« 青信号の間に横断歩道の清掃です | トップページ | 23時過ぎ タクシーの行列が・・・ »

東日本へ愛を ART SCRAMBLE・2011

110403cimg5042  いちばん苦しんだ場所がいちばん幸せになるように 今、じぶんたちにできること

 そんなメッセージがトップページに書かれているのが「アート・スクランブル 2011」のホームページです。

 東北地方太平洋沖地震の被災地の方々に対して、香川にいる私たちに何が出来るだろうかと、地元のアーティストの方々が集い、自分たちに出来る表現方法で、日本を元気にし、募金箱を設置し、被災地に元気と義援金を送れればとの思いで取り組まれたチャリ-ティーイベントです。

 ネット上の仮想のふれあいではなく、実際に人と人が出会い、そこで生身の対話を通じて、互いの気持ちを再確認したり、知恵を出し合ったり、そこに来た人が元気になれるよう、そんな場所の提供を目指した取り組みです。

 フリーマーケット、アートパフォーマンス、地元ミュージシャンによるライブなどが、旧新塩屋町小学校体育館で、行われました。

 この取り組みの中心となるトークショーには、24時間現場に貼り付き、会議室の寝袋で仮眠をとり、非常食と水だけで、断水で手洗いもトイレもままならない状況のもと、今回の地震により大津波で浸水した名取市などの排水作業にあたられた国土交通省四国地方整備局の緊急災害対策支援隊(TEC-FORCE)の隊員二川さんも出演しています。

 体育館の展示コーナーでは、国土交通省四国地方整備局の今回の地震に対する支援状況などの展示も行われました。

 トークショーや展示コーナーの様子などイベントの詳しい状況は、こちらを参照下さい。

|

« 青信号の間に横断歩道の清掃です | トップページ | 23時過ぎ タクシーの行列が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/51354518

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本へ愛を ART SCRAMBLE・2011:

« 青信号の間に横断歩道の清掃です | トップページ | 23時過ぎ タクシーの行列が・・・ »