« 長期を見据えた工夫で 三方徳 | トップページ | 日本航空の工夫や取組 »

今年はどんな変化が起きるのでしょう

120103cimg4743  今日は、新年会のために家族4人で奥さんの実家へ行って来ました。

 奥さんのご両親や姉妹の家族など、4世代にまたがる総勢21人が集まりました。

 姪や甥家族も、いつもは核家族の3人や4人家族ゆえ、同年代の幼児が集まると、元気に走りまわっています。

 そこで、こんな話を聞くことが出来ました。

 「昔は、畳に座る和式の生活で家具の背が低いし、家も広いことが多かったので、幼児のハイハイの期間が長かった。今は洋風の机中心の生活のため、つかまり立ちがしやすいし、何より家も狭いことから、ハイハイする距離も期間も少なくなっている」というものです。

 どうですか。皆さんのまわりにいる幼児も、立って歩く年齢が速くなっていたりしませんか。

 家族構成や生活様式の違いから、様々な変化が身の回りで起きていそうですよね。

 昭和58年に職場に初めてワープロを私が導入し、委員会資料をワープロで作成していると、「君はタイピストではない。清書は漢字タイピストに頼め!」と言われました。それが今では、どうですか・・。

 ワープロは、パソコンにワープロソフトをインストールして使う形が主流となり、ワープロそのものの製造・販売も行われなくなりつつあります。

 パソコン通信もマニアックなオタクが使うものだったものが、今ではe-メールやインターネットが当然の道具となり、FAXも肩身が狭くなってきています。

 今年はどんな新しいことが世に生まれ、どんな新しいことがスタートし、どんな変化が起きるのでしょうか。

 楽しみですよね。

 実家からの帰りは、お決まりの大量のお土産と共に帰還です。

 ミカンやレモン、大根やレタスなど大量の野菜をいただき、ありがたいかぎりです。

 感謝、感謝。

|

« 長期を見据えた工夫で 三方徳 | トップページ | 日本航空の工夫や取組 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524388/53699217

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はどんな変化が起きるのでしょう:

« 長期を見据えた工夫で 三方徳 | トップページ | 日本航空の工夫や取組 »