« 出来ることがあるはずです | トップページ | 世界につながる 世界とつながる »

被災地ならではの現実も

110419cimg5581  今日は雨の中、暴風警報が発せられているなかでの現地調査でした。

 高速道路の温度計の表示は「6℃」でしたが、雨に濡れ、強風に吹かれた体感温度は、凍りつきそうでした。

 そんな調査の途中に、トイレ休憩を兼ねて立ち寄ったコンビニの雑誌コーナーです。

 全国どこのコンビニでも並んでいるような雑誌の中に、「地震」や「放射線」のタイトルの本が並んでいます。

110419cimg5585  また、コンビニ入り口には、「おにぎり・お弁当・パン・サンドウィッチ 毎日入荷します!!」や「ホットスナック・中華まん・アイス 販売中」の張り紙があります。

 朝一番の時間帯には、おにぎりが無かったりしましたが、たいていの物は種類数をいとわなければ、ほぼ入手可能な状態に戻っていました。

 日々復興へ向け、まちは変わっていっています。

 変わっていかなければなりません。

|

« 出来ることがあるはずです | トップページ | 世界につながる 世界とつながる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/51475005

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地ならではの現実も:

« 出来ることがあるはずです | トップページ | 世界につながる 世界とつながる »