« さぬき高松まつりで みんなの元気をつなげよう! | トップページ | prayforjapan.jp 心温まるメッセージの数々 »

行動し 備えてはじめて 教訓に

110726cimg6883  平成23年7月26日(火)、香川国際交流会館(愛称:アイパル香川)にて、公益社団法人 地盤工学会 四国支部香川県地盤工学研究会の主催による「東日本大震災報告会」に参加してきました。

 プログラムは以下のとおり、大年先生による特別講演と、4人の講師による話題提供とつながります。

開会あいさつ 香川県地盤工学研究会 会長 長谷川修一

110726cimg6886 特別講演 東日本大震災の教訓および高知県の取り組み
     大年邦雄 高知大学南海地震防災支援センター・教授

話題提供① 宮城県南部(名取地区)での津波被災状況
      復建調査設計株式会社 四国支社 地盤技術課 大前勝稔

話題提供② 津波被災地域の災害廃棄物処理について
      香川大学危機管理センター・研究員 山中稔

話題提供③ 東北地方太平洋沖地震による関東地方および福島県内の地盤災害
      香川大学工学部・危機管理研究センター 長谷川修一

話題提供④ 東日本大震災と国土交通省・四国地方整備局の対応
      国土交通省四国地方整備局 防災対策官 松本秀應

閉会 香川県地盤工学研究会 会長 長谷川修一

 東日本大震災は、私たちに多くのことを見せ、気づかせてくれました。

 これを、次の地震や津波に活かすのは、私たちの責務です。

 自分が、地域が、組織が、行政が、何をなすべきか、また出来ることから速やかに取り組むことが大事です。

 見ただけ、考えただけでは何も変わりません。

 「行動」し、「備え」て、はじめて東日本大震災を教訓と出来るのですから・・・

 報告会の様子をまとめました。
「110726_ziban.pdf」をダウンロード (264KB)

|

« さぬき高松まつりで みんなの元気をつなげよう! | トップページ | prayforjapan.jp 心温まるメッセージの数々 »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/52462501

この記事へのトラックバック一覧です: 行動し 備えてはじめて 教訓に:

« さぬき高松まつりで みんなの元気をつなげよう! | トップページ | prayforjapan.jp 心温まるメッセージの数々 »