« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

またも、おあずけ

110626cimg6187 今日はボーナス日。

 誰とはなく、「一杯やって帰ろう」となり、この前サンポート高松で見つけた「ビアピア」に行ってみようと提案。

 現地に近づくと、今日はテーブルと椅子が拡げられていました。

 が~ そこにいるスタッフに聞いてみると、「営業は明日7月1日から8月いっぱいです」とのこと。

 ガッカリsad

 海からの夕風に吹かれながら、冷えたビールを堪能することは、またお預けとなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年2ヶ月ぶりの西条で

110628cimg6195  今日は、1年2ヶ月ぶりに西条市に行って来ました。

 下りの特急列車はいつもとは編成が変わっていて、高松発の列車は松山まで直行せず、宇多津で乗り換えて松山方面へ向かいます。

 その列車の中で見つけたのが、この冷房の吹き出し口です。

 バスなんかに付いているのと同じタイプでで、吹き出し方向の調整や、吹き出しそのものを駐めることもできます。

110628cimg6194  昔懐かしいタイプのシートと冷房の吹き出し口で、車体の製造票を探してみると「昭和63年製造」の文字を見つけることが出来ました。

 この20年ほどで、列車の照明が間接照明になり、冷房がどこから出ているのかわからないようスリットの中に空調装置が隠されてしまいました。

 時代の流れなんですねぇ。

 まずは西条市役所に着くと、市役所の職員の方を対象に「事業継続計画(BCP)について」と題して、1時間ほど話をさせていただきました。

 西条市役所からも、若手の技術者を中心に東日本大震災の被災地を先週一週間をかけて調査してきたそうです。

 テレビや写真で見るのと違って、現地で5感を使って感じるのでは、広がりや臭い、風など、様々な情報を得ることが出来ます。

110628dsc01281  そのあとは、夕方18時からの出前講座まで時間があったことから、最終処分場の工事現場を見せてもらいました。

 西条市役所の最後の年、工事現場直近の山腹で土砂崩れが起きたことから最終処分場の大幅な設計見直しをしていました。

 それが今年度には工事を完了させる予定で、ピットの大半が完成し、最終工程に近づいていました。

 その大きさは圧巻です。

 夕方の出前講座では「東日本大震災を受け、今私たちに出来ること」と題して、東日本大震災の現地の状況や、来るべき東南海・南海地震の概要、まずは我が命を守るのは自分自身であり、何に心がけなければいけないのか、そんな話をさせていただきました。

110628cimg6196  写真は、講演のあとに行われた懇親会でのスナップです。

 様々な職業、立場の方が、西条のためにいろいろなことに取り組まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンポート高松でいろいろな発見が・・・

110626cimg6180  サンポート高松で見つけたスナップです。

 どうですか、ガンダムのホワイトベースのように見えませんか。

 こんな事を言うと、歳がばれてしまいますね。

110626cimg6181  実は、いつも見慣れたフェリーなのですが、今まで気がつきませんでした。

 配色といい、形といい、ホワイトベースの面影がありますよねぇ。

 

110626cimg6183  また、薔薇園では赤や黄色のバラが出迎えてくれます。

 すぐ脇では、アメリカデイコが真っ赤なたくさんの花を咲かせてくれています。

110626cimg6184  説明板を見ると、アメリカデイコはブラジル南東部からアルゼンチン北部の原産で、赤い蝶形の花を年3~4回咲かせてくれるそうです。

 
 

110626cimg6186  もう少し海に近づいてみると、MIKAYLAの裏側に、プレハブ? が建っています。

 そばに寄ってみると、「サンポート高松 ビアピア」なる大きな看板が。

 が、年月日は2009年のままで、2009.6.27(sat)~2009.8.30(sat)なる期間が記されています。

110626cimg6187  営業時間は、月曜から金曜は18時から22時、土日は17時30分から22時となっています。

 昼の暑さを、海風に吹かれながら身体を外から冷やし、美味しいアサヒビールで身体の中から冷やしてみたいものですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6日遅れの父の日

110625cimg6170  今日、東京から大学生のが大きな荷物と共に帰ってきた。

 「父の日のプレゼントheart01」と言いながら、ひとつの箱を取り出した。

 そんなに重くはない。うーん、この大きさと重さは・・・ 水筒かな?

110625cimg6172  開けてみると、2重構造のグラス。

 暖まりにくいよう工夫されたグラスかなと思いきや

 飲み物、それもビールを入れてみると・・・

 グラスの中に、逆さまになったビール瓶の姿が現れます。

110625cimg6173  暖まりにくい機能と共に、お茶目な付加価値があります。

 これも「感性」に訴える商品作りですね。

 

 息子も、ビニールの袋を下げてきて、「はい!」と・・・

110625cimg6176  自宅ではパソコンの前に座っていることの多い私に、USBFANと、キーボード用のハンドサポートです。

 息子らしい、品定めです。

 

 「私の父ではないけれど」と、奥さんも箱を持って来てくれました。

110625cimg6154  お酢好きの私に、3種類のお酢の詰め合わせです。

 これで、今年の猛暑の夏を乗り切りましょう。

 みんな、ありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M9.0の地震に対処できる企業体制が求められる BCP

110622cimg5525  平成23年6月22日(水)、富士通株式会社の主催による「ビジネス継続セミナー ~今だからこそ考える、事業継続の考え方や必要な対策~」が、高松のホテル ニューフロンティアで開かれました。

 事業継続計画BCP(Business Continuity Plan)という言葉を目にしたり、聞いたことはありませんか。

 災害や事故など、予期せぬ事態が起きた時に、限られた人や資源のもと、最低限の事業活動を継続し、目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に準備をしておくための計画です。

 東日本大震災の発生時に、富士通株式会社がどのような対応をしたのか、東北で何が起きていたのか、これからどうあるべきか、そんな話を聞くことが出来ました。

 
 プログラムは下記のとおりで、前半がBCPのお話し、後半は富士通のコマーシャルでした。

○講演「今、あるべき事業継続対策について」
   ~経験から学ぶ これからの事業継続計画について~

 富士通株式会社 サービスビジネス本部 安心安全ビジネス推進室室長 太田大洲

○富士通がお手伝いできること 
   ~ITを あなたを 守る富士通の事業継続ソリューション~
  
 富士通株式会社 サービスコンダクターセンター シニアマネージャー 木元靖治
 株式会社富士通四国システムズ ソリューションビジネスグループ 基盤ソリューション事業部 事業部長代理 三好秀樹

 
110622cimg6161  太田さんの話は、現場で実際に地震を体験し対応した熱い内容でした。

○経営は変わらなければいけない、変わるはずだ!
・今までの経営は選択と集中により効率的な成長を求めてきた
   ↓
・今後は、継続性担保への変革、分散と適正、共有による安全の確保が求められる
   ↓
・分散することによる効率の低下、分散することによるリスクの分散・拡大にどう対処するか

○想定外、しかし同規模の地震は存在した
・世界からは、マグニチュード9.0の地震に対処できる企業体制が求められる

○事業継続の考え方
・全ての事象に被害なしで対処することはできない。
・想定外の事案に対応できる人材育成が必要。
・元を取るのではなく、ピンチをチャンスに変える考え方を。

○ハードよりもソフト・スキルの強化が有効
・事前対策にパワーをかけるよりも、事象発生時に対応できる人材を育てることにパワーをかける。
・しかし、人材が活動できる最低限のハードや事前対策は必要。

そんな話を聞けました。

110622fitcimg5121  

 事業継続は、平常時に行っている業務の低下を抑えるだけではすみません。

 東日本大震災のような非常時には、平常時とは異なる要求、需要が発生しています。

 電気や水道、ガスが使えないことで、懐中電灯やペットボトルの水、水の要らないシャンプー、ウエットタオルなど、日常とは異なる需要が大量に発生します。

 今回の地震で、多くの全国チェーンのコンビニやスーパーは、商品の調達に翻弄したそうです。

 その中でもうまくいった機関は、「POSのデータが帰ってこない、連絡が付かない店舗=被災している」と判断し、オーダーが無くとも被災地で必ず必要となる品物を被災地へ発送すべく、直ちに日頃おつき合いのある卸店に幹部が直々に交渉に行き、燃料事情が厳しいなか自社のトラックで品物を引き取りに出向き、被災地へ直接搬入することで対応したそうです。

 日頃、値切り商売をしていた機関は、品物を調達できなかった要です。

 商品調達の場面でも「初動」が大事。

 この「初動」の良さを生み出すのは、災害の十分なイメージを持つこと、その時に何をすべきかのシミュレーションが十分に出来ていること、いざ災害が起きた時には、最悪を想定して複数の手当を考え、行動することだと思います。

 備えあれば 憂い無し

 あなたの家、あなたの組織では、どんな準備が出来ていますか。

 セミナーの様子をまとめました。
「110622_bcp_.pdf」をダウンロード (200KB)

 上の1番目の写真は東北地方太平洋沖地震の津波により被災した宮城県名取市の堤防と街の様子、3番目の写真は宮城県女川町の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害に備える街 高知市

 昨日、今日と高知へ出張でした。

110619cimg6139  はりまや橋商店街へ入ると、木製のアーケードにギターの音色が響いています。

 何事だろうと歩いていくと、「はりまや Street Live」の張り紙が。

110619cimg6142  「5月のイベントで好評頂き 第2弾が決定!! 懐かしい歌から 最近の歌まで、ジャズあり フォークありの 楽しい ひとときを お楽しみ下さい」と、11時から16時までに9つのグループの演奏が行われます。

 また、椅子におかれたチラシには、「高知街 ラ・ラ・ラ 音楽祭 10th ANNIVERSARY」が2011年9月18日(土)に開かれることの告知があります。

110619cimg6146  高松でも同様の取り組みが行われていますが、生演奏に包まれている街って良いですよね。

 ここで、ちょっと廻りに目を向けてみると、地下駐輪場へつながる階段には洪水の浸水を防ぐ為の防水扉が設けられていたり、近くの交番の中には「標高2.2m」の文字を見つけることも出来ました。

110619cimg6148  水害常襲の街、また、南海地震による津波浸水が心配な街だからこそ、様々な取り組みが行われています。

 どんな準備、備えをしておくことが必要でしょうか、今一度、東日本大震災から見えてきたことをもとに、振り返ってみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植えの為 開店日を変更

110614cimg6124  「お知らせ 六月十七日(金)を六月十五日(水)に変更 田植えの為

 そんな張り紙が兵庫町商店街の野菜販売所の入り口に貼られていました。

 今年もそんな季節になったんですね。

 冬から春にかけては水不足で、早明浦ダムの貯水率も平年値よりはるかに少なかったものの、台風2号にともなう雨などで貯水率は百%。平年値よりも良好な状況となっています。

 この週末は、多くの田んぼで田植えが行われることでしょう。

 昨年も、ちょうどこの時期に「農繁期の為しばらく休みます」の張り紙がありました。

 一週間とずれることがないものなのですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は藤塚神社の夏まつり

110612cimg6104_2  田町商店街につながる栗林商店街の光景です。

 「藤塚神社 夏まつり」の青い旗が商店街に行列しています。

 ポスターには、6月13日午後6時~10時の文字と、歩行者天国夏越しの輪くぐり廻り灯ろう各種バザーなどの催し物の紹介があります。

110612cimg6107  今日は雨ですが、明日には天気も回復しそうです。多くの方々がこの商店街を埋め尽くすことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇高連絡船就航101周年

110612cimg6120  「宇高連絡船愛好會」 岡山県玉野市を拠点に活動しているそうで、連絡船の果たした役割を後世に残していこうと、様々な活動をしているそうです。

 1993年6月に会を結成し、海外へ売却された連絡船の調査や、「宇野港再開発案」を作成し関係機関へ提出したり、様々なイベントへの参加や「連絡船展」を開催しています。

110612cimg6119  高松港旅客ターミナルビル3階の常設展示のリニューアルも監修したそうです。

 今日、平成23年6月12日、この高松港旅客ターミナルビルで宇高連絡船就航101周年記念の催し「まんでがん宇高連絡船」が開かれていました。

 今日6月12日は連絡船の就航記念日にあたるそうです。

110612cimg6112  ターミナルビルの1階から3階までを伊予丸型の連絡船に見立て、写真や模型の展示、当時の「連絡船うどん」を再現し1杯200円で販売されていました。

 ホバークラフトのラジコン模型の実演や、伊予丸玉藻丸の模型展示に、動く鉄道模型や、人を乗せて引っ張れるディーゼル電気機関車のDF50の実演も行われています。

110612cimg6123  このDF50の模型は、当初JRの持ち物だったそうですが、今では民間に譲られ、今日は特別に借りてきたそうです。

 伊予丸の模型は、内部には蒸気機関のエンジンや、精巧に再現された碇の巻き上げ機や椅子、客室など、写真に撮ると実物と見違えそうです。

110612cimg6118  大規模災害時には、陸・海・空と、様々な輸送手段が使えることが災害対応能力を高めます。

 DF50の実物を見たい方は、こちらをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンポートから日本を元気に

110605cimg5998  6月5日(日)、今日は「第5回アルッテ芸術祭」の本番の日です。

 午前中は別件があり、10時からのオープニングアクロバット飛行などを見ることが出来ませんでしたが、お昼からの香川県警マーチングドリルを見ることが出来ました。

110605cimg6006  白色のユニフォーム?に身を包んだ音楽隊の方々と、黒のパンツスーツに白のベストを着たフラッグウーマンの方々によるドリルが多目的広場に展開します。

 演技が始まるまでの時間も、控えのテントのまわりで楽器の音合わせなど、準備に余念がありませんでした。

110605cimg6016  青と白の2色のフラグを投げあげての演技や、真っ赤なフラグを一人で2本操っての演技、透き通った布地で出来た色とりどりのフラグを使っての演技と、フラグやフォーメーションがどんどん変わっていきます。

110605cimg6053  最後にはメタリックテープで飾られたフラグで、格好良く体制を整えポーズを決めて終了です。

 なかなか、そのダイナミックさ、フラグ裁きの素晴らしさを、コンパクトカメラで捉える事は難しく、どれだけ雰囲気を感じ取っていただけたでしょうか・・・

 

110605cimg6068  マーチンがバンドが終わったところで、青色のつなぎ服を着た4人組が石のステージに上がり紹介されました。

 10時からのオープニングスタントを披露した BLUEWINGS のパイロットの方々です。

 史上初、サンポート上空でのアクロバット飛行。

 合同庁舎とシンボルタワーの間を超低空飛行で通過するなど、はらはらドキドキのアクロバットの披露があったようで、その様子は「暇人STRのブログ」さんを参照下さい。

 「来年もぜひ呼んで下さい!」と力強い言葉で挨拶いただきました。

 

110605cimg6064  続いては、香川ご当地アイドル WAS のお二人の紹介のもと、「ゆるキャラ 50キャラット大集合」です。

 国営讃岐まんのう公園のマスコットキャラクター「ドラ夢くん」をはじめ、サンポくん、エコちゃん、ヨイチ、スパーキーなど多目的広場に大集合です。

110605cimg6089 歩きにくそうなゆるキャラのまわりを子どもたちが取り囲み、記念撮影の嵐で、多くの家族連れの方々が楽しんでいました。

 その後も、仮装をした1000人によるパレードや香川県民歌の大合唱、キッズダンスなどの披露が行われる予定でしたが、私はサンポートをあとにしなければなりませんでした。

 会場には、さまざまな飲食テントも出され、曇りがちの天気にもめげず、多くの方々が芸術祭を楽しまれておりました。

 昨年の芸術祭の様子はこちらを。

Fitcimg6090  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなの力で香川を元気にしよう!

110604cimg5984  東海大学の海洋調査研修船「望星丸」が2万トンバースに停泊していました。

 明日5日(日)の8:30に出港予定です。

 この「望星丸」で航海を体験する学生は年間3,500人を超るそうです。

 また、さまざまな調査を通じて、より高度な実践的能力を体得するための貴重な場となっていて、海洋学を学ぶ学生にとって、欠かせない"海のキャンパス"となっているそうです。

 海洋国日本を支える優秀な人材が育まれているんですね。

 望星丸の後ろで鋼管杭を打設中の作業船は、2万トンバースに大型船が接岸できるようにする改修工事を実施中です。

 

110604cimg5980  目をサンポートの多目的広場北側の広場に移すと、フリーマーケット真っ最中です。

 さまざまな品物が並んでいるようで、あちらこちらで品定めをするお客さんの姿が見えます。

 

110604cimg5987  15時40分頃、1機のセスナがサンポートの多目的広場の上空を低空で何度かかすめていきました。

 今夜、前夜祭が行われる第5回アルッテ芸術祭

 思いをひとつに集まった人たちで、香川を元気にしようとする取り組みです。

 明日10時からアルッテ芸術祭の本番がスタートします。そのオープニングでアクロバット飛行が行われる予定ですが、その下見でしょうか。

 飛行は、「ボランティア」でお祭りを盛り上げるパフォーマー団体、BLUEWINGSです。

 飛行できる天候でありますように、願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑草の片づけも

110602cimg5974  今日、第一木曜日の朝は「サンポート高松・中央通り等一斉清掃」です。

 爽やかな朝の風に吹かれながら、お揃いのジャンバーで身を包んだグループや仕事着のグループ、ビジネススーツ姿のグループなど、グループごとに思い思いの姿で清掃奉仕中です。

 街路の低木の足元の雑草を、丁寧に片づけてくれている人もいます。

 ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なおしまの おさかなくん

110601cimg5958  今日は、直島へ行って来ました。初めての直島です。

 宮浦港に着くと、「海の駅なおしま」と「赤かぼちゃ」が出迎えてくれます。

 入れ替わり立ち替わり、多くの方が記念撮影を楽しんでいます。

110601cimg5967 赤かぼちゃにはいくつかの穴が開けられ、記念撮影にはちょうど良い大道具となっています。

 かぼちゃの中には、さまざまな色のライトが床に埋め込まれています。

 みなさんも、直島のUFOのような椅子と共に赤かぼちゃと緑色の灯台を楽しんできて下さい。
 

110601cimg5969  海の駅なおしまには、旅客ターミナルのほか、観光案内所、お土産販売店舗や飲食店舗も入っています。

 飲食店舗では、カレーライスなどのメニューのほか、讃岐うどん「たもや」のうどんも食べられます。
 

 お土産には、直島ならではの「」にまつわるお土産が多く並んでいます。

 そんな中から、お土産には「なおしまの おさかなくん」、手づくりクッキーを選びました。

110601cimg5971  ヒラメタイハマチイカエビフグの6種類がかわいいカゴに入っています。

 食べてみると、クッキーの形だけでなく、エビはエビの味がします。

 そんなことから、クッキーにまず興味を示したのはうちの猫でした。
 

 今日は平日だというのに、島の中を見学される方の人影が途切れません。

 家プロジェクト地中美術館など、バスと徒歩を組み合わせて、のんびりと島を巡られているようです。

 島の中に宿も多くあるようです。

 帰りのフェリーの時間を気にすることなく、島の風、香り、音、食べ物なども楽しんでみませんか。

110601fitcimg5963  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »