« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

震災の中を生きる 映画を生きる

110929cimg8459  平成23年9月29日(木)、称讃寺の秋期講演会に参加してきました。

 通勤途上の壁に貼ってあったポスターの、「震災の中を生きる」に目がとまったことがきっかけです。

 

 プログラムは次の通りです。

11:00~12:03 講演「震災の中を生きる」 山折哲雄(哲学者・宗教学者)

            おうどんのお接待

14:04~15:17 講演「映画を生きる」 河瀬直美(映画作家)

            抹茶のお接待

 

110929cimg8452 この、山折さんの講演の中から、二つの話題を紹介しましょう。

○もうひとつの「絆」

・3.11が起きるまで、「無縁社会」孤独死、年金をだまし取っている、・・ NHKも含めマスコミは全て「無縁」を言ってきた。

・3.11以降、「」。

・人と人との絆 昨日まで無縁と言っていたのに、急に絆と・・・

・ボランティアも重要な「」。

・もうひとつ重要な絆がある。死者との絆。たまたま生き残ってしまい、夫を、妻をたまたま亡くしてしまった。どんな言葉でも説明できない偶然の出来事。

・地球上、いろんな災害が襲ってくるような不穏な時代。地球温暖化、テロ、・・衛星が落ちてくる・・

・復興と言っても、物と金が東北に入るだけでは復興できない。物と金には、その量に限りがある。

・亡くなった方と生き残った方の縦軸の「」を・・

 

○全員で能力に応じたリスクを受け持つ

・「東北で出来た牛や産品、東北の木で送り火を行うな」と、身勝手な人間が増えてきた。

・「放射能が入っている東北の牛や食べ物も食べようよ」との声が出てこない。

・原発による快適な暮らしを達成するにはリスクを持たねばならないのに、東京電力批判、これまでの政策批判。

・国民一人一人の責任、負担の話がされていない。

・幸福のための犠牲、同じ問題を抱えている。

リスクを一人に任せるのではなく、全員でその能力に応じたリスクを持つ、受け持つことが求められている。

 

110929cimg8469 また、河瀬さんの講演の中では、

・21名の世界の監督に映画を作ってもらい、中秋の名月の前日お月様がとてもきれいな日で、僧侶の方にホラ貝を吹いてもらい、月明かりでお堂の陰が出来るような良い天気。

・スクリーンを、地元の小学生が1枚づつ布を持ち寄り、5メートル×5メートルに仕上げた。

・「スクリーンは綺麗でなければならない、風で揺れるなんてだめ」というのが今の時代だが、そんなスクリーンで映画を上映することが大事。一人一人はみんな違う、特徴があって別々でバラバラなので、つながって生きていこうとするのが人だと思う

・「綺麗に!良い音で!」ばかりが求められるが、いろいろな宗教を受け入れた日本人なのだから、世界のいろいろな監督の絵を見て、つぎはぎだらけだけれど、とても心のこもったスクリーン、世界の様々な思いが重なった映画、こんな全てを受け取って帰ってくれたと思う。

・こんなに素晴らしい物があるんだということを、映画を通して伝えていきたいと思っている。

・カンヌで上映され、2,300人が一度に見られる場所がある。5分間拍手が鳴りやまらなかった。

こんな話がありました。

 一人一人はみんな違う、特徴があって別々でバラバラなので、つながって生きていこうとするのが人だと思う。

 一人ひとりが違っていて素敵、みんながつながって協力し合って生きていく、また、協力し合わないと生きていけない生き物が人間。

 何か、ホッとした気持ちになりませんか。

 講演会の様子をまとめました。
「110929_ikiru.pdf」をダウンロード (789KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱしふぃっく びいなす

110928cimg8415  朝、職場に着くと、大きな白い船が高松港に停泊しています。

 船首には「PACIFIC VENUS ぱしふぃっく びいなす」の文字が見えます。

 「びいなすテーマクルーズ ~アートにふれる休日~」のため、高松に立ち寄ったようです。

 1998年4月に就航し、全長183.4m、12層の甲板数の船体に、644名の旅客を乗せ、18.5ノットの巡航速度で運行が可能です。

110928fitcimg8431  

 総重量26,594トンの船体には、9,270馬力のディーゼルエンジン2基が装備され、プール、ジャグジー、サウナやジムまであります。

 昼休みにそばまで行ってみると、その大きさはさらに圧巻です。

110928fitcimg8445  

 次なる高松港への寄港は、来年の2月25日(土)の7:00の予定で、16:00には横浜へ向け出港の予定です。

110928cimg8449  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発災時に 自分の命を守れるのは 自分しかないのです

110924cimg8380  平成23年9月24日(土)、さぬき市志度音楽ホールで開かれた「さぬき市民シンポジウム 震災に学ぶ」に参加してきました。

 副題として、「~地方における行政と市民の役割を考える~」とつけられています。

 そんなことから、丸亀市川西地区地域づくり推進協議会 会長の岩崎正朔さんの基調講演「震災現場で何が起こっているのか? 我々が今なすべき事は何なのか!」の後のシンポジウムのシンポジスとは、国会議員、市長、社会福祉協議会、NPOの方で構成されています。

110924cimg8381 プログラムは以下のとおりです。

・基調講演「震災現場で何が起こっているのか? 我々が今なすべき事は何なのか!」
        岩崎正朔(丸亀市川西地区地域づくり推進協議会 会長)

・シンポジウム
  コーディネーター:大山治彦(四国学院大学 社会福祉学部 教授)
  シンポジスト:玉木雄一郎(衆議院議員)
         山岡義典(日本NPOセンター 代表理事)
         渋谷篤男(全国社会福祉協議会 事務局次長兼政策企画部長)
         大山茂樹(さぬき市長)

○基調講演「震災現場で何が起こっているのか? 我々が今なすべき事は何なのか!」

110924cimg8318  基調講演の岩崎さんからは、東日本大震災の状況から、日頃の訓練と備えからちゃんと想定外の災害にも対応できた人や地域があること、それに比較し香川の現状はいかようなのかについて話していただきました。

 その後、「我々がなすべきことは、それぞれの立場(自助・共助・公助)において、原点に立ち戻って対策を講じることではないか」と、自助、共助、公助の役割と、これらがうまくバランス良くまわっていくことで、想定外にも対応できることを話されました。

 

○シンポジウム

110924cimg8338  トップバッターの玉木雄一郎(衆議院議員)さんからは、復興計画やこれからの災害に強いまちづくりは、「これまでの延長で考えるべきではない」、「外部(国を含む)でのお手本をもって来る方法ではうまくいかない」、「地域の特性や住民の主体的な取組を生かした、自立的・持続可能なまちづくりが不可欠」であり、そのためには、「住民主権のまちづくり」が必要である。

 この「住民主権のまちづくり」の実現には、「本当に自分達が求めるものは何なのかを確認する仕組みが必要」、「まちの問題点や優先順位を住民で共有できる仕組みが必要」であり、「集まって」「考える」しかない。

 そのためには、リーダー(言い出しっぺ)が必要で、集まる場を作る能力が大事である、といった話がありました。

110924cimg8354  次に、山岡義典(日本NPOセンター 代表理事)さんからは、新しい公共として、NPOなどの役割、震災支援の中でのNPO活動の課題についての話がありました。

 渋谷篤男(全国社会福祉協議会 事務局次長兼政策企画部長)さんからは、社会福祉協議会の災害時の役割、地域福祉も災害ニーズも、共にそばに相談できる人がいないことが課題であり、孤立、孤独への対応が必要。そんなことから、「香川からわざわざ来てくれた このことがうれしい、ありがたい、心の支え」となるといった話がありました。

110924cimg8369  シンポジスとのやりとりの後、フロアから意見を受け付けました。

 シンポジストの皆さんは、言いにくいことを言わない。国民の義務、自分の命や自分の家族を守るのは自分である。みなさん(行政)が助けに来てくれるのは、3日後です。まずは自分の事は自分で守れ! 厳しいことを言わなければ、本音の部分で言うてくれたら。

 帰宅難民がおる。台風が来よるのがわかっているのに、仕事に行き、鉄道が止まり帰れなくなり、鉄道の悪口を言いよる。違う! 市民の方がしっかりせないかんと思う。自分のことは自分で守るような、さぬき市の子供をしっかりと教育して欲しい。

 こんな、「行政もっと頑張れ、あれやれ、これやれ」といった意見ではなく、「市民が頑張れ、行政がもっと厳しいことを言ってくれ」との声がフロアの市民からでました。

110924cimg8335  最後はコーディネータの大山治彦(四国学院大学 社会福祉学部 教授)さんから、「行政は行政の役割を担いつつ、市民は市民の立場で役割を担う」との言葉で締めくくられました。

 発災時に自分の命や家族の命を守れるのは、自分しかいないのです。まずは自分たちで何が出来るか、何をしなければいけないのか、防災家族会議をやってみましょう

 シンポジウムの様子をメモにまとめました。
「110924_shinsai.pdf」をダウンロード (574KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病みあがり前に再度の接近 台風15号

110921cimg8311  台風15号がまたも大接近です。

 台風12号の上陸により、四国や近畿地方、特に近畿地方には各所で道路の被災による通行止めや、大規模な土砂崩れダムが生じ、決壊の恐れから避難勧告が出ています。

 そんなところに、またもや台風15号の接近です。

 高松でも、みるみる気圧は低下し、9月21日のお昼には987hPaまで下がりました。

 四国でも河川の水位が氾濫危険水位を超えている箇所や、大量の降雨のため事前通行規制となっている道路がたくさん出ています。

 四国はもちろんのこと、和歌山や奈良が大変なことにならなければと祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輝いて生きる 新老人の会

110916cimg8244  平成23年9月16日(金)、サンポートホール高松の大ホールで開かれた、日野原重明先生の講演会に参加してきました。

 日野原先生は、聖路加国際病院理事長や(財)ライフ・プランニング・センター理事長を務め、現在も臨床医の傍ら、執筆、講演などで活躍されています。

 2000年には「新老人運動」を提唱し、この趣旨に賛同する方々の集まり「新老人の会」を発足しました。

 それから11年を経て、全国の会員数は11,5000名を超え、地方支部も今年の4月に設立した香川支部で37箇所を数えるまでになりました。

110916cimg8189  今回の講演会は、この香川支部の設立記念フォーラムとして開催されたものです。

 「新老人の会」の目指すものは、「世界平和」と「いのちの大切さ」を次世代に伝えること。そのために私たちは大きなビジョン(夢)を描き、それを次世代につなげる活動を展開していきます。

 そんなメッセージがプログラムには記されています。

 また、モットー、使命、行動目標として次のようなことも掲げられています。

110916cimg8223 ○「新老人の会」の3つのモットー

 1.いつまでも愛し愛される人間である(Love)

 2.創造を持ち続けること。何か新しいことを考え、実行すること。(be creative)

 3.耐えること。耐えることによって他人の苦しみをも共感できる。(endure)

110916cimg8235 ○一つの使命

 子どもたちに 平和と愛の大切さを 伝えること

○「新老人運動」の5つの目標
 ・自立 とよき生活習慣やよき文化の継承
 ・世界平和 戦争体験を生かし、世界平和の実現
 ・自分を研究に 自分の健康情報を研究に活用
 ・会員の交流 お互いの間に新しい友を求め全国的な交流を図る
 ・自然に感謝 自然への感謝とよき生き方の普及

 日野原先生の講演は「輝いて生きる」と題して、どうすれば百歳まで生きることが出来るか、生きがいを持って輝いて生きられるかなどについて話していただきました。

110916cimg8186  驚いたのは、2週間後に百歳を迎えるという日野原先生が、椅子などを使わず、立ったままで1時間の講演をこなされ、また、予定時刻に5秒を残してピタリとした時間管理で講演をまとめられたことです。

 生きがいを持って、輝いて生きられるよう、今から備えていきたいものです。

 セミナーの様子をまとめました。
「110916_forum.pdf」をダウンロード (646KB)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふたたび直島へ

110913cimg8065  平成23年9月13日(火)、仕事のため2度目の直島上陸です。

 前回とはうってかわって、行きのフェリーや島内の連絡バスは多くのお客さんで賑わい、バスでは吊革につかまっての移動となりました。

 午後一の打ち合わせまで1時間ほどの時間があったことから、島内探索です。

110913cimg5952  空き缶アート「よいち座」の女性店主と少しお話しをさせていただきました。

 今日は、たくさんのお客さんがいますねぇ。

 いえいえ、私たちは去年の夏の人の多さを見ているから、お客さんの数は減る一方だね。帳面が物語っているよ。

 これから冬になるけど、どうしようもないねぇ。

110913cimg8062  一過性のイベントでどっと人が来るより、ずっと一様にお客さんが続くほうがいいねぇ。

 去年なんかは、お客さんに迷惑をかけてしまって、また来ようと思ってもらえないよねぇ。

 食事をするにも、色々なところを見物するにしても、暑い中での長い行列で待たせてしまっては、受け入れる側の体制が不十分だったよね。

110913cimg8064  でも、こんなお店が成り立たない環境(民家の玄関だけを使っての創作商品の販売)でも出来ているからねぇ・・・

といったお話を聞けました。

 そろそろ秋の爽やかな気候となり、直島で宿を取り、どっぷりと直島を楽しんでみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非日常的な道路空間を楽しむ

110912cimg8054  平成23年9月19日(月・祝)に、第4回カーフリーデーが開催されるという看板を発見。

 高松市では、コンパクトなまちづくりに併せて、過度に自動車に依存しない人と環境に優しい公共交通と自転車を利用したまちづくりを目指して、平成20年から「カーフリーデー高松」(都市の中心部でマイカーを使わない日を設け、交通や環境、都市生活と車の使い方について、市民の皆様に考えていただく機会とする社会啓発活動)を開催しています。

 今回は、主会場を菊池寛通り(中央通りからフェリー通りまでの間)、第二会場を美術館通り(中央通りからフェリー通りまでの間)に、午前10時から午後6時まで行われます。

 主会場の菊池寛通りでは、環境パフォーマー・らんま先生や、ストリートミュージシャンによるステージイベントが行われるほか、ミニ電車やミニSL、おもしろ自転車などの乗り物も体験できます。

 第二会場の美術館通りでは、アウトドアワークショップやアート体験など、マイカーから解放された空間を活用したさまざまなイベントが行われるそうです。

 また、カーフリーデーの協賛事業として、丸亀町商店街やライオン通商店街、南新町商店街、常磐町商店街、高松天満屋では、ポイントが5倍(丸亀町では10倍)になったり、IruCaで電車やバスを利用し、丸亀町商店街などのお店で、IruCaで500円以上買い物するとecoポイントが50ポイント加算されます。

 自動車のこない通りで、非日常的な道路空間を楽しんでみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海抜知~る

110911cimg8052  台風12号による被害に対する近畿地方への支援対応のため、日曜日の今日も出勤でした。

 昼食のため、街なかに出て見つけたのがこの写真です。

 道路標識柱のずいぶんと高い位置に、黄色い蛍光色の帯が巻き付けられています。

 さて、これは何でしょうか・・・

110911cimg8050  反対側に回り込むと、「海抜」と「5m」と「」の文字が印刷されています。

 これは、その場所の海抜を知ってもらおうとするものです。

 地震時の津波に対して、その場所がどれほどの標高があり、避難の必要性の有無などの判断材料にしてもらおうというもので、「海抜知~る」と命名されています。

 5メートルが黄色、10メートルがオレンジ色、15メートルが青色の帯が使われ、その間には青と白色の20cm刻みのルーラー(1m毎に赤色)が取り付けられています。

110911cimg8048  この場所だと5mの帯から逆算していくと、道路面の高さは1.5メートル程度ということでしょうか。

 平成16年の高潮の際には、高松港の潮位が2.46メートルでしたから、この場所だと1メートル近い浸水深になっていたということでしょうか。

 東南海・南海地震が同時に起きた場合、瀬戸内海側でも2~3メートルの津波高さになることが想定されています。

 東海・東南海・南海・日向灘の4連動地震など、巨大地震ではさらにその津波の高さは高くなることが想定されます。

 津波来襲時に、どこにいるかはわかりません。

 その時に、いる場所の標高を知っていること、避難すべき方向や場所を知っていることは、限られた時間のなかで避難を成功させ、生き残るために重要な情報です。

 これから「海抜知~る」は、四国内にどんどん増えていきます。

 みなさんも、見つけていただき、その場所の標高を知り、避難の方法について考えてみてください。

 あなた自身の命を守ることにつながるのですから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川経済同友会 新たなる出会い

110913cimg8076  平成23年9月6日(火)、サンポートホールの会議室で、経済同友会の方を前に、2時間ほど話をしてきました。

 銀行、鉄道、バス、建設会社、放送局、機械メーカー、製紙会社、福祉関係企業、自動車販売店ありとあらゆる業種の方々が集まっています。

 東日本大震災の発生を契機に、

・緊急提言「今後予想される東南海・南海地震に向けて 『緊急地震速報』や『災害・避難情報』を住民に緊急に伝達し安全確保を」を浜田恵造県知事に提出。

・東日本大震災の被災地を支援するため、公益社団法人セカンドハンドと連携してチャリティーバザー(後援:高松市)を高松市役所1階市民ホールにて開催。

・被災地への支援を行うため、会員から募った201万円の義捐金を、東日本大震災等により香川県に避難転住した世帯を対象に、災害見舞金として申請のあった28世帯に対し、災害見舞金(1世帯当たり72,000円)を給付。

などに取り組むと共に、東日本大震災への対応の提言を目的とする特別委員会も立ち上げられました。

 今回の講演は、この特別委員会の第1回会合としてセットされたものでした。

 様々な経験と価値観から、いかに東日本大震災に対処すべきか、来るべき南海地震などの巨大地震に対してどう備えるべきか、貴重な意見と提言が出てきそうな、そんな予感を感じることが出来る2時間と懇親会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまくできたら20万円

110904cimg8031  75~120字のコピー(20秒以内)で、最優秀賞になれば、賞状と現金20万円があなたの手に。

 グランプリになる作品を予想し、当たれば1万円をゲットできるかも。

 そんなポスターを街角で見つけました。

 RNC RADIO CM GRAND PRIX 2011 のポスターです。

  いま、起こさずにいつ起こす。
  眠っている文才。

 流石! うまいコピーですよね。

 応募の締め切りは9月30日

 詳しくはこちらを参照下さい。

 あなたの眠っている文才を、呼び起こしてみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風12号への備え 万全!

110902cimg8019  台風12号が四国をゆっくりと縦断していきました。

 2日の午後から、docomoのエリアメールが何度となく鳴り、「土砂災害警戒情報」、「香東川はん濫警戒情報」などが届きます。

 高松市からは「避難準備情報」が届き開設中の避難場所の一覧が示され、「高潮警報」なども順次届けられました。

 私は災害対応のため、3日(土)の朝から4日(日)の朝まで、災害対策室に泊まり込みでした。

110903cimg8021  3日の朝、24時間営業のスーパーには高松市消防局のワゴンが停まっていました。

 店内に入ると、消防団員らしい二人連れがおにぎりなどを買い込んでいるところでした。台風対応の隊員達への朝ご飯の買い出しでしょうか。

110903cimg8022  サンポートに向かう途中の街なかは、各所に土のう防潮堤が設置されています。

110903cimg8029  商店も、営業時間を変更し早めの閉店です。

 平成16年の高潮の経験が、様々なところに活きています。

 備えあれば 憂いなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風のなか防災リポートタクシー乗務員が結集

100826cimg2184 先週の金曜日、平成23年8月26日と今日9月2日、「防災リポートタクシー乗務員講習会」の講師を務めてきました。

 特に今日は、台風12号の接近に伴う大変な強風と雨の中、香川ハイタク会館へ向かいましたが、傘はさしたとたん強風にあおられ骨が曲がってしまい壊れてしまいましたし、タクシー乗り場では強風のためタクシーのドアが開きませんでした。

 みなさんは「防災リポートタクシー」のことをご存知ですか。

 大震災など災害発生のたびに改めて思い知らされるのは、正確な情報を素早く伝達することの大切さです。これによりどれだけ災害対策に役立つか計り知れません。

 タクシーは24時間休みなく走る唯一の公共交通機関です。それゆえに、災害発生時に乗務員は現場の第一目撃者となる可能性が大であります。高松タクシー協会では、現場の生の情報を迅速に提供するために「防災リポートタクシー」を立ち上げ運行することに致しました。

 いつ起きるかわからない災害に対して、高松市等の行政機関と連携を取りながら地域の防災活動に貢献することを目的とします。

 「防災リポートタクシー実施要領」に書かれている防災リポートタクシーの「目的」の一文です。

 防災リポートタクシーをより充実しようと、タクシー協会の中でも未参加だった事業者に声をかけ、今年新しく20名ほどの新人リポートタクシー乗務員を任命したそうです。

 このように新人さんもいるということで、私からはこれは知っておいて欲しい、考えて欲しいというものを、昨年と同様話させていただきました。

 今年は、3月11日の東日本大震災を経験しての講習会です。

110826cimg7865  講習会のもう一方の講師の方は、西日本放送ラジオセンター難波部長(8月26日担当)と、池本ディレクター(9月2日担当)です。

 今年の講習会では、3月11日の東日本大震災の際のラジオ福島の対応から、何が求められているのかを説明いただきました。

 福島でも震度5強の揺れが襲い、地震直後の15時から、ネット受け番組とCMの中止を判断し、24時間、2週間にわたり災害放送を続けました。その間は、ネット放送もCMもないため、民間放送局としては無収入でした。

 停電にも、自家発電を持っていたので対処でき、緊急車両等の届けを出したり、スポンサーのガソリンスタンドに営業マンが頼み込むなどして燃料を確保した。

 道路がズタズタで物資が入ってこないし、地震後の物資買いだめが起こり、放送スタッフの食事、水、ガソリンの入手が困難な状況になり、井戸のある社員宅からポリタンクで水を運び、総務や営業の職員はスーパーで行列に並び物資や食料の調達にあたった。

110902cimg8018  ガソリンが無く道路がズタズタで取材に行けないことから、電話による情報収集に努めたが、情報は入ってこない。そこでGメールのアカウントを立ち上げ、ツイッターも活用し、リスナーなどから情報を送ってもらい、各地の交通情報、道路状況、安否状況を伝え続けた。

 元気の出る曲を流したら、「わざとらしい」、「やめてくれ」となり、子ども達が聴きたい曲、「童謡」「アニメソング」や、ホッとするような曲としてバラード系が喜ばれた。

 今回の災害放送で、「ラジオを聞くようになった」という声が多かったそうです。

 避難生活の中や、停電時の情報収集は、携帯性が良く、乾電池での長時間使用が可能なラジオの機能が発揮されました。

 東日本大震災では、様々な地域にミニFM局が開設され、避難所情報や行方不明者に関する情報が流されました。その地域の人たちは、ローカルな情報こそ必要としているのです。

 現状や見通しの情報があることで、人は、「正しく判断」し、「正しく恐れ」、「正しく備える」ことが出来ます。

110826cimg8011  

 講習会の様子をメモにまとめました。
「110826_report.pdf」をダウンロード (272KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »