« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

本気で考えていたか振り返り 巨大地震に備える

111128cimg9857  平成23年11月28日(月)、東京の日本教育会館 一ツ橋ホールで、東北圏広域地方計画協議会の主催で行われた「東北圏広域地方計画」シンポジウムに参加してきました。シンポジウムのタイトルは「東日本大震災、被災地からの証言 東北圏の教訓と課題を活かすために」とされています。

 プログラムは次のとおりです。

●被災地からの証言
  陸前高田市長             戸羽  太(とば ふとし)
  (株)マイヤ代表取締役社長       米谷 春夫(まいや はるお)
  気仙沼市長              菅原  茂(すがわら しげる)
  トヨタ自動車(株) 総務部 総務室長  神島 清司(かみしま きよし)
  相馬市長               立谷 秀清(たちや ひできよ)
  岩手県副知事             上野 義晴(うえの よしはる)
  東北地方整備局長           徳山日出男(とくやま ひでお)

●ディスカッション「東北圏の教訓と課題を活かすために」
  モデレーター:河北新報社 論説委員長  鈴木 素雄(すずき もとお)

 

<被災地からの証言>
 前半は「被災地からの証言」と題した講演です。

 行政の首長の立場、現場を統括する立場の方からは、

・「公務員の仕事」とは、どこまでなんだろう。3階建ての庁舎の屋上まで津波がきた。市の職員、公務員は、人を助けるような訓練をしていない。しかし、職員は逃げることは出来ない。
・首長も新人、災害対応の経験無し
・スピード感を持って 今の国の対応は時間がかかりすぎる。たくさんの「規制」がある。復旧、復興の妨げとなる。
・「現場力」の重要さ、現場の判断、対応が要(かなめ)。
・3現主義 「現場」、「現物」、「現実」 現場の事実が最大の説明者 東京など遠方からの指導は難しい。

といった話しや、一個人として現地のボランティア活動に参加して感じたこととして、

・支援が出来るのは、家族が居て、住むところがあって、給料がもらえている、ゆとりがあるから。
・自分自身が、まずは家の耐震補強や家具の固定、会社の防災訓練を真剣にやるとか、帰宅難民に備えて職場にスニーカーを用意しておくとか、そんな小さな事が、人の命を救うことが出きる。

といった話しもありました。

 また、被害をより小さくし、速やかな救命・救急、復旧・復興のために、道路や港など交通ネットワークの大切さ、社会資本整備の多重性の重要性の話しもありました。

 

<ディスカッション>
111128cimg0076  後半は、「東北圏の教訓と課題を活かすために」と題して、前半の証言者全てが参加してのディスカッションです。

 行政の縦割りの弊害。
 その逆に、既設の法や制度をどう便法で非常時向けに読み取るか、現場主義の大事さなどの発言があり、東北地方整備局長からも、「平時と非常時の問題。現場に合わせて発想しなければいけない。それが出来ていた人、出来ていた組織、出来ていない人、出来ていない組織があった」と。

 また、遠方自治体等との「防災協定、防災応援協定」の大事さ、自治体が非難されることがあっても「情報発信」の大切さなどが強調されました。

111128cimg0073  魂が入っているかどうかが大事。
 本気で考えているか、本気でシミュレーションし、本気で訓練していたことは対応できた。三陸の地震と4回のうち3回は連動して18年以内に東海・東南海・南海地震が起きている。今日の機会に、本当に本気で考えていたか振り返ってほしい。

 そんな東北地方整備局長のまとめで締めくくられました。

 シンポジウムの様子をメモにしました。
「111128_symposium.pdf」をダウンロード (749KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかく「一歩前」に進めて その日に備えて

111123cimg9810  平成23年11月23日(水・祝)、全日空ホテルクレメント高松で四国新聞社の主催、香川県の共催で開かれた、防災香川2011「100万人の防災シンポジウム」に参加してきました。

 会場内では、写真撮影、録音が禁止だったため、会場の様子の写真はなく、メモのみとなります。

 プログラムは次のとおりです。

 開会

 基調講演①「地域防災力を高めるために ~住民・行政・専門家が一体となって~」
   愛媛大学防災情報研究センター准教授 二神透(ふたがみ とおる)

 基調講演②「東日本大震災 ~ボランティア活動で見えたもの~」       
   川西地区自主防災会会長 岩崎正朔(いわさき せいさく)

 パネルディスカッション「南海地震に備えて ~私たちにできること~」
   パネリスト:二神 透(愛媛大学防災情報研究センター准教授)
         岩崎正朔(川西地区自主防災会会長)
         丹 陸宏(香川県防災局長)
         樽谷佳樹(高松市PTA連絡協議会会長)
      進行:上原慶子(フリーアナウンサー)
  閉会

 まずは第1部の基調講演です。

111123_0003  愛媛大学防災情報研究センターの二神さんからは、災害時の避難問題、地震の仕組み、地域で被害者を出さないためにはどのような取組が必要かなどについてお話しいただき、最後は「縦藍而青(じゅうらんにしょう)」の言葉で締めくくられました。

 「縦藍而青」 ことわざとしては、「青は藍より出でて藍より青し」とも言い、糸を青く染めるのに染料の藍に浸しては乾かすを繰り返すと、やがて、染料の藍よりも鮮やかな濃い青に仕上がる。従藍而青の教えるところは、人が成長する上で、努力や鍛錬がどんなに大切かということのたとえ。住民が自主的に訓練に取り組み、鮮やかな「青」となる。行政、専門家は「藍」である。

 そんな言葉で締めくくられました。

 丸亀市川西地区自主防災会会長の岩崎さんからは、今回の東日本大震災の支援活動から感じたことなどの話があり、とにかく「一歩前へ」進めて、必ずやってくる西日本大震災に備えるべきである との言葉で締めくくられました。

 第2部はパネルディスカッションです。

 「南海地震に備えて ~私たちにできること~」と題して、今年の7月24日~8月14日の間に実施した「100万人の防災に関するアンケート調査」の結果を振り返りながら、二神さん、岩崎さん、香川県防災局長の丹さん、高松市PTA連絡協議会会長の樽谷さんの4名のパネリストと、上原慶子さんの司会で進められました。

 四国に住む私たちは、東日本大震災を通じて、将来四国に起きうるであろう大地震の様子を見ることが出来ました。

 地震を防ぐことは出来ませんが、震災を防ぐことは出来ます。

 今日から出来るここと、必ず来るその日に向け、備えておきましょう。

 シンポジウムの様子をまとめて見ました。
「111123_bousai.pdf」をダウンロード (998KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょこたんにはシッポが・・・

111120cimg9621  さて、左の写真は何でしょうか。

 今日は、奥さんといっしょに歩いてアーケード街を北上し、サンポートまで行って来ました。

 アーケードのラーメン店で博多ラーメンをライスと餃子セットで食し、高松市ボランティア・市民活動センターや不思議な電気屋さん、一人で入るのは躊躇していたという兵庫町の金物屋を堪能し、その途中、兵庫町商店街で見つけた「ひょこたん」の石像です。

111120cimg9623  みなさんは、気がついていましたか?

 ひょこたんには、シッポがありました。

 ひょこたんは、兵庫町商店街のマスコットキャラクターです。

 

111120cimg9619  12月23日生まれ。

 骨付鳥、それも若鶏が好物だそうです。

 ハートの鼻と松の髪飾り、前髪は兵庫町商店街のアーケード入り口がモチーフになっているそうです。

 ひょこたんの石像の隣には、「兵庫町商店街に光を灯そう」との大きな文字が書かれた看板が立っています。

111120cimg9617  家で使わなくなったクリスマスツリーを、ひょこたん券500円と交換してくれるというものです。

 集まったツリーは、12月23日(金・祝)のキャンドルイベントで使われるそうです。

 12月10日(土)まで、兵庫町商店街事務所で、ツリーを回収してくれるそうです。

 ツリー提供で参加、あるいは、12月23日のキャンドルイベントで参加してみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命を守る3要素 知力 体力 時の運

111114cimg9695  平成23年11月14日(月)、サンポートホール高松の61会議室で、土木学会四国支部の主催で行われた『平成23年度 「土木の日」記念行事』に参加してきました。

 

 プログラムは次のとおりです。

14:00~14:04 支部長挨拶 川﨑正彦(国土交通省 四国地方整備局長)

14:05~14:23 平成23年度 土木学会選奨土木遺産 認定書受賞式
     選奨土木遺産の紹介 選考委員会の支部長 真田純子助教授 徳島大学
     受賞者挨拶 香川県土木部道路課長 尼子進

14:23~16:02 特別講演 「東日本大震災の教訓と東南海・南海地震への備え」
           大年邦雄 高知大学教授
          (土木学会四国支部 四国ブロック南海地震研究委員会 委員長)
16:03     閉会

111114cimg9677  今年の土木学会選奨土木遺産は、香川県綾川町の「滝宮橋」です。

 昭和8年(1933年)に竣工し、高松と琴平を結ぶ交通の要所に架けられた、戦前では香川県内唯一の開腹アーチ橋であり、凝った意匠の高欄もそのまま残る貴重な橋です。

111114cimg9669  まずは、選考委員会委員長の真田純子助教授(徳島大学)からの選奨制度の趣旨や効果、選奨土木遺産の紹介があり、その後、認定証授賞式です。

111114cimg9681  滝宮箸の管理者である香川県を代表し、土木部道路課長の尼子進さんが受賞の挨拶と認定証の授与を受けました。

 

 

 

111114cimg9682  その後、高知大学教授の大年邦雄さんによる特別講演です。「東日本大震災の教訓と東南海・南海地震への備え」と題して、土木学会の数次に渡る調査の結果や四国支部内の大学等研究機関における調査結果などを基に、来るべき南海地震に対する四国としての地震・津波対策において、今後さらに強化すべき事項について講演がありました。

111114cimg9692  自分の命を守る3要素として、「知力・・・防災知識」、「体力・・・避難行動」、「時の運・・・普段の行い」の紹介などもあり、最後は、土木技術者は、技術や知識により、活力を与えられるように。また、「土木技術者に任せておけ!」との意気込みで、四国の防災力向上に、との土木技術者へのエールで講演は終わりました。

 認定証授与式と特別講演の様子をメモにしました。
「111114.pdf」をダウンロード (469KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帆船 海王丸 サンポートに出現

111114cimg9656  平成23年11月14日(火)、サンポート高松の2万トン級岸壁に帆船が停泊していました。

 独立行政法人航海訓練所の「海王丸」です。

 お昼休みのウオーキングで間近で見てきました。

111114fitcimg9643  船の周りには数人のガードマンが立ち警備にあたっていますが、船の前には畳一畳分ほどの大きさの説明パネルが掲げられています。

 総トン数:2,556トン
 長さ:110.09メートル 巾:13.80メートル 深:10.71メートル マストの高さ(水面上):約50メートル
 主機関 ディーゼル機関:1,500馬力×2基
 航海速力 帆走:6~7ノット 機走:12.95ノット
 建造年月日:1989年9月12日
 定員 199名

111114cimg9649  こんな諸元と共に、海王丸の船体内部のカット図が描かれています。

 今回の航海は、マストに帆が取り付けられておらず、以前寄港した日本丸のようなセイルドリルのようなデモンストレーションは出来なさそうです。

 また、今回は一般公開も無さそうです。 残念!!

111114cimg9697  日が暮れると、ライトアップされた海王丸がミケイラのライトやせとしるべの赤い光と共に、サンポートの水面を照らします。

 11月19日(土)の10時出港予定とのことです。

 ライトアップされた海王丸も含め、まだまだ楽しめます。

111114cimg9659  サンポート高松のバラ園の散策と共に、港を訪れてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

glow snow 丸亀町はXmasイルミネーション

111110cimg9453  今夜は郵便局でお金をおろしたく、21時過ぎに郵便局の本局に寄りました。

 そのまま丸亀町商店街を通って帰宅しようとしたところ、ドームには青色のLEDで装飾されたクリスマスツリーがそびえ立っていました。
 

 そばの説明看板には、次のような説明が書かれています。

111110cimg9447      「glow snow」

   今年も丸亀町のシンボルとして
   「glow snow tree(グロースノーツリー)」
   が9mの高さで再登場!

   青のLEDをまとったホワイトクリスマスツリーは
   ツリーの下をくぐって見上げると
   光の雪の玉(glow snow)が降り注ぎ
   雪がふり注いでいるような
   幻想的な演出が楽しめます。

111110cimg9454    また、壱、弐、参番街でも
   ミニホワイトツリーが並び
   二番街のクリスタルアーケードは
   クリスマス限定のライトアップが楽しめます。

 

 「再登場」 ?

101215cimg3930 去年のクリスマスツリーの写真が右の写真です。

 なるほど。

 今年のツリーは、昨年のツリーの下に人がくぐれるような枠を設け、その上に去年のツリーを設置した形になっていました。

 下から見上げたツリーは さて どんな風に見えるのでしょうか・・・

 ぜひ、現地に行って確かめてください。

 また、次のような説明文もつけられています。

   12月4日~12月23日の終末限定で
   人気の街クラシックが「冬クラシック」としてスタート。
   瀬戸フィルハーモニー交響楽団による小編成のステージをはじめ
   今年5回目を迎える「第九台合唱」など
   上質で優美な音楽空間も楽しめます。

 さあ、暖かかった今年の夏(秋)も、早足で冬へ向かってまっしぐら。街は、もうクリスマス気分で塗り替えられています。

 このXmasイルミネーションは、12月25日までの17:00~22:00の間、みなさまの来訪を青い光でお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨のなか 地震で延期となっていた観閲式

111106cimg9363  平成23年11月6日(日) 、善通寺駐屯地で行われた「第14旅団創隊5周年 善通寺駐屯地開設61周年記念行事」に参加してきました。

 今年は、東日本大震災の発生により、第14旅団は宮城県女川町などを中心に支援活動に大半の隊員が派遣されていたことから、延期となっていた記念行事です。

111106cimg9404  開催案内には、落下傘による降下やオートバイドリル、模擬演習などは実施しないと書かれていおり、昨年に比べ規模を小さくしての実施です。

 ちょうど記念行事が始まる11時頃から雨がぱらつき始め、カッパや傘をさしての見学です。

 多くの国会議員の方々などによる来賓挨拶や祝電披露ののちに、観閲式が始まりました。

 音楽隊を先頭に、各部隊の行進、特殊車両や戦車などの行進が続きます。

111106fitcimg9408_2  

111106cimg9418  観閲式の締めくくりは音楽隊による演奏です。

 青葉城恋歌や上を向いて歩こうなど、女川町の大漁旗も参加しての演奏でした。

 そのあとは、大きな体育館の中で祝賀会です。

 第14旅団の宮城県での活動状況の紹介映像が流されたあと、女川町長を含む来賓挨拶です。

 祝賀会会場には、宮城県の女川町長を始め、女川町の市民団体の方も、震災でお世話になった第14旅団の記念式典を祝いに、善通寺まで来ていただいておりました。

 会場で上映された第14旅団の東北での活動状況は、第14旅団のホームページからも見ることが出来ます。

 映像の始まりには、「旅団は3月14日(月)1800 中部方面隊の命令を受け、災害派遣部隊を編成 翌3月15日(火) 人員約1500名、車両約300両が東北方面へ向け出発した」との説明がありました。 

 また、会食のテーブルの上には、女川町で作られた様々なカマボコがが用意されていました。

 私も、カマボコをいただきましたが、何とも美味しいカマボコでした。

 観閲式の様子をまとめました。
「111106jieitai_1.pdf」をダウンロード (529KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなが使いやすいデザイン ユニバーサルデザイン

111105cimg9350  ちょっとした修理のため、木工用ボンドを取り出して作業中、容器にある点字に目がとまりました。

 表側の方にあるのは「ぼんど」だろうと思いましたが、裏側にも点字があります。表側とは内容が違いそうですし、文字数も多そうです。

111105cimg9349  そこで、点字を少し調べてみると、表側はやはり「ぼんど」でしたが、裏側は「もっこーよー」でした。

 

 世の中のモノには、様々な人への配慮がなされ、ユニバーサルデザインへの配慮がなされています。

111105cimg8898  テレビやレコーダーのリモコンの青、赤、緑、黄色の4つのボタンには、「青」「赤」「緑」「黄」の文字が書かれています。

 これも、色覚障害の方へのリモコンが使いやすくなるようにとのデザインだそうです。

 先月、10月8日の「じんけんふぇすた2011」で見かけたパネルには、「ユニバーサルデザインの7原則」として、

111105cimg8759 1.公平性
 2.自由度
 3.単純性
 4.分かりやすさ
 5.安全性
 6.負担は少なく
 7.スペースの確保

が示されていました。

 点字や、色を文字で表すデザインは、「公平性」や「分かりやすさ」にあたります。

111105cimg8897  そんな目で、身の回りを見ると、ハードディスクレコーダーの操作画面に、こんな表示を見つけました。

 4つ並んでいればその配置からどのボタンがどの機能に対応するのかが分かるのでしょうが、この画面では3つしかありません。

 色を説明する文字が無く、機能を文字で表示しているだけですから、どの色、何番目のボタンが、その機能に対応するのか分かりません。

111105cimg8766  今どき、白黒画面は少ないのでしょうが、白黒モニターで操作をしようとすると、私たち色覚障害のない人にとっても、文字の色を表示させることが使いやすさにつながります。

 階段に併設されているスロープや、トイレに設けられた手摺りは、健常者にとってはその必要性を感じないモノかもしれませんが、運動でアキレス腱を切ったり、骨折をしたときの松葉杖での生活では、必要不可欠です。

111105cimg8767  和式のトイレしかない建物で仕事をしていると、しゃがめない状態の身体では、洋式トイレ、それも手摺り有りのトイレを探して、さまようことになります。

 様々な人のことを考え、ユニバーサルデザインを実現しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »