« 世界の音楽とダンス トラックが サンポートに大集合 | トップページ | 台風12号への備え 万全! »

台風のなか防災リポートタクシー乗務員が結集

100826cimg2184 先週の金曜日、平成23年8月26日と今日9月2日、「防災リポートタクシー乗務員講習会」の講師を務めてきました。

 特に今日は、台風12号の接近に伴う大変な強風と雨の中、香川ハイタク会館へ向かいましたが、傘はさしたとたん強風にあおられ骨が曲がってしまい壊れてしまいましたし、タクシー乗り場では強風のためタクシーのドアが開きませんでした。

 みなさんは「防災リポートタクシー」のことをご存知ですか。

 大震災など災害発生のたびに改めて思い知らされるのは、正確な情報を素早く伝達することの大切さです。これによりどれだけ災害対策に役立つか計り知れません。

 タクシーは24時間休みなく走る唯一の公共交通機関です。それゆえに、災害発生時に乗務員は現場の第一目撃者となる可能性が大であります。高松タクシー協会では、現場の生の情報を迅速に提供するために「防災リポートタクシー」を立ち上げ運行することに致しました。

 いつ起きるかわからない災害に対して、高松市等の行政機関と連携を取りながら地域の防災活動に貢献することを目的とします。

 「防災リポートタクシー実施要領」に書かれている防災リポートタクシーの「目的」の一文です。

 防災リポートタクシーをより充実しようと、タクシー協会の中でも未参加だった事業者に声をかけ、今年新しく20名ほどの新人リポートタクシー乗務員を任命したそうです。

 このように新人さんもいるということで、私からはこれは知っておいて欲しい、考えて欲しいというものを、昨年と同様話させていただきました。

 今年は、3月11日の東日本大震災を経験しての講習会です。

110826cimg7865  講習会のもう一方の講師の方は、西日本放送ラジオセンター難波部長(8月26日担当)と、池本ディレクター(9月2日担当)です。

 今年の講習会では、3月11日の東日本大震災の際のラジオ福島の対応から、何が求められているのかを説明いただきました。

 福島でも震度5強の揺れが襲い、地震直後の15時から、ネット受け番組とCMの中止を判断し、24時間、2週間にわたり災害放送を続けました。その間は、ネット放送もCMもないため、民間放送局としては無収入でした。

 停電にも、自家発電を持っていたので対処でき、緊急車両等の届けを出したり、スポンサーのガソリンスタンドに営業マンが頼み込むなどして燃料を確保した。

 道路がズタズタで物資が入ってこないし、地震後の物資買いだめが起こり、放送スタッフの食事、水、ガソリンの入手が困難な状況になり、井戸のある社員宅からポリタンクで水を運び、総務や営業の職員はスーパーで行列に並び物資や食料の調達にあたった。

110902cimg8018  ガソリンが無く道路がズタズタで取材に行けないことから、電話による情報収集に努めたが、情報は入ってこない。そこでGメールのアカウントを立ち上げ、ツイッターも活用し、リスナーなどから情報を送ってもらい、各地の交通情報、道路状況、安否状況を伝え続けた。

 元気の出る曲を流したら、「わざとらしい」、「やめてくれ」となり、子ども達が聴きたい曲、「童謡」「アニメソング」や、ホッとするような曲としてバラード系が喜ばれた。

 今回の災害放送で、「ラジオを聞くようになった」という声が多かったそうです。

 避難生活の中や、停電時の情報収集は、携帯性が良く、乾電池での長時間使用が可能なラジオの機能が発揮されました。

 東日本大震災では、様々な地域にミニFM局が開設され、避難所情報や行方不明者に関する情報が流されました。その地域の人たちは、ローカルな情報こそ必要としているのです。

 現状や見通しの情報があることで、人は、「正しく判断」し、「正しく恐れ」、「正しく備える」ことが出来ます。

110826cimg8011  

 講習会の様子をメモにまとめました。
「110826_report.pdf」をダウンロード (272KB)

|

« 世界の音楽とダンス トラックが サンポートに大集合 | トップページ | 台風12号への備え 万全! »

勉強」カテゴリの記事

災害、防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/52706582

この記事へのトラックバック一覧です: 台風のなか防災リポートタクシー乗務員が結集:

« 世界の音楽とダンス トラックが サンポートに大集合 | トップページ | 台風12号への備え 万全! »