« 変化が気づかせてくれること | トップページ | 豊かな心を育むために・・・ »

秋葉原の部品で人工衛星が!

110106cimg4298 平成23年1月6日(木)、サンポートホール高松5階の54会議室で、東京大学の超小型衛星センターと香川大学の共催で行われた、「超小型衛星利用開拓×瀬戸内ワークショップ」に参加してきました。

 「誰もが参入できる新しい宇宙産業の創造を目指す」とのサブタイトルがつけられています。

 これまでの中・大型衛星は、国家プロジェクトとして取り組まなければならないほど高コストな事業で、民間の事業ベースとはなりえませんでした。

 超小型衛星、かつ、「ほどよし信頼性工学」を用いることで、超低コスト・短期開発が可能な人工衛星を作り出すことが出来る。この超小型衛星により、新しい宇宙開発・利用が可能となり、民間や個人の参画が可能な宇宙開発・利用パラダイムが構築できる。

 この様に民間事業ベースとするには、超小型衛星の開発と共に、超小型衛星にどのような使い方が出来るのか、その利用方法を開拓しなければ「継続的な事業化」とはなりえません。

 そのためには、「こんなことをしたい」、「こんなことが出来ないか」といった様々なアイデアが出されることが必要で、「国際シンポジウム」、「ミッションアイデアコンテスト」、「スペースビジネスナイト」、さらには今回のワークショップのような「利用開拓ワークショップ」を開催してきているそうです。

 今回はワークショップを香川で開催することとなり、瀬戸内海地域での現状・課題をリサーチし、衛星を利活用したソリューション(シナリオ)を紹介することで、現場のニーズにうまく合致するような衛星の利活用方法についての考えを参加者と共に深めていくことを目的としています。

 秋葉原で買った民製部品で作り上げた超小型衛星が、7年経った今も動き続けているという実績があるそうです。

 目的を絞り込めば超小型衛星で出来ること、低コストの超小型衛星だから数多く打ち上げられることで生まれる新しい使い方がありそうです。

 ここにも、軽薄短小の得意な日本の技術が活かせ、資源の無い日本だからこそ取り組まなければならない事業(技術)がありそうです。

110106cimg4277  ワークショップの中では、衛星の動きを再現することが出来る模型の実演も交え、林業、農業、漁業、教育、防災など様々な視点で取組や瀬戸内海の課題が紹介されました。

 プログラムは以下の通りです。

○開会式 司会:能見公博氏(香川大学工学部 准教授)
 一井眞比古(香川大学長)
 中須賀真一(東京大学 教授、超小型衛星センター代表)

○基調講演
「超小型衛星による新しいパラダイムの構築
 ~内閣府最先端研究開発支援プログラムの目指すところ~」
  講演者:中須賀真一(東京大学教授、超小型衛星センター代表)

○セッション1 瀬戸内地域の現状と課題
 ~瀬戸内地域の環境が抱えている課題やそれに対する取り組みについて紹介します~
 人工衛星で海の現象を見つめる
  本城凡夫(香川大学瀬戸内圏研究センター長)
 瀬戸内海の環境診断・評価 ~瀬戸内海の環境資源の継承と活用のために~
  上嶋英機(広島工業大学工学部 教授)
 林業生産の低コスト化支援の情報基盤として人工衛星画像を利用する取り組み
  佐野俊和(広島県立林業技術センター)

○セッション2 ニーズに合わせて利活用される衛星
 ~衛星を利活用したソリューションの形について紹介します~
 小型衛星でできること
  林友直(東京大学 名誉教授)
 人工衛星画像を利用したソリューション提供事業の紹介
  横田耕一(株式会社五星)
 人工衛星データを用いた瀬戸内地域の環境情報解析
  野々村敦子(香川大学工学部 准教授)
 衛星ビジネスパイロットプロジェクトの紹介
  丹羽佳人(超小型衛星センター)

○閉会挨拶 能見公博(香川大学工学部 准教授)

 下記URLにおいて瀬戸内ワークショップの様子が配信されています
  http://www.ustream.tv/user/jisedaikumiai/shows

 また、ワークショップの様子をまとめました。
「110106_nanosat.pdf」をダウンロード (637KB)

|

« 変化が気づかせてくれること | トップページ | 豊かな心を育むために・・・ »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/50540336

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原の部品で人工衛星が!:

« 変化が気づかせてくれること | トップページ | 豊かな心を育むために・・・ »