« あなたにも出来るこどもの言葉の発達チェック | トップページ | 第一水曜日 今日も一斉清掃が! »

防災・耐震フォーラム あなたは生き残れますか?

110703cimg6455  平成23年7月3日(日)、高松国際ホテルで開かれた四国4新聞社合同企画「防災・耐震フォーラム」に参加してきました。

 四国ガスグループ、住宅金融支援機構四国支店の協賛で、ガス器具やリフォームローンの相談にも乗ってもらえます。

 プログラムは下記のとおりです。

▼防災・耐震セミナー(50分)
 講師:平田俊次氏(ミサワホーム技術担当責任者・制震装置MGEOの開発担当執行役員)
 演題「~地震に強い住まいにするためのノウハウや技術、豊富な事例など~」

▼基調講演(50分)
 講師:長谷川修一氏(香川大学工学部教授)
 演題「~南海地震に備える~“香川の現状を知ろう”」

▼個別相談会
 自宅の図面などを持ち寄り、専門家による耐震診断

○防災・耐震セミナー

110703cimg6340_2  平田さんのセミナーの中では、東日本大震災の現地の状況も紹介がありました。

 3階建ての家が津波にもかろうじて残っていた。最上階に逃げて助かった。その家の壁には「お家ありがとう 守ってくれてありがとう」のメッセージが。

 また、「地震になれていない香川県の人こそ、逆に注意が必要」といった話や、

・夫婦二人になり、部屋も余っている。いつくるかもしれない地震に対して、家をいつまで使うか、悩む。
・家で生活を主にしている奥様の意見を聞き、ガスやお風呂、台所も一緒にやることが効率的。

・省エネのため、断熱材を入れたり、断熱性の高いサッシを入れるなど、耐震補強だけを考えるのではなく、日常の生活の快適さを考慮し、リフォームを考えて。

といったリフォームの考え方などの話も聞けました。

 休憩をはさみ、基調講演です。

○基調講演~南海地震に備える~“香川の現状を知ろう”

110703cimg6380  香川大学工学部の長谷川修一教授からは、東日本大震災からの教訓、南海地震が起きると香川は、高松はどうなるのかといった話をたくさんの図や数値と共に聞くことが出来ました。

 香川県でも70分後に第1波が到達し、4連動地震なら5mの津波が起き、津波警報は丸一日続く。そのため、丸一日は孤立状態となり、復旧は翌日からとなる。

 地域の災害特性を知り、対策を講じ、災害に強い人づくり、災害に強いまちづくりが必要です。

 東日本大震災の次は、四国の番なのですから。

110703cimg6461  会場後部では四国ガスやミサワホーム、香川銀行の相談コーナーも設けられ、参加者の相談に乗っていました。

 フォーラムの様子をメモにまとめました。
「110703_forum.pdf」をダウンロード (509KB)

|

« あなたにも出来るこどもの言葉の発達チェック | トップページ | 第一水曜日 今日も一斉清掃が! »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/52114915

この記事へのトラックバック一覧です: 防災・耐震フォーラム あなたは生き残れますか?:

« あなたにも出来るこどもの言葉の発達チェック | トップページ | 第一水曜日 今日も一斉清掃が! »