« 来るべき巨大地震に備え | トップページ | 防災・耐震フォーラム あなたは生き残れますか? »

あなたにも出来るこどもの言葉の発達チェック

110702cimg6259  平成23年7月2日(土)、サンポートホール高松の小ホールで、国立病院機構香川小児病院の主催による「平成23年度国立病院機構香川小児病院市民公開講座」に参加してきました。

 テーマは「こどもの発達を見守ろう」です。

 ミニレクチャーとして「広汎性発達障害とことばの遅れ」と「小児の骨の発達とその異常」を。

 志度音楽ホール少年少女合唱団の子どもたちによるミニコンサートをはさみ、特別講演「こどもが言葉をしゃべるまで―あなたにもできる言葉の発達チェック―」です。

プログラムは以下のとおりです。

●13:30-13:35 開催の挨拶  国立病院機構香川小児病院 院長 中川義信

●13:35-14:15ミニレクチャー
  座長 国立病院機構香川小児病院 臨床研究部長 横田一郎
 ・「広汎性発達障害とことばの遅れ」
   国立病院機構香川小児病院 乳幼児健診センター長 児童心療内科医長 牛田美幸
 ・「小児の骨の発達とその異常」
   国立病院機構香川小児病院 整形外科医長 横井広道

●14:25-15:00 ミニコンサート かわいい妖精たちによる歌声コンサート
  志度音楽ホール少年少女合唱団

●15:00-16:00 特別講演
  座長 国立病院機構香川小児病院 院長 中川義信
 ・「こどもが言葉をしゃべるまで―あなたにもできる言葉の発達チェック―」
   国立病院機構榊原病院 名誉院長・長尾こころのクリニック院長 長尾圭造

110702cimg6265  牛田さんからは「なぜ、目を合わすのか」。そんな興味深い話から始まりました。

 が、ここで私の携帯電話がブルブルと、暫し中座することとなりました。

 

 

110702cimg6297  会場に戻ってくると、志度音楽ホール少年少女合唱団の子どもたちによる、楽しいミニコンサートです。

 振り付きでの「東京ブギウギ」や、鳴子を使っての「よさこい鳴子踊り」まで、全8曲が披露されました。

 ここで気がついたのですが、定員約300名の小ホールは、空席を探すのが難しいほど、いっぱいの状態でした。

 

110702cimg6311  ミニコンサートの次は、国立病院機構榊原病院 長尾こころのクリニック院長 長尾圭造先生による特別講演です。

 「こどもが言葉をしゃべるまで」 -あなたにも出来る言葉の発達チェック- との演題で質疑時間を含めると1時間を超える講演でした。

 なぜ言葉をしゃべる前に言葉の発達チェックが出来るのでしょうか。

 しゃべることと、言葉が持っている働き、機能は別です。

 目は口ほどにものを言う。

 人は様々な形でコミュニケーションを取っています。

 言葉を使うには様々な機能や能力が備わって初めて使いこなせています。

110702cimg6333  そんなことから、チェックシートを用いることで、聴力や視力や様々な乳児用の検査をしなくても、判ってくることがある。

 そんな、興味深い話と、お母さんも出来るチェックシートの使い方を紹介いただきました。

 公開講座の様子をメモにまとめました。
「110702_hattatsu.pdf」をダウンロード (249KB)

|

« 来るべき巨大地震に備え | トップページ | 防災・耐震フォーラム あなたは生き残れますか? »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/52109044

この記事へのトラックバック一覧です: あなたにも出来るこどもの言葉の発達チェック:

« 来るべき巨大地震に備え | トップページ | 防災・耐震フォーラム あなたは生き残れますか? »