全国では4,000ものおやじの会があり、香川県内には約35の団体が各地で活躍しています。

 香川県は、2003年の「全国おやじサミット」の第1回の開催地だそうです。

 サミットのプログラムは下記のとおりです。

・主催者挨拶
 

101219cimg3990 ・おやじ講演会「おやじの暮らしとこれからのまちづくり」
  濱砂清(NPO法人男女・子育て環境改善研究所 副理事長)
 

・おやじトーク「おやじにここが言いたい!」
  コーディネーター
   清國祐二(香川大学生涯学習教育研究センター教授)
  コメンテーター
   浜田恵造(香川県知事)
   濱砂清(NPO法人男女・子育て環境改善研究所 副理事長)
   三野八重子(香川県PTA連絡協議会副会長)
   中橋恵美子(NPO法人わははネット代表)
   荻田裕之(まんのう町立仲南小学校長)

 おやじトークでは、コメンテーターからの質問や意見に、フロアに集まったおやじの会の会長たちなどが答えます。

101219fitcimg4013  

 おやじは、企業戦士として身に着けている、おやじ達の知恵、行動力を、地域資源として得意分野を活かせる可能性を持っています。

 その反面、超高齢化社会のなかで、おやじの居場所と生き甲斐づくりの活動とは、なんでしょうか。

 そんなことの答えの一つが「おやじの会」ではないでしょうか。

 自分達で出来ることはやっていかないと成り立たない社会が、もう目の前に迫っています。

 そんな社会への答えの一つが「おやじの会」ではないでしょうか。

 サミットの様子をまとめました。
「101219_oyazi.pdf」をダウンロード (779KB)

|

« 自閉症 最大の治療薬は親 その親をどう指導するか | トップページ | 夜の祭典 あれこれ »

勉強」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/50364240

この記事へのトラックバック一覧です: おやじ達の知恵、行動力を地域資源として:

« 自閉症 最大の治療薬は親 その親をどう指導するか | トップページ | 夜の祭典 あれこれ »