« 西条から高松へ その1年をふり返ると | トップページ | 年のはじめに »

元日から いろいろな発見と工夫が

110101cimg4193  午後から雨が降るとの天気予報を見たこと、例年午後の初詣で大変な混雑な事を思い、午前中に初詣に行こうと昨晩は早く寝ました。

 1月1日は栗林公園の無料入園の日です。

 石清尾八幡宮へ行くのに、少しだけ近道になることから、例年栗林公園内を東門から北門へと通り抜けていきます。

 栗林公園では、朝10時から年明けうどんの無料配布が先着1000個用意されているはずですが、そちらには顔を出さずに北門へ直行です。

 明日、2日には同じく朝10時から讃岐名物のあん入り雑煮が無料で先着450杯用意されるそうです。

110101cimg4197  石清尾八幡宮に到着すると、昼前という時間帯のせいか、例年より人は少ないように感じました。参道の入り口から一方通行、お宮に向かう階段は、安全のため、人数制限をしながらの誘導で、階段上で立ち止まるようなことが無いように気を配っていただいています。

 大きな特設の賽銭箱の中は、小額のコインばかりが目につき、世の中の不景気さを物語っているのでしょうか。

110101cimg4201  御守りを買い、おみくじを家族全員でひき、見つけた表示がこれです。

 単に「おみくじを結ばないで下さい」ではなく、「梅の蕾が痛みますので おみくじを結ばないで」とは、なぜ結ばないで欲しいのかが伝わり、また、梅の蕾を愛でようと思わせるうまい表現だと思いませんか。

 宿舎に戻ると年賀状が届いていました。

 年に一度のご挨拶 そんな方が多いのですが、みんなこれといって同じ図柄のうさぎがないのには感心します。

110101cimg4211  そんな中、おやっと思うことが二つありました。

 一つは、葉書に薄いもも色とうぐいす色のついた年賀状が混じっていること、もう一つは、宛先の住所が無く「配達地域指定」の表示があるダイレクトメールが混じっていることです。

 色つきの年賀状は、「いろどり年賀」と呼ばれる商品だそうで、インクジェット紙として年賀状全体の5%程の枚数が販売されているようです。

 「配達地域指定」の表示のある年賀状は「年賀タウンメール」と言う商品のようで、差し出される方が指定した配達地域の全ての配達箇所に対して、あて名の記載を省略した年賀葉書を元日に一般の年賀状とともに配達するサービスだそうです。

 いろいろなサービス、年賀状のあり方が工夫されていたんですね。

|

« 西条から高松へ その1年をふり返ると | トップページ | 年のはじめに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/50466783

この記事へのトラックバック一覧です: 元日から いろいろな発見と工夫が:

« 西条から高松へ その1年をふり返ると | トップページ | 年のはじめに »