« ”ゆるぎない”安心 | トップページ | 地域力と想像で想定外の事態に備える »

東北で何が起きているのか 東北の今は

110715cimg6642  丸亀市川西地区自主防災会の東北支援活動の合間に撮った現地のパネル展が、サンポート高松 高松シンボルタワー棟4階のe-とぴあ・かがわで開催されています。

 パネル展の入り口の趣旨説明のパネルには

110715cimg6641 1000年に1度という、未曾有の大震災。避難生活の皆様へ温かいお味噌汁、豚汁などを召し上がっていただき、少しなりともお元気なっていただければという思いで「炊き出し」活動を展開して、その合間をぬって、写真を撮らせていただきました。
現地にて撮影など不謹慎だという気持ちもありましたが、後世の安全、安心な国づくり、まちづくりに生かせていけば、尊い命と財産を奪われた、皆様にお許しをいただけるものではないかと思い被災現場を撮影させていただきました。

 被災地支援に行かれた川西地区自主防災会の方が撮られたビデオ映像の上映も行われています。

 

110715cimg6630  また、同じ会場には「復興の狼煙」ポスタープロジェクトの展示も行われています。

 岩手県盛岡市のカメラマンたちが、被害の大きい沿岸部の人たちに出来る事は何か無いかと、集まり、当たり前のことを、当たり前に伝えていく。そんな思いで始まったプロジェクトです。

このポスターを見て何かを感じてくださった方々の思いが、
前を向き必死に生きようとする人々の明日への力となってくれることを。

そこがこのプロジェクトの唯一の目的であり、私たちからの切なる願いです。

 こんなメッセージが、「復興の狼煙」ホームページに記されています。

110715cimg6633  此処でなきゃ駄目なんだ。

 それでも今日も海を見る。

 あの日と戦い続けて行く。

 忘れたいけど覚えておく。

 被災地じゃねえ正念場だ。

 そして絆は家族になった。

 まだまだメッセージと写真が続きます。

 

110715cimg6632  平成23年7月15日(金)から18日(月・祝)まで、10:00~20:00(最終日は16:00まで)まで無料で見ることが出来ます。

 ぜひ、現地の様子を、新聞やテレビにはのらない、映像を見てください。

 次は、東南海・南海地震を控えている四国の番なのですから。

|

« ”ゆるぎない”安心 | トップページ | 地域力と想像で想定外の事態に備える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/52224837

この記事へのトラックバック一覧です: 東北で何が起きているのか 東北の今は:

« ”ゆるぎない”安心 | トップページ | 地域力と想像で想定外の事態に備える »