« ふたたび直島へ | トップページ | 病みあがり前に再度の接近 台風15号 »

輝いて生きる 新老人の会

110916cimg8244  平成23年9月16日(金)、サンポートホール高松の大ホールで開かれた、日野原重明先生の講演会に参加してきました。

 日野原先生は、聖路加国際病院理事長や(財)ライフ・プランニング・センター理事長を務め、現在も臨床医の傍ら、執筆、講演などで活躍されています。

 2000年には「新老人運動」を提唱し、この趣旨に賛同する方々の集まり「新老人の会」を発足しました。

 それから11年を経て、全国の会員数は11,5000名を超え、地方支部も今年の4月に設立した香川支部で37箇所を数えるまでになりました。

110916cimg8189  今回の講演会は、この香川支部の設立記念フォーラムとして開催されたものです。

 「新老人の会」の目指すものは、「世界平和」と「いのちの大切さ」を次世代に伝えること。そのために私たちは大きなビジョン(夢)を描き、それを次世代につなげる活動を展開していきます。

 そんなメッセージがプログラムには記されています。

 また、モットー、使命、行動目標として次のようなことも掲げられています。

110916cimg8223 ○「新老人の会」の3つのモットー

 1.いつまでも愛し愛される人間である(Love)

 2.創造を持ち続けること。何か新しいことを考え、実行すること。(be creative)

 3.耐えること。耐えることによって他人の苦しみをも共感できる。(endure)

110916cimg8235 ○一つの使命

 子どもたちに 平和と愛の大切さを 伝えること

○「新老人運動」の5つの目標
 ・自立 とよき生活習慣やよき文化の継承
 ・世界平和 戦争体験を生かし、世界平和の実現
 ・自分を研究に 自分の健康情報を研究に活用
 ・会員の交流 お互いの間に新しい友を求め全国的な交流を図る
 ・自然に感謝 自然への感謝とよき生き方の普及

 日野原先生の講演は「輝いて生きる」と題して、どうすれば百歳まで生きることが出来るか、生きがいを持って輝いて生きられるかなどについて話していただきました。

110916cimg8186  驚いたのは、2週間後に百歳を迎えるという日野原先生が、椅子などを使わず、立ったままで1時間の講演をこなされ、また、予定時刻に5秒を残してピタリとした時間管理で講演をまとめられたことです。

 生きがいを持って、輝いて生きられるよう、今から備えていきたいものです。

 セミナーの様子をまとめました。
「110916_forum.pdf」をダウンロード (646KB)

|

« ふたたび直島へ | トップページ | 病みあがり前に再度の接近 台風15号 »

健康・スポーツ」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

コメント

いろいろな場面、いろいろな機会に参加させていただいています。

さまざまな人との出会い、いろいろなものの見方や考え方
気づかされること、考えさせることがいっぱいです。

せっかくのそのひとときをメモに残し、みなさんのものにもしてもらえればと、メモをまとめさせていただいております。

そこで気がつくのですが、例えば同じ講演会に参加したレポートや新聞記事でも、そのポイントの置き方や、一言の解釈の違いに気づかされます。

それも聞き手、受取手の経験や知識の違いが、メモづくりにも影響しているのでしょう。

こんなつたない私のブログで良ければどうぞご活用下さい。

明るく、元気な香川を、四国を、日本を、世界を作られていくことを期待しております。

投稿: ほっと・ひといき | 2012年3月 2日 (金) 07:31

はじめまして。新老人の会香川支部事務局の者です。

とても詳細なレポートを拝見し、感心いたしております。香川支部のブログからリンクさせていただきたいと思います。

フォーラムの際に会員さんが増え、約半年が過ぎました。会員さんとともに今後ますます会を盛り上げて参りたいと考えております。

3月11日(日)13:30~ ユープラザうたづで会員の集いを行います。
ご興味がありましたら、ぜひご参加くださいませ。

宜しくお願い致します。

投稿: 新老人の会香川支部 | 2012年3月 1日 (木) 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/52785526

この記事へのトラックバック一覧です: 輝いて生きる 新老人の会:

« ふたたび直島へ | トップページ | 病みあがり前に再度の接近 台風15号 »