« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

出会いは偶然ではなく必然である!

120229cimg5689  平成24年2月29日(水)、サンメッセ香川の2階大会議室で行われた「平成23年度 中四国合同高速道路災害図上訓練」に、オブザーバーとして参加してきました。

 西日本高速道路株式会社他が事務局となって、昨年度は四国4県合同での訓練、今年は中四国合同での訓練が行われました。

 昨年度までは、高速道路上の交通事故を想定した訓練でしたが、昨年の3.11を契機に、今年は地震による災害を想定した訓練です。

 地震を原因として、瀬戸大橋上で車が事故を起こしているとの想定①と、四国内の高速道路上の事故ではあるが津波のおそれがあるとの想定②です。

120229cimg5687  各々の想定に対して、二つのグループが取り組みます。

 ひとつのグループは、高速道路交通警察隊消防医療機関JAFバス会社海上保安庁本四関係者NEXCOグループから道路管理センターや道路の保全を担当する方々など、16~18人で構成されています。

120229cimg5679  財団法人消防科学総合センターの防災図上訓練指導員でもある、坂出市総務部職員課危機管理室副主幹の笠井武志さんの進行のもと、図上訓練が進められました。

 図上訓練の留意点として、「失敗が多く見られる訓練こそ成功である」「発災時には必ずしもトップがいるとは限らない。代行がちゃんと出来るか」「当初は課題発見を」、また、図上訓練の目的として、「災害に対して、共通言語でしゃべれるようになっていないといけない」「出会いの場 他機関、他職種の専門用語 異文化コミュニケーションの場(共通言語を持つ)」との話で始まりました。

 出会いは偶然ではなく必然である!

 何か訳があって、隣の席通しになった。名刺交換をし、メール交換をし、帰ってから今日の感想などメール交換をし・・・ と、異なる機関、異なる職域の方々と、顔の見える関係作りのため、今日の訓練、今日という機会を活かして下さいとの話もありました。

120229cimg5691  私も、座っている席のまわりの方々と名刺交換をし、お昼休みのお弁当を食べるときには、医療法人芳越会ホウエツ病院の方々やNEXCOの松山の方とご一緒することが出来ました。

 ホウエツ病院では、「大病院ではない、小規模なホウエツ病院も出来ることがあるはず」と、日頃から防災に取り組まれていることや、「今日も男性ばかりで、女性の参加者が少ない」といった話を聞くことが出来ました。

 病院では女性が多く、男性の看護士が一人混じっていて、「(男性の)僕はこう考えるから、こう行動する」と、男性ならではの考え方や行動、女性との違いに気づかされるそうです。

 災害の被災者も対応者も男性だけではないのですから。

 共に違いに気づき、違いを活かし、災害に備え、災害を克服していかなければならないのですから。

 訓練の様子をメモにまとめました。
「120229_nexcodig.pdf」をダウンロード (521KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全に そして確実な避難には・・・

120228cimg5675  打ち合わせに行った帰り道の中央通りです。

 何かに気づきませんか。

 そうです。信号機が消灯しています。

 車道も歩行者用信号機も消灯しています。

 交差点には誘導の方が合図をしてくれています。

 そばに立てられている工事看板には「通信回線の工事」と書いてあります。

 みなさんは、信号機が消えている場面に出くわしたことはありますか。

 この現場でも、車道や歩道に多くの誘導の方が立っていました。

120228cimg5674  でも、大地震などで停電してしまうと、街中の交差点という交差点の信号機が機能しなくなります。

 瀬戸内側にある香川県では、地震が起きてから津波が到達するまでに1時間以上の時間があると予想されています。

 香川の街中はどんな状況になるでしょうか。

 安全に避難するためには、どんな備えが必要でしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナスにいても それをプラスに変え 自分らしく生きる

120225cimg5670  平成24年2月25日(土)、高松市と財団法人自治総合センターの主催により、サンポートホール高松 第1小ホールで開かれた「たかまつ男女共同参画推進シンポジウム ~だれもがいきいきと自分らしく生きる男女共同参画社会の実現~」に参加してきました。

 平成19年に策定した「高松男女共同参画プラン(改訂版)」の最終年が平成23年であることから、今回新しく策定した「第3次たかまつ男女共同参画プラン」の趣旨等を理解いただくとともに、共同参画社会実現のための課題や取り組みについて認識を深めてもらうことを目的に開かれたシンポジウムです。

 プログラムは以下の通りです。 

○基調講演:「これからの生き方 ~ハンセン病に学ぶ~」
  ・講師:藪本雅子(フリーアナウンサー)
○パネルディスカッション:「男女共同参画社会の実現をめざして」
  ・コーディネーター:時岡晴美(香川大学教育学部教授)
  ・パネリスト:相川康子(NPO政策研究所専務理事)
         蓮井孝夫(NPO法人 香川国際ボランティアセンター代表理事)
         藤田徳子(㈱フェアリー・テイル代表取締役)
         大西秀人(高松市長)

○基調講演
 藪本さんの基調講演では、日本テレビでの仕事の経験から、男性は「男子アナ」と呼ばれないのに、女性は「女子アナ」と呼ばれる。「美人局アナ(びじんきょくあな)」は「美人局アナ(つつもたせあな)」と読まれる。なぜ、ひとまえで水着で熱湯風呂に入らなければならないのか、そんな話から始まりました。

 阪神淡路大震災での現場レポート、いまだに続くらい病への偏見や差別意識、ハンセン病の方から教えられた「マイナスにいても、それをプラスに変えられること」などについてお話しいただきました。

 シンポジウムの様子をまとめました。
「120225_symposium.pdf」をダウンロード (403KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決定的瞬間

120223cimg5655  通勤途上、栗林公園東口あたりですごい煙が上がっています。

 煙のもとには、火も見えます。

 近づいてみると、太いパイプのようなものをたくさん積んでいるトラックが炎上していました。

120223cimg5657  そんな燃え上がっている車両の脇を、交差点の信号を守り近くで停車している車両など、通勤の車両が通っていく様は奇妙でもありました。

 すぐに消防車が到着していましたので、無事消火されたことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗林公園の梅と雪

120219cimg5613  昨夜からの雪が、高松にも雪景色を作り出しました。

 山や屋根、車の上にはまだまだ雪が残っています。

 そんな日曜日も、天気が良かったことから昼頃には雪はなくなり、家の中に閉じこもっていてはと奥様と一緒に栗林公園に散策に出かけました。

120219cimg5636  もう梅も咲いているのではないかと、公園を覗いてきました。

 白、ピンク、赤と、さまざまな種類と色の梅が咲き始めています。

120219cimg5638  来週あたりには満開になっているのではないでしょうか。

 もっと早起きをしてくれば、雪景色をバックに梅を見ることが出来たのでしょうが・・・

120219cimg5639  栗林公園の中には、草の混じった大小の雪だるまが、かなり溶けかかってはいましたが、私たちを出迎えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデー

120214cimg5612  2月14日

 今日はバレンタインデーでした。

 職場チョコ、家族チョコ、○○チョコに本命チョコ。

 さまざまなチョコで、楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さまざまな発見

120210cimg5577  車中泊1泊、ホテル2泊の3日間で、子どもの大学のための引越に行ってきました。

 初日は、夜行バスの中で朝食を済ませ、新宿に着くやいなや早朝から娘の渋谷の荷物の送り出しの準備です。

 12時過ぎには荷物を取りに来るというのに、食器、タンス、電気製品に布団など、大物の荷造りはまったくこれからでした。

 12時過ぎに荷物を取りに来てもらう予定でしたが、「これは無理だ」と思い、15時~18時の時間枠に変更をお願いし、何とか間に合いました。

 荷物の引き取りで見つけたのが上の写真です。

 これは何でしょうか

 ドアを開けっ放しにするための、ドアストッパーです。

120210cimg5578  写真のようにドアのヒンジ側に挟む使い方以外に、ドアと床の間に挟む使い方も出来ます。ドアと床の隙間が数cmと大きくても使える優れもののようです。

 

 翌日は、澁谷から送り出した荷物が新宿の新しいアパートに到着するので、荷物の受け取りです。

 そのため、荷物が着く前に、新宿の新しいアパートの部屋のサイズに合わせてカーペットをカットするなど、受け入れ準備が終わったのは曜日が変わろうとしていました。

 引越が片づくまでは、私の寝られるところがないことから、宿泊はホテルをとりました。

120212cimg5596  そのホテルで気がついたことがこれらの写真です。

 デスクまわりの写真。

 

120212cimg5598  バスルームでのアメニティまわりの写真。

 連泊でしたので、これらは部屋の清掃を終えた二日目の状況です。

 これらから何に気がつきますか。

 

120212cimg5597  前日に飲み終え、机の上に置いてあったコーラの空き缶が捨てられずに、テーブルの上に残されています。

 1泊目に使ったひげ剃りが、新しいひげ剃りの補充と共に、きちんとバスルームに残されています。

 勿論、ゴミ箱のなかは綺麗に片付けられています。

 意識して、ゴミ箱のなかとテーブルの上で、「扱い」を使い分けられている。そんな気づかいに気づくことが出来ました。

 紙ナプキンやチラシの切れ端でも、そこに貴重なメモや意味があるかもしれません。

 ゴミ箱に入っていない限り、それはゴミではないかもしれない

 そんなお客様への配慮に気づくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さにも 雪にも負けず

120202cimg5554  今日は2月2日、木曜日。

 第一木曜日、恒例の中央通り一斉清掃の日です。

 最高に寒い朝でしたが、コートに身を包みながら、多くの方々が清掃にあたっていただいています。

 

120202cimg5556  そんななか、チラホラと白いものが降ってきました。

 雪の中の清掃活動となってしまいました。

 みなさん、寒さにも、雪にもめげることなく、清掃いただき、綺麗な通りになっていきました。

120202cimg5558  職場に着く頃には、サンポート高松の多目的広場の周辺は、うっすらと白い雪が覆い尽くされていました。

 昨年は、2月11日に25年ぶりの大雪でした・・・ 

 

100513_2  2月上旬は日平均均気温が一年のうちで最も低い時期です。平年値からすれば、これからは温かくなる一方です。

 もうすぐそこまできている春を楽しみにしながら、寒い冬を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »