« セクハラのない働きやすい職場を | トップページ | 年末と 年始が 同居の今の時期です »

実は違ったファインディング・ニモ そのクマノミの実態

101211cimg3916  平成22年12月11日(土) 、高松シンボルタワー棟5階の「e-とぴあ・かがわ BBスクエア」で行われた、ナチュラルヒストリーの基礎講座「クマノミの性転換と社会的順位制」に参加してきました。

 この基礎講座は、「みんなでつくる自然史博物館・香川」が、自然や生き物についての基礎的な知識や文化的なことがらを、わかりやすく学習する機会として、「ナチュラルヒストリー基礎講座」として開催しているものです。

 平成22年度は4回シリーズ(生物多様性セミナー)としての開催で、今回はその第3回目。定員50名のところに40名程度の参加者でしたが、知識のある方々の参加が多いようで、質疑の時間では多くの質問が出されました。

 特に、アニメ映画「ファインディング・ニモ」の主役となったクマノミがテーマゆえ、みなさん興味深く受講していました。

101211cimg3908  講師は、香川大学教育学部准教授で、動物社会学、魚類の社会行動に関する研究をしている松本一範さんです。

 「ファインディング・ニモ」では、家族、父子として描かれているカクレクマノミの一家ですが、実際のクマノミは、オスとメスの夫婦のペアと、そのペアの子どもではない幼魚が一緒に暮らしている、これが現実だそうです。

 また、オスは、家族の中で自分が一番大きくなった時に性転換してメスになること、オスとメスのペアがいる家族の中の幼魚は、性別不確定のまま、順番を待っているそうです。

 そんな、アニメとは違うカクレクマノミの実態を2時間に渡りお話しいただきました。

 セミナーの様子をメモにまとめました。
「101211_clownfish.pdf」をダウンロード (237KB)

 第4回は、「四国のツキノワグマ」と題し、四国自然史科学研究センター所長の谷地森秀二さんが講師です。

 第1回「久米通賢(くめ つうけん)による天体観測と測量」の様子はこちら

 第2回「21世紀の自然史博物館 ~市民と自然の家~」の様子はこちら

|

« セクハラのない働きやすい職場を | トップページ | 年末と 年始が 同居の今の時期です »

ペット」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/50279539

この記事へのトラックバック一覧です: 実は違ったファインディング・ニモ そのクマノミの実態:

« セクハラのない働きやすい職場を | トップページ | 年末と 年始が 同居の今の時期です »